2018年5月6日日曜日

青山繁晴さんの前世【参議院議員】


アンケートで質問のありました青山繁晴さんについて書いてみます

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、テレビの報道番組によく参加されていて、独立総合研究所の社長でもあり、作家もされています

現在は自民党から出馬され、参議院議員となられています

安全保障について高い見識をお持ちの方ですね

メタンハイドレードの資源開発を推奨していることでも知られています

青山繁晴さんについて思う事は、硫黄島の滑走路の下には今も英霊たちの遺骨が残っているので、それを掘り起こして供養するべきだということを主張されていたことです

硫黄島というとクリント・イーストウッドという「ダーティ・ハリー」で有名な俳優さんが監督となって撮られた『硫黄島からの手紙』でも描かれたように、激しい戦いのあった場所です

第二次大戦で米軍が日本の本土上陸をあきらめたのも、この硫黄島の激戦が再び繰り返されないかという恐怖があったのも一因としてあるかも知れません

それだけ激しい戦いを繰り広げた場所であり、今でも英霊の遺骨は見つからずに残されている者も多いです

ちなみに青山繁晴さんは霊感があるらしく、幽霊を見たりするそうです

青山繁晴さんが硫黄島で亡くなられた英霊が苦しんでいると泣きながら訴えている背景にも、おそらく霊的な感覚で感じ取っておられたのでしょう

青山さんが体験された心霊現象について、以下の動画で紹介されています


青山繁晴さんを拝見していると、江戸時代の軍学者をされていたように感じられます

兵法を弟子たちに教えていたのですけど、楠木正成からの流れを受けた兵法を教えているみたいです

楠木正成は『七生報国』の言葉があるように忠臣の武将として知られ、平方にも長けていると言われていました

どうも楠木正成の子孫か何かを称していたなかなと思います

それと由井正雪とかかわりがあったように感じられます

由井正雪というのは、江戸時代の軍学者で、慶安の変(由井正雪の乱)の首謀者です

すこし調べてみたのですが、由井正雪の軍学の師匠で、楠木不伝という方がいらっしゃったようです

あまり有名な方ではないですが、名前は残っていて、青山さんの前世はこの方ではないかな?っと思われました

青山さんの中にも、愛国の精神と共に、反骨精神もおありなのかもしれませんね


※その他の有名人の方の前世につきましては「有名人の前世まとめ」に記事のリンクを集めていますので参考にして頂ければと思います

関連記事





4 件のコメント:

  1. 質問にお答えいただき、ありがとうございます。やはり、軍学者でしたか。ご自身は、作家に専念したいご希望をよく述べておられますが、前世での実務型の生き方が濃く影響しているのでしょうね。ご自身は、それを「天命に従う」と仰っておられるのでしょうか。
    ご自身の出自によく触れられて、「ちょっと…」と感じるときもありますが、それがご自身の誇りとなって活動の原動力になっておられるのかな…とも思います。霊的な勘もお持ちのようですし、「真っ直ぐ、真ん中から見る」という姿勢には共感できる方です。

    ご活躍を期待している方々のお一人です。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      よい活動をされていっていただきたいですね

      削除
  2. ねるとなあじゅ2015年6月12日 14:38

    青山繁晴さんのことを知れてよかったです。
    硫黄島では、不思議な体験をされたようで、冷たい水をいっぱい、英霊のために供えるそうです。

    反日・侮日報道からは今の日本の状況は分からない。
    報道しないところに切り込んで、胸がすく。情報が戦況を左右するし、無用な争いを避けるのに、既存のメディアはむしろ、日本を敵視していて、憤りを覚える。

    あまり寝なくても平気で、パソコン使っても視力も悪くならない健康が羨ましい。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      お身体が頑丈な方のようですね
      ご活動の原動力ともなっているのでしょう

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます