2018年5月8日火曜日

オバマ氏は宇宙の魂・ワンダラーだった!霊的に見たアメリカ大統領とヒッピー文化の霊的背景


オバマ氏は宇宙の魂・ワンダラーだった!霊的に見たアメリカ大統領とヒッピー文化の霊的背景



元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏について、もともとは宇宙から飛来してきた魂であり、ワンダラー・スターシードと呼ばれる魂であると思います

スターシードについて詳しくは「スターシードとは?43の特徴と使命 覚醒へのスピリチュアルメッセージ」の記事を参照されてください

だいぶ前になりますが、オバマ氏が民主党の代表選挙でヒラリー・クリントンさんと競われていたときに、mixiにて彼の前世を書いたことがあります

白人の滅ぼされたインカの王であったり、ローマ軍に滅ぼされた過去を書きました

おそらく彼は、現在のローマであり、白人文明の頂点にあるアメリカを、衰退させる、もしくは罪を償わせるために出てきたのではないかと感じられました

実際に、彼が大統領になってから、アメリカは急速に力を落とし、今では世界への影響力はロシアのほうが上だと言われています

彼は平和を愛する思いの強い方であると思います

それは美点であるのですが、同時に平和を愛するものが持つ弱点をも持っています

その弱点とは、悪事を働く者に強く出ることが出来ず、結果的に悪さをするものが得をする世の中をはびこらせるところがあります

オバマ氏と同時期に、日本でも総理として出てきた、民主党の鳩山氏にも同じような欠点を抱いています

争いごとを好まないがゆえに、悪意を持った者に利用されることがあります

鳩山さんにつきましても、以前に宇宙からの魂だろうと述べたことがありますが、オバマ氏もまた、宇宙からの魂であると感じられます

霊的に浮んでくるイメージは、鼻が前に突き出して長く、犬や狐のような長さで、後ろに伸びる尖った大きな耳のある姿として感じられます

彼の故郷の星は、おそらく自然の豊かな惑星であり、様々な植物や動物の知識を持ち、動植物の力とともに生きてきた人々の住む星であろうと思います

そして霊的な能力も持っていて、念によって動物を自在に操るということが出来たように思われます

そうした念のコントロールが、人々の支持を取り付けるための力として働いているのでしょう

地球で言えば、ネイティブアメリカンの方が、薬草などの知識があり、シャーマンの力をもっておりますので、ネイティブアメリカンの方の姿を思い浮かべたら、彼の星の住人をイメージしやすいかと思います

ちなみに、アメリカではネイティブアメリカンの土地をどんどん取っていって白人たちが入植していった歴史がありますけど、滅ぼされていったネイティブアメリカンの方たちの魂は、その後には白人等に転生していって、ヒッピー文化を作り出したと感じられます

ヒッピー文化というのは、自然や平和を愛する人々の動きなのですが、その背後には、白人に滅ぼされたネイティブアメリカンの魂たちが、大量に白人として生まれ変わり、内部から変革をしていったという霊的な背後があると思います

オバマ大統領も、ある種そうした潮流の頂点にでてきた人物であるように思います



アメリカの凋落とオバマ前大統領前世のカルマ




以前のアメリカ大統領だったオバマ氏の時代に、アメリカは世界的な指導力を失っていきました

アメリカの衰退は、世界が無秩序な世の中になっていくのを示しています

たとえば日本でも室町幕府の権力が失墜することで弱肉強食の戦国時代が幕を開けました

いままで世界のスーパーパワーの失墜によって今後の世界は弱肉強食の世界へと移行しつつあるのです

アメリカの没落にはオバマ氏が一番影響しているわけですが、彼自身の性質にその原因があると思います

オバマ大統領を見る限り、戦争が嫌いで、弱いものを助けたいという思いを持つ善良な方であると思います

ですが同時に、言葉で人を魅了してはいますが見識に欠け、見通しの甘い、理想主義的なところがあるでしょう

日本の総理で言えば民主党の鳩山総理に類似した傾向があり、同じような時期に登場したことには意味があったのでしょう

オバマ氏の前世については何度か述べた事があるのですが、代表的な前世でインカの王であったのが白人により滅ぼされた経験があると見えました

この時も、訪れた白人の野心が見抜けずに、結局国を滅ぼされた経験をしています

善良な魂ではあるのでしょうが、そうした方が指導者の立場にあって、見通しの甘い判断をしていると、国民全体が不幸に見舞われてしまいます

今回彼は白人文明の頂点とも言えるアメリカの大統領となり、かつて自分たちを滅ぼした白人文明を、自らの手によって滅ぼしにかかるというカルマの返しをしているように見えます

これは単にアメリカのみならず、世界全体の流れを左右していくことになります

もしこのままアメリカが衰退していけば、中国や北朝鮮、シリアなど、人権を抑圧する国家のほうが力を増していき、近隣諸国へと触手を伸ばしていくこととなっていくでしょう

そうした世界を跳ね返すためには、日本がもっと力を持って世界的に貢献し、アメリカを支えられるような国とならなくてはいけません

日本がどれだけ国際社会で貢献できるようになるかが、今後の世界の流れを変えていくものとなるでしょう


前世とアメリカ大統領選のスピリチュアルな意味



アメリカ大統領をされていたオバマ氏につて以前にmixiに書きました日記をアップいたします



2008年04月11日

   前世とアメリカ大統領選
 
 アメリカ大統領の民主党の代表者選挙で、ヒラリー氏とオバマ氏が激戦を交わしています。(2008年04月11日当時)
 アメリカ初の女性大統領となるか黒人大統領になるかもしれないと注目を集めています。
 オバマ氏は無名に近い存在でしたがどのような方なのか関心を持ちましたので、このお二人の前世を見てみました。
 まずオバマ氏ですが、初めに見えたのはローマ時代初期のころで、アフリカ大陸の北部でその地域の有力者の子として生まれたようです。
 その地域は当時どうもローマの支配下か影響下にあったようで、オバマ氏の前世は成人してローマ兵になったように見えます。
 地域はアフリカから離れ、イタリアの近くの海岸都市でその地域の長を任されているようです。
 そして海から敵が攻めてこられないように厳重な要塞都市を構築しています
ある時、ローマで内乱があったようで、その海岸都市が内陸部から攻められそうになります。
 元々、海からの攻撃を想定して要塞化していたため内陸部からの攻撃には保てないようで、彼は攻められる前に船で逃れます。
 その逃れた地域は現在のエジプトの近くのようです。
 生まれ故郷とも近く、そこで再起してローマと戦いますが、最後は海戦で命を落したようです。
 この時の生ではアフリカで生まれながらローマ兵になり、最後はそのローマの内乱に巻込まれて亡くなっています。
 現代のアメリカはかつてのローマを思わせます。
 黒人の血を受け継ぎながらアメリカ大統領を目指すオバマ氏は前世との関わりを感じさせます。
 次の前世は中南米に身分の高い方で生まれているのが見えました。
 そして白人と戦っています。
 私の知識で当てはめて考えるとインカの王族として生まれ、スペイン軍と闘った方ではないかと思います。
 転戦しながら山中へ逃れていく姿が見えました。
 この二つの前世を見ると民族的なカルマの精算というか、民族的な使命を持っている方ではないかと思います。
 一方のヒラリー氏は、中世のヨーロッパで女性の領主だったのがみえました。
 旦那が戦乱か何かで亡くなられてから彼女がかわりに取り仕切っています。
 女性なので付け込まれてはいけないという思いもあったのでしょうが、非常に辛辣な物腰でことにいどんでいます。
 領民や兵士から恐れられている様子が見えます。
 最後は彼女自身も戦乱で命を落したようです。
 そしてローマ時代にも生まれているようで、その時にオバマ氏との前世でも関わりが多少あったようです。
 おそらく、ローマの元老院か何かだと思いますが、そこで先のローマの内乱を画策したものの一部ではないかと思います。
 その内乱により前述したように彼は逃れています。


追記:おそらくオバマ氏によって白人文明の頂点にあるアメリカが衰退していく分岐点になるのではないかと思います。
前世において白人文明によって滅ぼされた経験のある魂が、その代表になることで、白人文明の優越に終止符を打つ時代を迎えようとしているように思います。



オバマ大統領の広島訪問について



アメリカのオバマ大統領が、被爆地広島を訪問することが決まりました

かつて第二次世界大戦でアメリカと日本は互いに敵国として戦い、アメリカは広島と長崎に原爆を落としました

核爆弾を落とした国の大統領が、落とされた国の都市・広島に訪れるのは初めてのこととなります

アメリカによる核兵器で殺された多くの人は民間人であり、戦争では本来兵士などの戦闘員以外の民間人を殺めてはならないという取り決めがあります

核兵器や東京大空襲など、日本の民間人を対象に大虐殺をなした行為は、終戦を速めたという言いわけで正当化されるものではありません

戦後にナチスドイツがユダヤ人を大虐殺した出来事を世界は糾弾していますけど、戦勝国であるアメリカも日本人に対して同様に民間人を意図的に大量虐殺しており、その罪はナチスに匹敵されるものでしょう

いままで批判を受けてこなかったのは、戦闘に勝利した国であったため、不問に伏されていたということでしょう

もしもオバマ氏が広島を訪問して、アメリカが核兵器を使用して、日本の民間人を大量虐殺してしまったことを謝罪するならば大きな意味があります

戦後に世界に広めてきた戦勝国による一方的な価値観に修正が入るということを意味します

ですが直接謝罪する可能性は低く、「ともに核兵器の無い世界をつくろう」などと宣言されたら、日本にとってはマイナスとなるでしょう

そのような宣言を日本も賛同するならば、日本は核兵器に対する研究・開発の道を閉ざされ、アメリカの核の傘も無くなっていく可能性があります

すると北朝鮮などは一生懸命に核兵器を開発ししていますけど、そうした無法国家ばかりが核兵器を持っていき、彼らのやりたい放題の世界へと向かっていくでしょう

オバマさんは善良な方ではあるのですが、悪に対して押しとどめる力が弱いといえます

シリアでは凶暴な指導者が自国民を殺害していますけど、残念ながらオバマ氏の優柔不断によって多くの方が悪い指導者の犠牲となってしまっています

もしもオバマ氏が直接謝罪をする気がないのであるならば、広島への訪問は拒否したほうがよいでしょう


※その他の有名人の方の前世につきましては「有名人の前世まとめ」に記事のリンクを集めていますので参考にして頂ければと思います

関連記事



8 件のコメント:

  1. アヌビスを思い出しましたが、あんな感じでしょうか???
    薬草の知識…アヌビスは医学の神でもありますよね。。。
    そういえばアヌビスが守護していたエジプトを滅ぼしたのもローマですよね。
    何か不思議な感じです…。

    返信削除
    返信
    1. あんな感じでしょうね

      何か関係があるのかもしれませんね

      今日の記事で取り上げさせていただきました

      削除
  2. 言われてみれば、ヒッピーの思想もさることながら、ファッションもネイティブアメリカンみたいなニュアンスがありますね。なぜあんなに行け行けな成長する社会の中で、正反対のような思想、ファッションが出てきたのかも、言われると(なるほど~)と感じます。

    返信削除
    返信
    1. そういえばファッションもネイティブアメリカンみたいでしたね

      魂の傾向性として自然とともに生きるのをよしとする魂集団が集まって生まれてきたようです

      削除
  3. 裏に本物のドンがいて、表に出て来る大統領は云わば”お人形さんの様なもの”であると聞きますが・・・?(かつてのケネディ大統領が暗殺されたのも、裏のドンを無視して自ら動こうとした為だとか色々聞きます。)

    白人崇拝の裏のドンが黒人初の大統領を許したのは、現在のアメリカの内情が経済含め大変である事を知っていて、政策が立ち行かなくなる事を見越しているから失敗する大統領として敢えて選んだ(黒人差別)とも小耳に挟んだ事が有ります。

    返信削除
    返信
    1. CIAや軍事産業などが大きな力を持っているということでしょうね

      アメリカ以外でも軍がクーデターをおこして実権を握るなどの事件が起こったりします

      削除
  4. インディアンと聞いてドキっとしました。ヨシキさんと面談し握手している写真がツィッターに載ってたので。もしかしたらオバマから教えてもらったのかもしれません。「チェンジ!」というのは地球のアセンションの意味だったのかなという気がします。私は黒人と日本人の恋愛小説を好んで読んでました。山田詠美さんの作品です。オバマと同じ星だったかもしれません。シリウス系のイメージです。薬草というのは。鳩山は外見からして宇宙人扱いされてます(笑)。私もETに似てるといわれたからそうなんでしょうね!オバマは嫌いだった。敵対してたんでしょうか、この時代にw

    返信削除
  5. オバマさんの画像を検索していると、アメンホテプ4世(アクエンアテン)、ツタンカーメンの父親の像とオバマさんが出てくるのですが、オバマさんの前世の1つは、アメンホテプ4世だった説も見受けられるのですが、洪さんはどう感じられますでしょうか??

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます