2018年5月23日水曜日

日大アメフトの悪質タックル問題を霊的視点で見る



アメリカンフットボールの大学間の試合で、悪質なタックルがあったとして連日TVなどで取り上げられています



日本大学のアメフト選手が関西学院大学の生徒に対して、ボールを放しているにもかかわらず後ろからタックルをしケガをさせたというものです

この問題がこれだけ大きくなったのには、日本大学アメフト部の内田正人監督が、自分は不正な行為を指示していないと責任逃れしようとした姿勢に、国民の反感を買ったと言う点があるでしょう

責任ある立場に立つ者が、責任逃れをしようとすると、世間は許してくれないところがあります

たとえば企業で何らかの問題が発生した場合、それは現場で上の指示を仰がずに独断でした不祥事であっても、社長などの責任者は、その責任を負わされることになります

社長にしてみれば、まったく知らないことであっても、責任ある立場である以上、責任を取らなくてはならないのです

そのように立場が上になるほど、責任の範囲は広がってくるものです

にもかかわらず、今回は違反な行為を指示していながら、選手に責任を負わせようとするような行為に出たため、さらに世間の批判を呼び、これだけの騒ぎとなっているのでしょう

やはり責任ある立場につくというのは、たとえ本人が直接指示したことでなくても、責任を負う立場にあることを自覚しなくてはなりません

それが出来ない人は人の上に立つべきではありませんし、今回のようにいずれ糾弾されることとなるか、自ら潰れていくでしょう

こうしたスポーツなどを指導している人には、霊界でも裏側と呼ばれる天狗霊系などと繋がていることがあり、勝敗の世界で生きている人には、そうした霊系の指導があります

詳しくは「天狗系の魂の7つの特徴と守護霊・支配霊の憑いている人の性格」を参照してください

こうした勝負の世界をつかさどる天狗系の魂でも、光と闇の違いがあります

勝負の世界をつかさどる光の世界では、スポーツマンシップを大切にし、公正でフェアな試合を目指し、相手を尊重する精神を持っています

世界的に活躍されるスポーツ選手には、そうしたスポーツマンシップを持った人が多いですね

メジャーリーグで活躍されています野球のイチロー選手や、大谷翔平選手にしても、そうした精神をお持ちだと思います

一方で闇の世界に通じる者は、インチキや誤魔化しをしても自分が勝とうとし、相手を憎んで引きずり降ろそうとする思いを持っています

オリンピックでも、不正薬物を使って勝とうとしたり、自転車に小さなモーターを仕込むなどの不正をしてまで勝とうとするのは、そうした闇に通じていると言えるでしょう

以前にライバル選手の飲み物に禁止薬物を入れて、ドーピング検査に引っかかり、出場できなくするなどの不正があったりしました

このように勝負の世界の霊系の指導でも、大きく分けて光と闇の二つの違いがあります

今回のように、相手の選手を不正にケガさせて、自分たちの利益になるようにしようというのは、明らかに闇系の影響があるといえます

人の思いの針は、どこに向くかによって、通じる霊的世界が変わってきます

どのような世界に通じているのか、自らの心の針の方向を点検することが必要でしょう


関連記事


4 件のコメント:

  1. やっぱり人間は性善説なのかなって思います。内田監督以外、やった本人や親御さんはやったことに苦しんで謝罪もし顔出しまでして罪を償おうとしています。悪いのは貴方じゃない!でも正々堂々と謝罪している姿こそ真実なのかと思います。
    彼らの将来は一体どうなるのでしょう?気になります。

    返信削除
  2.  ITが発達して、個人の意見が文字で同時に多数の人間に共有されたため、ごまかしが効かなくなったということもあると思います。格差社会で割の合わない我慢、辛抱をせざる得ない庶民が、こういう事に怒りをぶつける事で、うっぷんを晴らしている所もあるかな。
     基本的には、民主主義で良いこととおもいます。
     ただし、有事の際に、ケーオスになり大丈夫だろかとも、末恐ろしい時もある。(関東大震災の時の、横浜のような、民衆の怒りは暴走始めると怖い部分があります。その時、コントロール、日本人はできるのでしょうかとも思っています。)

    返信削除
  3. 内田監督が入院なさったそうで...。
    多くの人間の怒りの想念シャワーを浴びて、体調を崩したのか、と思いました。
    日大の記者会見は酷かったですね。

    返信削除
    返信
    1. あとそれと、日大創始者の山田顕義さんの、あの世からのお怒りもありそうですね。

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます