2013年2月17日日曜日

老化防止、若返りの秘薬?成長ホルモンとは





成長ホルモンについて メモ書き

人の体内で分泌される成長ホルモンは、正確には、ヒト成長ホルモンと言います



主に、視床下部の脳下垂体から分泌されます

191個のアミノ酸から成り立っていますので、ホルモンを分泌されるためには食事からアミノ酸の摂取が必要となります


成長ホルモンは15歳~20歳の分泌をピークにして、加齢とともに減少していきます(以下は年齢と成長ホルモンの分泌量)

5~10歳:約6ng/mL
10~15歳:約6ng/mL
15~20歳:約7ng/mL
20~25歳:約4ng/mL
25~30歳:約4ng/mL
30~35歳:約2ng/mL
35~40歳:約2ng/mL
40~45歳:約1.7ng/mL
45~70歳:約1.7ng/mL


成長期にたくさん分泌されることで身体を成長させているわけですが、成長期がおわっても分泌は続き、それが若返り効果をもたらすとわかってきました


成長ホルモンの効果

成長ホルモンはアンチエイジングホルモンとも呼ばれることがあり、アンチエイジング効果をもっとも期待できるホルモンです

アンチエイジング効果とは、若返り、美肌、育毛、老化防止、肥満改善、長寿効果等です

成長ホルモンについて一般には下記のような効果があるといわれています

  • 筋肉量を増やすことで基礎代謝を向上
  • 体脂肪やコレステロールを減らす脂肪分解作用
  • 骨量を増やすことで骨粗鬆症を予防
  • 免疫力の向上


アメリカでの臨床試験では成長ホルモン療法の成果報告では

外見的な若返り、体脂肪や体重の減少、筋肉の増加、皮膚の弾力性の増大、シワの減少、皮膚のたるみの減少、毛髪の再生等
身体の機能の若返り、視力の改善、精力の向上、気力向上、病気に対する抵抗力や免疫機能の向上、集中力の向上、情緒安定性の向上、記憶力や認識力の向上、血中コレステロールの改善、血圧低下、心臓機能の向上、肺機能の向上、骨密度の増加などの効果が示されています

また、動物実験の結果から、成長ホルモンの注射によって平均寿命が延ばせることも示されています

このように成長ホルモンは、若返り、美肌、老化防止、肥満改善、長寿効果が期待できる夢のホルモンといえます



成長ホルモンが分泌される時

  • 睡眠中…睡眠に入って30分程度の頃、成長ホルモン分泌量は最大となる
  • 運動後…運動後、体を休息状態にして3時間以内が分泌時間となる
寝不足では肌荒れした経験をしたかたもいるでしょうが、それも成長ホルモンの分泌が十分でないためで、また、睡眠中でもしっかり熟睡されないとあまり分泌されないようです

運動では、軽い有酸素運動ではそれほど分泌されず、筋力トレーニング等の筋肉を激しく使う運動のときに分泌が活発となります

最近話題の加圧トレーニングは成長ホルモンをたくさん分泌(平常時の290倍)されるといわれています。そのほかにもゆっくり時間をかけて動作するスロートレーニングでも分泌が促進されるといわれています

アルギニンについて


アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進し、全身の代謝を促進し、脂肪を減少し、筋肉を増やし、骨を丈夫にし、元気を取り戻し、学習能力や記憶力を高め、全身を若返らせることが期待できる

アルギニンは、健康食品として注目されているマカや、大豆食品に多く含まれています


アルギニンをたくさんとって、十五分程度のスロー筋トレして休養を取り、しっかり熟睡すると成長ホルモンはたくさん分泌されますね



ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます