2018年4月10日火曜日

宇宙の兄弟たちへスピリチュアルメッセージ


地球は様々な星からの魂を受け入れる場所となっています 

それぞれの星から、お互いの素晴らしい特性の宝物を持ち合って、この地球に生まれてきています 


たとえば、美しい自然に満ちた惑星があるとします。 
そこでは人々は自然とともに生き、自然に感謝しながら共生して生きています 
その星から地球へと来られた魂は、私達地球人に、自然の有難さや共に生きることの大切さや、感謝して生きることを教えてくれます 

一方で、生命が住むには過酷な環境の星もあります 
その星では、何とか生き残るために科学技術を発達させて、生命が安全に暮らせる環境を作りだしています 
そうした星から来た魂は、地球に人々が豊かで安全な暮らしが出来るように、科学技術の発展に寄与する生き方をします 
ちなみに、ニコラ・テスラという発明家は自分が他の星から生まれてきたと言っていたらしいですね 

このような二つの違う星から来た魂では、現実問題に対して、お互いに違うことを言うでしょう 
たとえばダムを作る問題に対して、前者の星の魂は、自然をなるべく手をつけずに残しておくことを提案するでしょう 
一方の後者の星の魂は、人口のダムを作って、下流の人の安全をはかって、またエネルギーを作って人々の豊かな生活に役立てたいと望むでしょう 

それぞれが反対の意見であっても、どちらかが間違っているのではなく、実はそれぞれがただしけど、対立しているように見えることがあります 
どちらにも、素晴らしところがあります 

また、宇宙でもっとも対立しあう問題として愛の理解があると思います 

ある星では、肉食動物などほとんどいなくて、自然は豊かで、みんなが安心して暮らせる星があります 
そこではみんな仲良く暮らしています 
食べ物が手に入ったらみんなで分けあいます 
病気の人がいたらそこで住む人全員で心配します 
そうした星から来た魂は、私達地球人に、互いに仲良く暮らすこと、他人をいたわり、愛し合うことを教えてくれます 

一方で、地球で言えば古代の恐竜のような巨大な肉食動物がたくさん生息している星があります 
その星では、種族を守るために強いリーダーがみんなを率いています 
自分たちが滅ぼされないように、危機を感知して、自衛する必要のあることを言うでしょう 

前者が母親のような愛情とすれば、後者は父親の愛情に似ています 

これらの互いの星から来た魂は、それぞれ地球のために良きことを教えてくれようとしています 

ですが、こうした極端に違う環境で生きてきた魂は、お互いをなかなか理解しあえないところもあります 

また、こうしたそれぞれに正しさを含んだ思想のバランスを取ろうとする星の人もいます 
交通整理や調整役ですね 

宇宙には大きく分けて、愛・調和の原理と進歩・発展の原理があります 
お互いに反対のベクトルと思われる原理のバランスが釣り合うことで宇宙は成り立っているからです 

愛・調和の原理だけですと宇宙は互いを引き寄せあう力が強くなり、収縮しはじめ、ビッグバンがおこる前のように、全てがひとつに戻ります 
他者がいない、全てが私の世界に帰ります 
それも素敵なことかも知れませんが、宇宙が誕生し、様々な個性ある存在があるという、神様が望まれた世界は無くなってしまいます 

また、進歩・発展の原理が行き過ぎると、宇宙は無限に拡散しつづけ、いまは太陽のまわりを地球がまわり、地球のまわりを月がまわっているようにバランスをとっていますが、それが崩れて、互いが見えなくなるほどの拡散され、孤独な宇宙へと変貌してしまいます 

そうした事態にならないように、二つの原理がバランスをとっていく調整役も必要になっていくのです 

地球は様々な宇宙から来た宇宙の兄弟が出逢う場所です 
そしてお互いの違いを知ることでご自身の性質や、全ての人の本質を学びあえる星でもあります


「宇宙の兄弟たちへ」について


このブログのタイトルにも使っています「宇宙の兄弟たちへ」の日記はインスピレーションを受けて書き綴ったものなので、振り返って考えながらもう少し噛みくだいて書いてみようと思います

人には前世というのがあるらしいと何となく考えられてきているとは思いますが、まだ、前世が別な星からきたというのはあまり認知されているとは言えないかなと思います

ですが、地球とは別な星から生まれてくるということがあるようなのです

最近はそうしたことを言う方も増えてきているようで、スピに関心のある方には少しづつ知られてきている状況かなと思います

前世を記憶する子供たちの研究や、退行催眠等によって、人には前世というのがあるようだと考えが普及され、今はさらに地球以外からの魂の生まれ変わりがあるらしいというふうに、段階的に真実を明らかにしようとする働きがあるように思います

おそらく見えないところで段階的に真理を普及させていこうという働きがなされているのでしょう

ですので現在はそうした宇宙からの魂が地球へときているという真実が広まりつつある状況でありますが、さらに踏み込んでいくと、星によって考え方にだいぶ違いがあるようだ、それぞれ良い面を地球へともたらしているのですが、意見に違いが出てくる、ということがあるようなのです

こうしたことはまだチャネラーの方でも言われてないことだと思います

だいたいは地球より進んだ星があって、そこから地球の進化のために降りたっている方々がいる、と言うことを書かれていますが、星ごとの差や、考えの違いまでは認識はまだいってないかも知れません

ということで、前回の日記はそうした違いが少し述べられています

それぞれが良いものを地球へともたらしながら、意見の違いもあり、互いに反発しあうこともあることを書きました

そうした星ごとに環境が違い、考えも変わってくることを知るようになれば、互いに理解しあい、学び合い、尊重しあえるための助けになるのではないかと思います

地球はそうした異なる星から様々な魂がくる星であり、様々な価値観が交錯して混じりあい、そのなかでどの様な調和を見出だしえるかを実験する場所のような感じを受けます

同一性の価値観を共有する種族だけのほうが調和は図りやすいのですが、異なる価値観のものたちが集まり調和をはかるという難しく問題に挑んでいると思います

日本でも移民に拒否反応があるのも、違う文化や価値観の人が流入してきたら、和が乱れると思っているからでしょう

はじめに自然と共生しながら生きる星の魂とあります、幾つかの星がありますけど、代表的なのが映画のアバターのような星です

美しく偉大な自然の中で生き、共に暮らし、精神的なものを重視して生きています

地球ではネイティブアメリカンの生き方が近いでしょう もとはそうした星からきたのだと思います

そうした方が地球に生まれてくると、シャーマンのように生き、自然を大切にし、精神性を大事にすることを教えてくれます

精神性を重視するので、現代に生きるとスピリチュアリストとなる方が多いと思います

パワーストーンや薬草、ハーブが好きだったり、機械は好まないタイプになるでしょう

一方で、生存するためには過酷な環境の星というのもあります

大気が薄くなり、地表での生活が難しく、地下に科学都市を築く星があるとします

地表には有害な宇宙線が強く降注ぎ、隕石も頻繁に衝突しています

隕石が落ちると薄い大気では衝撃波が遠くまで走るようです

地表に出るときは宇宙服のようなものを着て、宙に浮くスクーターのようなもので移動しています

地下の都市では科学的に生存に適した環境を維持しています

その地下都市で、地表で滅びそうになっている生物も飼育しています

一種のノアの箱船のような役割を果たしていると言えます

そうした生存に過酷な星では科学技術が発展していき、自然を克服して生活をしています

その星から来た宇宙の魂は、地球へとくると、自然から人間を守り、生活を豊かにするために科学技術の発展に貢献しようとするでしょう

前回あげたニコラ・ステラもそうですし、彼と一緒に研究をしていたことのある有名なエジソンも、科学技術の発展に貢献した魂と言えます

またダムの話しは一例ですが、自然や技術の発展について両者はおそらく違う見解を持つでしょう

それはどちらかが善で、片方が悪という分けではありませんが、互いに理解しえないと、地球のためと良いことと考えていたことが、一方を否定して不調和をおこしてしまいます

単純な善悪だけでなく、それぞれに正しい場合でも意見が対立することがありえるのです

地球ではそうした様々な星からの魂が来ているために、お互いの考えが理解できなくて対立するということがあります

真理は多面体のダイヤモンドのように、それぞれ違う面を持っていて、一つの面だけを見ていると全体が把握出来ないこともあります


関連記事



11 件のコメント:

あんく♪ さんのコメント...

はじめまして、「あんく♪」と申します。
楽しく拝読させて頂きました。

この地球は宇宙の縮小版であり、、様々な存在が学び合う、学びの惑星だと私も感じています。
大きな存在からしたら実験箱のような地球だとも表現できるのかもしれません。

私も「ある日」から生き方が変わった一人です。
地球に大きなカルマがある私は、今世地球に転生してきている自覚があります。
実は、自分の大きなカルマにまいっており、少々疲れ気味の私です(苦笑^^;) 
地道に、学び歩む日々です。

様々な宇宙人の兄弟姉妹たちが理解しあうために、「陰・陽の逆転」が必要だと感じています。
簡単に言うと、感情がない意識部分が感情を感じる必要があるようです。
どんな存在にも、個性により異なり「感情がない部分」が、大なり小なりあるようです。
感情がない意識部分は 想いや考えなどが欠落している部分とも表現できるようです。
つまり、「理解力」が欠落する部分のようです。
よって、理解したくとも、現在まで理解し合えないように計画されていたと感じています。
この課題は、大規模な宇宙サイクルにおいても必要なのかもしれません。
この理解し合えなかった部分が、理解し合えるようになると(陰陽の逆転)、宇宙の意識は バランスよく拡大すると表現できるのかもしれません。

子房さんのメッセージを下さる存在に、よろしくお伝えください。
なんだか、前世でご縁がある存在のように感じるので・・・
って言いながら、向こうからは丸見えでしょうが(笑)
違っていたら、すみません。聞き流してください^^;

では、失礼します。
またご縁がありましたらお逢いしましょう☆ヾ

洪 正幸 さんのコメント...

あんく♪さん

コメントありがとうございます

ご縁に感謝いたします

moony さんのコメント...

とてもしっくりくる解説です。いまの私にとって。

何が正解か、何が本当か。何を信じるか、自分次第と思いますが。
それが許されている、今とこの場は有難いことですね。
私が生まれてきた目的が、まだつかみきれていないのですが、今は楽しく生きることを実践中なのです。甘過ぎますか?もし、よければアドバイスいただけませんか。
よろしくお願いいたします。

洪 正幸 さんのコメント...

こんにちは

人それぞれに学びの速度や、学ぶ課題が変わってまいります
ですのであなたにはそうした学びがいまはあるのでしょうが
将来的にまた違った学ぶ課題が出てくるでしょう

匿名 さんのコメント...

こんばんは。
最近突然宇宙の映像が頭に浮かび、銀河のある星へ行っている自分見えました。
その星が銀河どの位置にあるか、はっきりとわかります。
きっとそこの出身なのかなと思ってしまいました。
調べたら、プレアデスだと思います。
最初はただの妄想かと思いましたが、最近は自分の遠い記憶の気がしています。

洪 正幸 さんのコメント...

こんばんは

この星を素敵なものとするような人となってくださいませ

匿名 さんのコメント...

今は地球人、ということで、この星とは地球のことだと思われます。
皆何度も幾度もいろいろに転生しているかもしれないので、どんな過去を生きていても、今ここの地球では今と未来を大切に日々生きていけたら・・・

匿名 さんのコメント...

以前夢を見ました。
僕は星から来て星に帰るんだと。母なる星群の中で、とても早く強い星で、星を出るときには自らの意思で扉を閉め必ず還ると仲間に約束しました。
偉大な父ははるか昔にいなくなり、違う次元にいるようでした。
父を尊敬し、家族や仲間を愛していて、とても愛の強い僕はとても強く大きい星でした。仲間がとても恋しく故郷を考えると胸が張り裂けそうでした。
という夢です。価値観が変わりました。何だったのでしょうか。

匿名 さんのコメント...

いつもありがとうございます。
愛と調和の原理、進歩と発展の原理のバランスが大切なのですね。
宇宙の事も知れて、楽しいです。
どうもありがとうございます。

マーメイドセイレーン さんのコメント...

こんにちは、初めてお邪魔するのですが、スターシードの説明に心が熱くなり、わかっていたけれど、こうして書いてくださると更に自分の使命を思い出し大変ありがたいです。ありがとうございます🍀
ところで以前から気になっていることがあります。
アバターコースという意識の探究コースの技術で木星のような星の近くに双子のような星(衛星?)があり、その一つが爆発したか何かで、なくなってしまったのをありありと見ました。もう故郷がないという感覚におちいり大号泣しました。
もしどちらの星かご存じでしたら教えて頂けますでしょうか?
宜しくお願いします。

満月の宵 さんのコメント...

不思議な話だな、と思って素直に読み進めました。

小さい頃から天体に興味があります。
今でも大空や月、星を見たり、風を感じることが
好きです。

決してここまで恵まれていない人生ではないけど、
なんとも言えない生きづらさを感じることはよくあり、
人に言わせると考えすぎ、とは言われます。

自分の人生はいつまであるかわかりませんが、洪さんのブログを
見るようになって、欲が減り、執着もなくなり、もし明日なにか
あっても穏やかでいられるかな、と思えるようになりました。怒ることも
減りました。

人間は愛に生まれ、愛で終わるのが理想なのだとつくづく感じます。