2018年5月30日水曜日

憑依を除くには? セルフ除霊方法{自己除霊方法} 除霊と浄霊

除霊方法の基本的な考え



今回は除霊の基本的な考えについて述べます

世界には波長同通の法則といわれるものがあり、霊となって憑依する者と憑依を受けるものとが波長が近く、通じるものがあるから憑依を受けると言うことがあります

似たような者が同通して憑依したり影響しあったりすることがあるのですね

そのため憑依を受けている当人の心境が好転し、よき方向に変化していくと憑依がはがれるということがあります

霊能者などに以来して除霊するということもなされているかもしれませんけど、基本的に本人の心が変わらなければ、一度離れたとしても、また似たような霊を引き寄せて憑依されるという事態が起こってしまうこともあります

ですので、このような憑依してくる霊との同通を遮断するための方法として、とてもよいのが反省を行うという方法があります

いままでの考え方や行動などを反省して、素直に謝罪の念を持つことで心の曇りを晴らしていく方法です

悪霊などの憑依を受ける場合の多くは、ネガティブな想念によって、心に曇りが出来てしまって、その曇りが憑依を受ける原因となってしまいます

反省などをして、その曇りを取っていくと、自然と憑依霊などもはがれていくこととなります

そして曇りが晴れてくると、いままでは日の光が射しておらず、雲が去って日が射してくるように、守護霊さんなどと同通しやすくなります

このように守護霊と通じやすくなると、守ってもらう力が強く働いてきだしますので、憑依霊などが憑くのを防いでくれるようになります

心に曇りがあると、守護霊ともなかなか同通しづらくなっているので、反省で取り除いていくと通じやすくなっていくのです



悪霊の憑依を防ぐには?



様々なる思いを持って地上に未練を持つ人々の霊

そうした方のうちで、ネガティブな思いの強い人が悪霊と呼ばれる存在になることがあります

ただ、積極的に悪をなそうと思っている霊だけではなく、亡くなってどうしてよいかわからず、溺れる者が藁をつかむように、縁のある人にしがみ付くように憑依している場合もあります

こうした悪霊と呼ばれる方の憑依や影響を受けるのはどのような理由があるでしょうか

ひとつは縁の法則があって、その亡くなられた方との何らかの縁があるのが関係しています

例えば生前に親しい間柄であったり、肉親であったり、あるいは亡くなられた場所に行くなどの縁がどこかで生じている場合です

それだけではなく、さらに何か悪霊と呼ばれる方との通じるような、同質の性格を持っていることがあげられます

そして最も重要な点が、生きている地上の人間の心の中で、ネガティブな想念が、まるで煙を出すように噴出しながら生きていると、煤(すす)のように付着して、それが悪霊を呼び寄せて憑依される元となるようです

スピリチュアルメッセージで受け取った内容では、ランプのたとえで表現されていました

つまり、ランプは光を灯していますが、次第に煤けてきて、なかの光が漏れなくなって、暗くなっていく状態と言う事です

ですから人は、ススを払うように、反省や懺悔や禊を行って、心の曇りを晴らす作業をしていく必要があると昔から様々な宗教で言われています

それらはただの迷信や道徳ではなく、霊的な実際の法則を元にして考えられた実践方法なのでしょう



憑依を除くには? セルフ除霊方法{自己除霊方法} 除霊と浄霊



自分で行う可能な範囲での除霊方法を書いてみます

ちなみに除霊と浄霊というのがあり、除霊というのは、憑いている霊を取り除くことで、どこか他所にいってもらうことで、浄霊というのは、霊を説得し、光の世界へと導く事です

はじめに必要となるのが自分が他の霊の影響を受けていることを見抜くことでしょう

この感情ははたして自分の感情なのか、それとも他人の感情が出てきているかをチェックするひつようがあります

怒りや悲しみ、不平不満など、ネガティブな感情が沸いて来たら一度我に返って見つめなおしてみましょう

憑依されているかのチェックについて詳しくは「あなたも憑依されてる?憑依を見抜く4ポイント」の記事を参考にされてください


それでは自己除霊方法の実践を書いてみます

はじめにリラックスした状態になり、テレビや音楽など騒がしいものを止めて、静かな部屋で正座や椅子に座ったり、あるいは横になってもいいです

鼻から大きく息を吸い込み、口からゆっくり吐き出す呼吸を続けます

このときに、吸う時には空中の光を吸い込むのをイメージし、吐くときには身体に溜まった排気ガスのような毒素や疲労素が吐き出されるのをイメージします

これを数分間繰り返し、深くリラックスできるまで続けます

次には、光の球が空から降りてきて、頭頂から入ってきて、徐々に身体を降下していき、やがて全身が光に包まれるのをイメージします

最後に、守護霊に祈りをします

「日々お守りいただきありがとうございます。自分の悪いところは正していきます。どうか悪いものから守っていただけますようお願いいたします」

このようにお祈りをして終わります

関連記事



10 件のコメント:

  1. 今日の記事も、霊の理解にとても参考になります!

    以前、私が知人の方とその奥様に会った時に、突然胸がキュンと悲しくなった事があり、
    「これは何だろう???」と自分でも訳が分からない経験をした事がありました。

    最近私は、そういう”霊の働き”の事を知る機会が有ったので、その時に私が感じたものは私の感情ではなく、知人の奥さんの感情を私がキャッチして感じたのだという事が解り、目から鱗でした!

    そう言えば昔、逆のパターンもありました!

    私がその日、とても悲しい思いを内に秘めて或る空間に居たのですが、感性の鋭い女性がその場所に入って来るなり、ピタッと足を止め、

    「・・・何か、すごく寂しい。」と、誰に言う訳でもなく、ポツリと言ったので、
    私は「彼女は私の感情を感じたのだなぁ。感性が鋭いなぁ」とその時に思いました。

    あと、誰が見ても怒っているのに、本人は怒っている自覚がないという不思議場面も、思い起こせば多々有りますから、

    それも”霊の働き”なのかなぁ?と理解出来ます。

    返信削除
    返信
    1. みなさん実際には霊の影響を受けたことがあるはずなんですが、自分のことになるとそうとは気づかないことがありますね

      もちろん悪いものばかりでなく、守護霊からのインスピレーションなどもありますね

      削除
    2. そうですね。

      色々なメッセージを正しく受け取れる様に、これからも自分磨きを怠らない様にして行きたいと思います。_(_^_)_

      削除
  2. こんばんは。
    憑依なのかはわかりませんが用事で人の多い都心部に出かけると数時間後には頭痛、発熱、ひどい疲労感、肩こり、体の痛みなどに見舞われることが多々あります。
    ひどい時は歩くのも困難になり最寄り駅のホームのベンチで暫く動けなかったことも。
    ですが帰宅後だいたい数時間で発熱や頭痛などの症状は治まるか、眠くなり居眠りをした場合は目が覚めると治ってしまっています。
    日常生活で体調不良になった時も同様に一晩眠ると治っています。
    これって寝てる間に守護霊や潜在意識がメンテしてくれてるってことでしょうか?

    私自身が掃除機のようなもので、ネガティブなものを吸い込み過ぎるとフィルターのメンテが自動的に入る感覚でいましたが、感謝の気持ちが足りなかったことに今気づきました…。

    返信削除
    返信
    1. よく人酔いなどといいますけど、多くの人のいる場所に出かけると、気分が悪くなる人がいますね

      これはじつは未浄化な零体を拾ってしまうからなのです

      そのあと熱を出したりするのは、セルフ浄霊をしている場合があります

      おそらくあなたの場合も、知らぬ間に寝ているときなどに浄霊しているのだと思います

      もちろん守護霊様の手伝いも会ってのことでしょう

      削除
    2. ご回答ありがとうございます^^
      守護霊様にもこれからはきちんとお礼を言うように心がけます。

      2月9日付の記事もとても参考になりました。外出するときは光の結界のイメージを作って防衛していこうと思いました^^

      ところで…
      現在また何か拾ったようで、のどと歯の痛みに見舞われています^^;
      昨日の夜からで一晩眠って頭痛の方は治まりましたが…。
      風邪かと思いましたが以前も同じようなことがあったので怪しいと睨んでるのですが、
      ヤフコメとか2chとかの罵り合いがひどい掲示板からもネガティブエネルギーが飛んできたりしませんか?
      時期柄、ソチ五輪の話題だったのですが当たり障りのない書き込みをしてから体調が悪くなりました。
      今回で懲りたので悪口雑言が飛び交うような掲示板には近づかないことにします…。
      洪さんが書いておられます自己除霊方法の呼吸法を今やっております。
      それから今日はしばしば菊の花のような香りがするのですが誰か助けに来て下さっているのでしょうか。
      とりあえず呼吸法がんばります。。。

      削除
    3. ネットもとうですね
      大勢の人の念が飛び交っていますので、影響を受けやすいでしょう

      呼吸法 お試しくだし

      削除
  3. 質問です。

    お釈迦様が修行の妨げになるものの一つに言われた”昏沈(こんちん)睡眠”についてお聞きしたいのですが・・・。

    以前に霊能者の方々が行う「霊調べ」なるものを拝見した事があるのですが、
    霊能者の方は呼んだ人の霊が狐憑きだと、物凄い眠気に襲われるらしく、それがバロメーターみたいになっていました。

    或る知人の方の話題が出た時に、その場にいた霊能者(数人)の方達が、急にあくびを連発して涙目になり、中には赤目になるほどの急激な眠気をもよおし、グラン!と首が後ろに倒れたり(電車で眠る人の様)と、見ていてとても不思議に感じました。

    霊と昏沈睡眠とは、どの様な関係なのでしょうか?

    取り憑いている人や、それを見破りそうな人の邪魔をして、霊が自分の存在に気づかれない様にする為に(悟られると、その肉体に取り憑けなくなるから阻止?)起こすのでしょうか?

    見ている私は、そういう事は起きませんでした。

    返信削除
    返信
    1. 狐憑きだからとかは関係ないですね

      霊能というより、みんなで霊にたぶらかされているのでしょう

      削除
    2. あぁ、そうなのですね!
      霊にからかわれているのに、ご本人が気づかれていないという事なのですね!

      そういう方達は透視能力には優れていますが、善ろしからぬ霊は、そういう能力を授ける事で「私には特別な霊能力がある!」と信じ込ませているのですね。

      納得です!
      ありがとうございました。

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます