2018年4月19日木曜日

イエスの復活と宇宙人・出エジプトとUFO 聖書に現れる宇宙人の姿


イエスの復活と宇宙人


キリスト教のイエスは二千年ほど前に十字架にかかり罪びとと共に死んだとされています



処刑は金曜日になされ、遺体は洞窟の中に葬られました

3日後の月曜日に、マグダラのマリア等の女性信徒がお墓である洞窟を見に行くと、そのなかにはイエス様の遺体がなくなっていることに気づきます

彼女たちが嘆いていると、白い衣を着た天使があらわれ、イエスが復活したと告げます

そしてマリアの前に復活したイエスが姿を現します

その後も、イエスは肉体を持って弟子たちの前に復活して姿を現したといわれます

イエスの弟子というのは、イエスがはりつけにあった時には四散して逃げ去り、イエスのことを知らないと誓って逃れるような、あまり熱心な信徒とは言いがたい姿で描かれています

ですがイエスの亡くなった後に、復活を通して、死をも恐れないような熱心な伝道を開始いたしました

このような弟子たちの心境の変化のもとにあるのは、実際にイエスの復活を目の当たりにした体験があったものと思います

もしもこれがイエス様がはりつけにあって亡くなってそのまま復活も無く、時が過ぎたのなら、弟子たちもそのまま四散していただろうと思います

それがあれほど熱心な伝道を開始したのは、現実に復活を目の当たりにして、それを確信したからに他ならないでしょう

このイエスの復活というのは、どうやら単に霊的な現象では無かったように思われます

例えば疑い深い聖トマスには、復活のイエスははり付けにあった時の傷跡を示して触らせたとされます

また弟子と共に食事を共にするということも語られています

つまり霊的な復活ではなくて、肉体を伴った復活がなされています

このイエス様の復活劇には、宇宙からの支援があったものと思われます

キリスト教では空中携挙(ラプチャー)といって、終末の日には熱心な神とは肉体を持って空に上げられ救済されるという話があります

これは復活したイエスが肉体を持ったまま空中に上げられたのを目撃されて、そこから来ているのでしょう

このような肉体を持ったまま空中へと上げられるのは、宇宙からの支援があったからであるといえるでしょう

つまりイエスはUFOによって上げられ、肉体の修復を為された後に、弟子たちの下に姿を現すという事件を起こしたものと思います

地球と友好的な宇宙の友達の中には、影ながらそのような人類の手助けをしてくれているものたちもいます

実は、東日本大震災の起こったときにも、津波の映像とともに、UFOと見られる光る物体が、被災地を低空で飛んでいる姿が写されていました

歴史的に亡くなったとされて人のうちの幾らかは、そうしてUFOによって上げられて、地球から姿を消すと言うことが起こっていたのでしょう


古代の宇宙人 出エジプトのモーゼとUFO


旧約聖書の出エジプトの話はご存知ですか?

エジプトで奴隷階級として働かされていたイスラエルの民を、モーゼという指導者が導いて、エジプトから脱して、約束の地カナンへと導いたと言う話しです

この時にイスラエルの民を導いた神の姿はこう表現されています

「昼は雲の柱となり‥・夜は火の柱となって、彼らが昼夜旅を続けられるように照らしてやった。」

人々に見える姿として空に現れて導いたとされています

この表現を読むと、どうもイスラエルの民を導いたのは、霊的な存在ではなくて、現在で言えばUFOと呼べるものを言っていたのだと思えます

出エジプト記には他にも様々なUFOや宇宙人を思わせる記述があります

たとえば、モーゼが十戒の石版を授かったとされるシナイ山での表現はこのようなものです

「雷鳴と稲妻と濃い雲が山を覆い、ラッパの音が高まったので、宿営にあった民はすべて震えた。モーゼは神に会わせるため民を宿営から引き出したので、民は山の下に立っていた。主が火とともに下ってきたので、シナイ山は煙に包まれた。その煙は炉のように立ち昇り、全山は大きく震えた。」

「こうしてモーセは登ったが、雲は山を覆っていた。主の栄光がシナイ山上にとどまり、雲は6日の間、山を覆っていたが7日目に主は雲の中からモーセを呼ばれた。主の栄光は山の頂上で、燃える火のようにイスラエルの人々の目に見えた。 そしてモーセは、雲の中に入って行った。」 

火(光)とともに雲が山に下りてくる姿を、古代の人は神が降りられたと表現しています

これは古代人には宇宙人・異星人についての認識が無くて、そのような自分たちの認識を超えた存在を神としてすべて解釈したのではないかと考えられます

出エジプトでは、紅海を半分に割ったり、マナという不思議な食べ物が天から降ってくる奇跡なども書かれています

こうした奇跡とされるものも、古代における異星人の支援があったのではないかと思わせます

出エジプトにてイスラエルの民を導いた存在と言うのは、宇宙人だったのかもしれません


洪水とノアの箱舟の真実


洪水と言えば有名な話として、聖書にノアの箱舟の話があります

最近映画にもなったようですけど、内容としては以下のようなものです

人類の堕落に怒った神様が、洪水によって人類を滅ぼすことを決めますが、善良であったノアの家族だけは助けることにします

そこで神様はノアにやがて洪水が訪れるから、大きな箱舟を作って動物を雌雄一対づつ乗せるようにいわれます

村人から笑われながらノアは大きな箱舟を準備します

そしてとうとう大洪水がおこってすべてのものが水中へと没してしまい、ノアと家族だけが助かったとされる話しです

このノアの箱舟の話は一体何をしめしているのでしょうか?

私の感じるところでは、地球人類を滅ぼそうとした宇宙勢力と、人類を助けようとした勢力があって、それらが一緒にあわさって一人の神様として捉えられているように考えられます

そして救済されたノアというのは、UFO・宇宙船により救護された事件ではなかったかと思われます

ラプチャーとも呼ばれますが、キリスト教では空中携挙といって、終末には空中に上げられて、主と会い不死の身体を手にすると言われています

その元となった出来事として、イエス様が人々の前に物質的によみがえった姿を見せて、そして空へと上昇していく姿を多くの人々に目撃された事例があります

この出来事によって、復活の奇跡を目撃した弟子たちは、死をも恐れずに伝道を進めることとなります

このイエス様の出来事につきまして、以前に宇宙人による介入があったのではないかと日記に書いたことがあります

イエス様の出来事をさらにさかのぼって、ノアの箱舟の出来事というのも、洪水等の災害に見舞われた人々のうちの一部が、友好的な宇宙人によって助けられるという出来事がかつてあったのでしょう

それがノアの箱舟の伝説として語り継がれています

あるいは宇宙人の支援を受けて、箱舟の製造をサポートされた可能性があります


旧約聖書の「エゼキエル書」に登場する“車輪”はUFO??


旧約聖書のなかに「エゼキエル書」というものがあります

そこにはエゼキエルが天使と出会う場面が描かれるのですが、宇宙人やUFOを思わせる記述があります

エゼキエル書には天使ケルビムの姿と、その乗り物の姿が以下のように描かれています

それは人間のようなもので、それぞれ四つの顔を持ち、四つの翼をおびていた
その顔は“人間の顔のようであり、右に獅子の顔、左に牛の顔、後ろに鷲の顔”を持っていた
生き物のかたわらには車輪があって、それは車輪の中にもうひとつの車輪があるかのようで、それによってこの生き物はどの方向にも速やかに移動することができた。
ケルビムの“全身、すなわち背中、両手、翼と車輪には、一面に目がつけられていた
ケルビムの一対の翼は大空にまっすぐ伸びて互いにふれ合い、他の一対の翼が体をおおっていた
ケルビムにはその翼の下に、人間の手の手の形がみえていた

読んで見た限りでは異様な姿の存在が出現しているのが見て取れます

エゼキエルはこれを神が使わされた天使だと認識したのですが、私たち現代人が同じものに遭遇すれば宇宙人とUFOと思うかも知れません


上記の絵は中世に描かれたケルビムの乗る車輪を、左上に描かれているものですが、UFOのように見えます

また、現代のジョーゼフ・プラムリッチという方が、エゼキエル書をもとにイメージして描いたのか以下の絵です


これはまさに空飛ぶUFOのように描かれていますね

エゼキエル書は、古代における宇宙人との接近遭遇の体験を描いたものだと思います


関連記事





2 件のコメント:

  1. イエス様のお話を取り上げてくださって有難うございます!

    いつも何が出て来るのか分らない!驚きビックリ玉手箱な洪さんのブログ。
    今回の推察にも 色んな意味で驚きました。
    7割方同意!あと3割・・・ でございます。
    ここで逐一論争しても仕方ありませんので、見解の相違点を挙げることはやめておきます!

    洪さんの『宇宙人』というテーマに関する想い入れの強さを知ることが出来ます。
    地球人も、宇宙人ですよね!
    この同じ宇宙圏に生まれ出ているのですからネ!
    何はともあれ、洪さんの想像力とキャパシティーの広さには舌を巻きますね。
    加えて、 広い人間愛にも。
    世界人類の幸せを願われる崇高な精神を持たれてますよね。

    宇宙の不思議を主題テーマにされながら 加えて何が出て来るか分らない!ビックリ玉手箱なブログ故に、毎日多くの人達が惹き付けられて来るという現象に。
    要するに、 意表を突いて面白くて!為になるブログ なんですね。
    何だか評論家のように書いてしまいましたが、 しっかり評価しています。

    毎日休み無く、しかも大勢の読者の期待からのプレッシャーにも疲れること無く受けて立たれ(もちろん喜びであるのでしょうけども!)、興味深き記事の投稿を続行され続ける精神的な強さは、やはり 特殊な宇宙人でいらっしゃるのでしょうね!

    お身体もお気を付け下さい。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは
      どうも評論いただきありがとうございます(笑)

      特殊な宇宙人ですか?どうでしょうね

      こんなブログを書いていて何ですが、自分が宇宙から来たかどうかなど実はあまり興味ないところがあります

      なるべく読者の方に興味を持っていただいて、役立てる文章が書けtらなと思います

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます