2018年5月27日日曜日

あなたも憑依されてる?憑依を見抜く4ポイントと影響を避ける方法


あなたも憑依されてる? 憑依を見抜く方法



憑依されているかチェックする方法を質問されましたので取り上げてみます


はじめに、憑依というのは、自分以外の亡くなった人(あるいは動物)の霊にとり付かれる事をいいます

一般にイメージするのは、本人が意識を失い、知らない人格が身体をのっとって動いたり、何かを口走る様を想像されるかと思います

そうした強力な憑依もありますが、それはむしろ特殊なケースで、大抵は本人も知らないうちに憑依されて影響を受けていたというのがあります

普通は憑依というと悪い霊に憑かれる事を言いますけど、守護霊や高級霊が降りてきて肉体に入ってくるのも憑依と呼ぶ場合もあるようです

ですので必ずしも悪いものばかりとは言えませんが、今回は未浄化な霊等に憑依されるケースについて述べてみます

人間は程度の差はあれ、霊的な受信力を持っていますので、生まれてからこの方、憑依されたことが無いという人はいないでしょう

本人が気づいていないだけで、憑依というのはどなたも経験しているはずです

では、どのように見抜いていくかを考えて見ます


1、お酒を飲んで豹変しないか


一般の人でわかりやすい憑依の霊として、お酒を飲むと人格が変わるというのがあります

酒を飲んでいくと目つきが変わったり、普段のその人と変わってくることがあるでしょう

その場合は、憑依している霊が、お酒を飲むことで表に出てきていると言えます

そのように、お酒を飲んで人格が変わらないかを見る方法があります


2、鏡を見て違和感を感じないか


または、鏡で自分の顔を見て、何か自分とは違うような違和感がある場合、憑依されている可能性があります

普段見慣れているはずの自分の顔が、変に歪んで感じられたり、下品な感じを受ける、何か分からないけど自分ではないような感覚がある

そうした違和感を感じる時には、憑依されていることがあります


3、感情のムラが激しい


そのほかに、喜怒哀楽の感情がある時から激しくなったりですね

気分が沈むようになったりとか、へんにイライラが続いたり、怒りっぽくなったりなどです

普段は温厚だった人が、ある日から怒りっぽくなったり、あるいは明るかった人がふさぎ込むことが多くなったりします


4、趣味や好みが変わる



憑依されると趣味や好みが急に変わるというのがあります

いままでアルコールをあまり好まなかったのに、急に好きになるとか、食べ物の好みが変わるなどがあります

だいたい、このような所をチェックしていけば、憑依されているのかの見分け方となると思います



何体もの霊に憑依されることはあるのか?



普通の人でも、知らないうちに霊に憑依されていることもあって、それで体調を崩したり、性格が急に変わったように見えることがあります

こうした憑依は、一体の霊がつくのか、あるいは複数の霊に憑依されるか?という疑問もあるでしょう

どうも霊につかれやすい体質の人がいるようで、なかには何体もの霊に憑依される方もいるようです

憑依体質とも呼ばれますが、霊がつきやすいようなタイプの方には、何体ものっかかってくるわけです

また、多重人格と言って、いくつもの人格を持っている人がいて、それは自分に中に別の人格を作り出したように考えられていますが、これも複数の霊に憑依されている可能性があるでしょう

自分が死んだことを自覚していない霊が複数憑依して、入れ替わりで肉体を操作している可能性です

このように、一人の人間に、複数の霊が憑依してくるという事があるわけです



憑依とアルコール依存症やギャンブル依存症へのスピリチュアルな対処



アンケートで質問のありましたアルコール依存症とギャンブル依存症について書いてみます

アルコールを飲むと人が変わるという方がいらっしゃるかと思います

急に泣き出したり暴れる人もいますね

憑依が原因といえますが、お酒を飲むと霊がかかってくることもありますし、普段憑いている霊が、お酒を飲んで理性が落ちてくると、表に出てきだすようです

そうした方を見ると、目つきが違って来たり、顔つきも変わってくるのがわかります

酷い場合になると、ぶつぶつと見えない誰かと話していたします

それは独り言のようにみえますが、低級霊と会話していることがあるのですね

霊がかかってきているかどうかは、顔つきの変化で、特に目つきに変化が見られると、何かが来ている場合があるでしょう

またギャンブル依存症の方の質問でも、代々そうしたギャンブルに依存する方が多い場合など、憑依されて飲み込まれていることがあるでしょう

そうした霊的な原因による依存症の時には、祈りによる回復を願う方法もあります

その際はなるべく複数の方で回復の祈りをされるのが効果的でしょう

もちろんそうした依存症を克服されるための団体や病院などに相談されてみるのがよいので、それにプラスして祈りをされるのがよいです




ギャンブル依存性も憑依?



Q、ギャンブル依存性について霊的視点から見て頂きたいです。ギャンブル依存性も憑依を受けてることもあるのでしょうか?依存性の方を抱える家族も何かカルマがあるのでしょうか?

A、以前にアルコール依存症の方は憑依による場合があるという話をしたことがあるかと思います

近所の方で、普段はおとなしいのですが、深酒をするとブツブツ言いながら他人の屋敷に侵入してしまう方がいました

アルコールが抜けたときに聞いてみると、酒を飲んでいるときにマジムン(沖縄で悪霊の総称)と話していたといいます

こうしたお酒を飲むと性格が変わってしまう人には、何らかの霊的な影響があるといえます

正確にはアルコールを飲むと憑依されるというより、普段いる霊が、アルコールを飲んで理性がマヒしてくると、表面に出てきやすいといえます

今回のようなギャンブル依存症など、何らかの依存を伴ってやめられない状況になっているときには、同じく霊的な影響が多いと思います

わたしも東京でお仕事をしていた時は、お付き合いで仕事帰りにパチンコ屋さんに行ったことがあります

ただやればやるほど負けが大きくなってくることはわかっているので、適当なことろでやめていました

他には競馬も誘われていったことがあり、初めて行ったときにかなりの高配当で儲かったことがありますけど、これもビギナーズラックで勝っただけであり、続けていれば負けこむことはわかっていたので、付き合いで数回行っただけでやめました

パチンコ屋さんに行ってみると、大音響で音楽が鳴り響いていて、五月蠅いのですが、これは理性をマヒさせるためのものであろうと思います

アルコールを飲むのと同じように、理性をマヒさせて、何も考えさせないようにしているのでしょう

こうしたところには、生前に同じくギャンブルで身を崩した霊などが集まってきて、パチンコしている人に憑依して、自分がやっているような気分になっていることがあるでしょう

ですので憑依が強まってるるとますますやめられなくなってきます



悪霊からの囁き?よくない言葉が聞こえてくる場合



Q、いつも楽しく拝見させて頂いております。自分では思いたくないのに、大好きな人を嫌いや馬鹿にするような言葉が、心のどこかから聞こえてくる(思わされている)感覚が有ります。対策はありますか?

A、人は普段、自分の思いと考えているものが、実は他人の思考だったという時があります

皆さんも憑依という言葉を聞いたことがあるでしょう

テレビなどで心霊スポットに行って、タレントさんが急に泣き出したりして、除霊師の方が、そのタレントさんに憑いた霊をはらうというシーンがあります

このように人の体に、亡くなった霊などが憑依して、その霊の感情があらわれてくるということがあります

テレビの心霊特集などに出てくる例はあまりおこらない強度の憑依でしょうが、もっと軽いものは私たちは実は知らずに経験していることがあります

ある場所に行ったら、急に気分が悪くなったり、気持ちが落ち込んだり、イライラしだしたりすることがありますが、そうした時は、本人以外の霊の影響を受けていることがあります

そうした気分の変化ではわからないような場合でも、自分で考えたのではない思いが浮かんでくることもあり、それは別な霊の仕業であったりします

今回の質問のケースでも何らかの霊の囁きの可能性があります

それは特殊なことではなくて、気付かないだけで、実はいろんな霊の影響を受けて考えが浮かんでいることが多いのです

悪い霊だけではなく、守護霊様であったり、指導霊様が、良い方向へ導くために、何かアイディアや考えを与えているケースもあるのです

質問のケースではよくない言葉が聞こえてくるという事ですから、悪い霊の可能性があるでしょう

その場合の対処法ですが、まずは、これは自分の考えではないと気付くことが重要です

ふとネガティブな言葉が浮かんで来たら、これは自分の考えではなく、何者かの影響によて出てきたものだと自覚しましょう

悪霊というのは、自分が陰で悪さをしていることを見抜かれるのを嫌がりますので、そのように気付いただけで遠ざかることがあります

次に、心の中で、あるいは声に出してもいいですが、「キャンセル」とネガティブな言葉を取り消すように宣言します

そして逆に相手へのポジティブな言葉を述べて、上書きするようにするのです

これを何度も繰り返すうちに、悪いものは離れて行って、良い方向に進むことでしょう


憑依霊の影響と個性



人は知らないうちに霊的な影響を受けていることがあります

憑依とも呼ばれますが、他人の霊が、自分の中に入ってくることがあるわけです

他人事のように思われるかもしれませんが、実は多くの方が知らずにそうした霊の憑依を受け、影響されている事があります

普段であれば何でもないことが、憑依を受ける事で悲しくなったり、怒りを覚えたり、苦しかったりします

たいていはネガティブな感情がよく出てくるようになります

それは憑依している霊が、そうした感情を持っていて、その影響が現れて出てくるのです

はじめは本人とは別な霊の影響なのですが、その憑依が長年続いていると、本人の個性も影響を受けて、自分の個性なのか、霊の影響なのかが判別できないような、一体化がなされてしまいます

そうした憑依を受けてしまうのも、その霊と何らかの通じる部分があるからです

元気で明るい人に対しては、暗くてブツブツ不平不満を言うような霊は憑いていられません

やはり同じようなネガティブな考えを持っている人に憑依してしまいます

そうした同通もあって、自分のネガティブな側面が、いっそう引き出されてしまいます

ネガティブな感情が引き出されて来たときは、それが自分の感情なのか?それとも他人(霊)の影響なのか?一呼吸おいて考えてみる事です

本当の自分の感情ではないと思えるなら、そうした者の影響は受けないぞ!としっかりと自覚し、宣言することです

自分の個性であり、考えだと思っていたものが、実はそうした憑依の影響であることを知ることが、本当の自分を知ることにもつながっていきます



霊的に悪影響を受けないために



眼には見えませんが、私たちの周りには霊的な存在がたくさんいて、生きている人に影響を与えています

それは守護霊や指導霊のように、良い影響を与える存在もいますが、なかには未浄化な存在が悪影響を及ぼすこともあります

ネガティブな霊的影響を受けていると、人生が暗い方向に進んでいってしまいます

そのため、悪い霊的な影響を受けないようにするのが、よりより人生を歩むうえで必要です

悪影響を受けないために必要なこととして、健康的な生活を心がけるという点があげられます

いつも深夜まで飲み歩いたり、夜の街を渡り歩くなどや、部屋にこもって昼夜逆転の生活を送っていると、どんどん生活が荒んできます

飲み屋街なども夜中にはネガティブなものが徘徊していますので、あまり歩き回らない方がよいでしょう

よく心霊スポットなどで霊を見たり、なかには憑依されたりという話を聞きますが、そうしたところより、飲食街や風俗街の方が多くの未浄化な霊のたまり場になっていると思います

ですので、なるべくそうした処に頻繁に遊びに行かない方がよいでしょう

夜はネガティブな存在が活発に動き回りますので、夜に物事を考えると悪い方に向かいやすいので注意が必要です

判断をするのはなるべく朝方などの、清らかな時間にするといいです

夜型の生活を送っていると、そうした悪影響が強くなりますので、出来るだけ朝方の生活を送るようにしましょう

出来れば朝方や午前中に、太陽の下で軽い運動をされるのがよいです

ラジオ体操でもよいですし、柔軟体操や、ウォーキングなどでもいいです

夜は考え事をしたり活動するのは控えて、朝に瞑想したり、運動するようにすると、ポジティブな影響を受けられるようになるでしょう

そしてお酒などは、理性を麻痺させてしまうので、ほどほどにするようにしましょう

まったく飲むなとは言いませんが、一日に一杯や二杯程度に控えて、自制心をもってのみましょう

またギャンブルも不健康な生活になり、悪い霊の影響を受けやすくなります

先に飲食街や風俗街が、未浄化な霊が多いと述べましたが、ギャンブル場もそうした霊がおおいでしょう

ギャンブルに嵌っていくと、真面目に働くのが嫌になってくるため、人生を狂わせやすいのです

お酒や色情とともにギャンブルも自制心をもって取り扱ってください

悪しき霊たちは、そうした自制心を持って生活している人が苦手なのです

地上に生きている人でも、お酒や色情、ギャンブル好きな人は、真面目にこつこつ努力するタイプの人と合わないはずです

お互いに水と油のように弾いてしまうため、生きている人同士でもお互いに仲良くならない者同士であるように、あの世の霊であっても、近寄りがたくなります

波長同通の法則とも呼ばれますが、やはりそうした繁華街にいる未浄化な霊は、同じように繁華街で夜遊びしているような人に同通して憑いていきます



悪霊からの影響を避けるために



前回は霊的な悪影響を避けるために、健全な生活を送り、お酒や色情、ギャンブルなどを避けるように述べました

さらにネガティブな影響を受けないためには、勤勉さや、こつこつと努力していく姿勢が、そうした悪しきものを避けるのに必要だと思います

ひとは、ともすれば楽して得したいと思うものでしょう

スピリチュアルでも流行っているのは、楽して願望を実現できるような話です

それらはギャンブルで一発当ててやろうとかいう安易な考えと一緒で、ネガティブな存在が、人を堕落させようとするために使うツールです

ネガティブな存在は、そのように人間の欲に付け込んで、努力しないように、堕落する方向に導こうとします

そうした安易な願望実現を説いている人には、実はネガティブな霊が指導していることがあるのです

闇の存在は、一生懸命に努力したり、頑張っている人とは合わないのです

なるべく努力しない方に導いて、堕落の方向に引っ張っていこうとします

ですので、逆にこうしたネガティブな存在からの影響を受けないためには、毎日コツコツと努力精進していくのがよいです

たとえば、良書とされるものを、毎日読書する習慣をつけるのもよいでしょう

あるいは前回も述べましたように、毎朝運動をしたり、瞑想する習慣をつけるなど、日々に精進していくのもよいです

そうした努力を続けていると、ネガティブなものと波長が合わなくなってくるというのもありますが、精神力もついてきますので、よくないものを弾く力もついてくるのです

ですので、健全な生活を心がけるのと、日々に精進するようにしていくことで、ネガティブな存在からの影響をはじくようになていきます


関連記事



6 件のコメント:

  1. だからお釈迦様は、

    「自分の感情に気を付けよ。気付いて(目覚めて)いなさい。」

    と諭されていたのですね!

    段々自分が学んだ色々な事の”点”が、”線”に結び付いて来ました。
    全てのつじつまが、自分の中でドンピシャリ!とハマっています!

    返信削除
  2. 追伸 ♪

    「霊(悪霊)は、気付かれると(後ろの方へ?)引っ込む性質がある」と、霊能者の方から聞いた事がありましたが、

    お釈迦様が「怒りを怒りで返してはいけない」と仰られていたのも、そういう深い意味があったのか!と納得です。

    あれ?これは昨日のブログの内容(互いの念)にも当てはまりますか?(笑)

    私も自分の感情には、気を付けて過ごしたいと思います。

    ちなみに「先祖を供養する」と称して、結局自分の為の除霊目的で偽善的な先祖供養に陥っている方も世の中には多いと思われますが、

    それはご先祖様に逆に失礼な事になっているのでは?と私は思ったりします。

    でも霊も元人間ですから、甘やかして欲しかったり、構って欲しかったり、チヤホヤして欲しいご先祖様もいるのかな?(笑)なんて考えます。

    自分で気付けて目覚めて、自らの霊を浄化できるくらいに自分を高められたら、ご先祖様も喜んで下さるのではないかな?と思っています。

    (そこまでの力を身に付けるのは、かなりの上級編だと思いますが・・・。)

    今日もこのブログに感謝です~☆。
    ありがとうございました。
    <(_ ☆_)> 

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      今日は除霊方法について書きましたので
      そちらも参考にしていただけたらとおもいます

      削除
    2. いつもお心の込められたお返事に、本当に感謝でいっぱいです!

      その温かいご行為が、供様のお幸せとなり返されます様・・・!
      ☆☆☆<(_ ☆_)>☆☆☆ 

      削除
  3. 今日の記事とは関係ありませんが…
    ニャンちゃんのおててが…おててがぁ~!
    とってもキューートすぎ!デス

    返信削除
    返信
    1. 猫好きですか?
      かわいいですね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます