2018年4月23日月曜日

いじめ問題とスターシードである宇宙からの魂の関係と解消策


いじめ問題とスターシード・宇宙の魂



先日も学校でのいじめによる自殺という悲しいニュースが流れました

いじめについてはアンケートで以下のような質問がありました


Q、転生の中でイジメや魔女狩りなどを経験した魂が生きづらさや孤独、帰りたいというトラウマができただけで、宇宙由来の魂ではない可能性はどのくらいありますか?


以前に宇宙から飛来した魂であるスターシードは地球に馴染めずに、深い孤独感を抱いたり、周囲の人間と価値観の違いから、生き辛さを感じると言う話をしました

質問はそれを踏まえて、スターシードでなくて、いじめや魔女狩りなどの経験を前世などでした魂が、生き辛さを感じている場合があるのではっと思われたのですね

実は、こうしたいじめや魔女狩りを経験される方自体が、宇宙から来られた魂であることが多いと思います

そもそもいじめの対象になる方は、周りの価値観と違ったり、ズレを持っていることがあります

そしてスターシードたちには宇宙から来たと言う孤独感が、周囲との壁を作ってしまい、いじめの対象になることがあるのです

自分一人だけ違っているような感覚があったり、自分は異質な存在ではないかと感じることがスターシードには多くあります

魔女狩りにしましても、霊的な能力や、自然の知識に長けた方が、魔女と思われて迫害にあわれています

そうした特殊な能力を持って生まれる方もまた、宇宙からの魂である場合が多いのです

スターシードである宇宙からの魂は、そのような危険を覚悟してまで、地球へと光を届けようとしているのです

暗い世で、闇に怯える人のために、寒さに凍える人々を暖めるために、スターシードたちは光を持って地上に降りてきます

どうか光の子達が地球でたくましく生きていけますように


日本人は善悪の判断が弱く、いじめ問題等の原因ともなっています



日本人は周囲との調和を重視するのですが、それに反比例して善悪の判断が弱いところがあります

それは善か悪かを判断するのを避け、事を荒立てないようにしてそれで和を保とうとするからです

その原因について考えてみると、稲作文化で集団で生活していた日本人には、集団から外れるような異質な人間を弾いていじめる傾向があるように思います

たとえばテレビで活躍されているようなタレントさんを拝見すると、とても個性的な方が多くいらっしゃるので、おそらく子供の頃などにはイジメに合っていた人が多いのではないかと感じられます

個性的であるということは、平均から外れている事ですから、日本では目を付けられて苛めの対象にされる可能性があります

そして日本では和を大事にするのですが、それは裏を返せば、被害者や弱い立場の者が泣き寝入りしたり、声を上げずにいる事ともなっています

いじめ問題でも、その苛められているとされる生徒のほうが少数で大抵は一人でしょうから、その一人だけが泣き寝入りしたり、他校へでも転校すれば、その学校の和は乱れずに済むと考える先生などにより、いじめが表に出ずに隠蔽されるようになってきます

以前に秋田書店で、読者プレゼントの景品を水増ししたりと不正をしていたニュースが流れました、その時に不正を糾弾していた社員を解雇していたと言います

以前もオリンパスで外国人社長が不正会計を告発して解雇される事件がありました

これも日本人が善悪の判断よりも、組織などの和(調和・平和)を重視していることの現われです

企業などの組織でなにか不正があっても、それを指摘することで調和を乱してしまうことを嫌がり、見てみぬふりを続けるのです

薬害エイズ問題でも、危険性のある非加熱製剤を使用続けることが、組織として利益があると考えて、それを使い続けることがどれどほ悪であるかも判断できずに、ただ組織の理論だけで進んだ結果、薬害エイズ問題がおこてきたのでしょう

これは学校などのいじめを隠蔽する体質にまったく同じ問題があります

いじめが実際にあったと告発すれば、問題が大きくなり、学校の和が乱れると考えて、組織ぐるみで隠そうとするのです

そうすると一時的に組織の平和は守られるかもしれませんが、誰か目に見えぬところで被害にあい、そうした被害者の口をふさぐことで得られる平和に過ぎません

被害者が泣き寝入りしてくれれば組織の調和・平和は保てるとかんがえているのでしょう

こうした考えは日本国内だけでなく、国際問題でも同様の考えの悪影響が出ています

日本は中国と友好関係を結び、その経済的な発展のサポートを続けてきましたが、その裏で中国はチベットや東トルキスタンなどで民族弾圧を行い続けています

日本は相手が影で悪いことをしていると知りつつ、それには目をふさいで、とりあえず表向き調和を保っていれば良いのだと考えて中国と付き合ってきました

それは例えば近所に住む人が家で子供を虐待していたとして、それを知りながら事を荒立てず平和を保つために、黙って表向きは仲良く付き合っているというような状況です

日本人のいう平和というのは、被害を黙らせて、目を瞑っていて成り立っているものです

もうすこし何が善であるか悪であるか、国際社会での正義とは何かを考えられるようにならなければいけません


いじめが蔓延する理由



いじめは世界中にある問題ではありますが、特に日本では陰湿ないじめが蔓延し、問題となっているように思われます

こうしたいじめが蔓延してしまう背景の一つには、自由度の少ない環境が上げられます

学校や職場など、自由に移転が難しく、そこに居続けないといけないような、不自由な環境では、いじめなどの問題もおきやすいでしょう

風が吹かずに、空気が滞るような場所では、ネガティブな気も溜まってしまい、病気とかも発生しやすいですけど、自由の風が吹かない場所では、イジメなどの腐敗現象がおこります

ですので、そうした問題を根本的に直すようにするためには、転校の自由や、学校のあり方にもっと自由度を加えるとか、たとえば現在の塾でも学校としての役割を認めるなどして、生徒が何処で授業を受けるか自由度が増すと、イジメも減っていくでしょう

職場でも、転職がもっとスムーズに、そして評価を落とすことなくできるようになれば、パワハラやイジメなども減っていくでしょう

それともうひとつ、いじめが蔓延してしまう理由の一つとして、悪をはっきりと断定できずに、そして悪に対して戦う姿勢がないと、社会で悪が蔓延してしまう傾向があります

最近でも武力に対して、絶対に戦ってはならない、平和主義で当たっていくべきだっという意見がありますけど、積極的に悪を為そうとするものに対しては、それを増長させてしまうこととなります

あまり指摘したくは無かったのですが、そうした絶対平和主義のような考えのあるところには、そうしたイジメる側が守られて、一方の被害者側が排除されるような現象が起こってきます

悪に対して、これを押しとどめようとせず、平和主義といって問題から目をそらしている人のいるところでは、実はイジメ問題とかが起こりやすいのです

もちろんいろんな理由があって起こるため、それがすべてではないですが、そうした傾向があることも知っておくべきでしょう



いじめ問題と逃げるは恥という考え



職場での同僚や上司からのいじめであったり、学校でのいじめなどの問題が後を絶ちません

また、週刊誌やメディアを見ても、有名人や公人であれば、プライベートな事でも責め立ててよいとする風潮があり、それも悪影響を与えていじめを蔓延させている要因となっているでしょう


いじめ問題では、いじめる側が悪いのであり、本来はそちらを処罰しなくてはならないのですが、日本では学校側が隠ぺいに走り、公にせずに蓋をするというケースも多いでしょう

職場でも上司や権力を持った側からのイジメに対しては、抵抗するのは難しい問題があります

たとえば、以前に流行りました、堺雅人さんが銀行員として主演されていた『半沢直樹』というドラマでも、「晴れの日には傘を貸し、雨になると傘を取り上げる」といわれるように、銀行の体質が指摘されていました

これは経営が順調な時には、銀行はお金を貸しますけど、逆に経営が苦しくなると、貸していたお金まで引きはがそうとするやり方を例えたものです

厳しい競争社会で仕方ない面もありますが、お金を貸す側の権力を盾にした一種のイジメに近いものもあるでしょう

本来であれば、その企業とともに、将来に向けた健全な改善策を模索し、ともに発展繁栄していけるように努力すべきなのが筋かと思います

銀行にそうした能力が無いものですから、安易に貸し剥がしなどが横行しているのでしょう

このように社会の色々なところでいじめはあり、広く蔓延している問題です

学校や職場などでいじめがあれば、そこから離れて別な場所に移るという手もあるでしょう

それをどうも「逃げるのは恥だ」という意識を持っている人もいるようです

ですが「逃げるが勝ち」という言葉もあるように、撤退すべき時に撤退するのは勇気のあることであり、大切なことです

先ほどの企業などの話しにしても、経営がうまく行かなくて、このままでは倒産してしまうと考えられた時に、撤退する勇気が必要とされる場合もあるでしょう

倒産したくないからといって、無理にやりくりして先延ばしにしていても、傷口が広がってしまい、よけいに苦しむ元になる場合があります

世間を騒がせた、晴れ着のレンタル会社や、格安旅行会社などの倒産についても、撤退すべき時を判断できなかったために、多くの人に迷惑をかけてしまった事例だと思います

ですので人生は長いですから、次の展開をしていくためにも、その場を撤退するのは大事です



いじめや待機児童問題の解消策



このところ森友学園や加計学園問題、大学等へのお役人の天下りなどが取りざたされています

そしていじめや待機児童問題もあります

そうした学校関連の問題には、根本的に社会主義的なやり方が問題の根底にはあるでしょう

学校を作るにも行政の許認可が必要であり、学部を作るのも数を増やさないようになど、規制があります

そうした規制がある背景には、行政が権限を多く持とうとする欲があるからです

許認可の権限があれば、学園側は行政に従わねばならず、ご機嫌うかがいをして頭を下げるようになります

行政は権力を持つことで、天下りして利益を得るなど、悪行の温床になるのです

そのような厳しい規制で、国民の自由を奪っていくやり方とうのは、社会主義の政策であって、日本の政治には、そうした社会主義の流れが入っています

社会主義的な規制が入っていることで、自由競争が抑えられ、それゆえに腐敗していくのです

学校でのいじめ問題などが深刻化するのも、そうした風通しの悪い、規制行政の弊害から来ています

規制の中で生きていると、腐敗していきます

たとえばかつて銀行も潰さないようにという政策の下、規制の中で生きていた時には、利用者にとてサービスの悪いもので、窓口にお客さんが並んでいても、中で雑談して尊大な態度をとっていました

金融機関の規制緩和が進んでから、サービスもよくなっています

そのように学校でも、地域で入れるところが決まっているとか、新しい学校を認めないようにしたりなど、規制しているために、かなり腐敗しているところがあります

もしも塾も学校として認めるなど、自由にどこにでも転向できるよう規制緩和が進めば、いじめは激減するはずです

言ってみれば、現在のいじめの被害者は、こうした学校行政の規制の被害書ともいえます

アメリカなどでは、かなり自由に学校が出来て、つぶれることもありますが、それでやっていけて、日本はずっと停滞する中で、アメリカの国力は高まっています

現在さまざまに取りざたされている学校の問題も、そうした規制行政があるがゆえに起こっている問題でしょう

もっと自由化して風通しを良くしていけば、そうした問題は起こらなくなります



いじめから守るための対処法



いじめはいじめる側が悪いのであり、本来はそちらを正すべきですが、すぐに世の中からいじめが消えてなくなりませんので、そこから身を守るための方法について考えてみたいと思います

まずいじめにあいやすいタイプが幾つかありますので、そちらを考えながら、対策を述べていきます

一つ目には、気の弱いタイプが狙われるケースが多いでしょう

いじめる側のひとには、尻尾を巻いて逃げる犬には、追いかけていって石を投げ、逆に吠えてくる犬には逃げ出す傾向があります

弱いと見た者には強く当たり、強い者には下手に出るという傾向です

ですので気の弱く見える人や、伏し目がちで自分に自信の無いタイプの人は、そうしたいじめる側に目を付けられる可能性が高いです

そうした傾向性がある時には、体力を鍛えるようなトレーニングをするのがいいでしょう

武道や剣道などを習うのもいいですし、ジムなどで筋肉トレーニングをするのもいいです

日々に鍛錬を繰り返していると、念も強くなってきて、相手の念をはじく力がついてきます

すぐには成果がでませんが、続けていくことで気力もついていきます

次の特徴としては、どこか突出した部分があり、輪から飛び出す傾向のある人がターゲットとされる傾向があります

日本では特に、横並びの平等意識が強くて、横並びから先に出ても遅れても、どちらもいじめの対象になるケースがあります

孤立してしまいがちな人は、なるべく人の輪に溶け込めるように考えていきましょう

先に進んでいる人は、なるべく後進の人の手伝いをしたり、遅れがちな人は、周りを和ます役割を果たすなどです

さらには、裁きの目が鋭い人が、孤立してしまい無視やいじめにあうケースもあるようです

人を見ると、その善し悪しが目について、それをストレートに表現したり、好き嫌いの感情がはっきりしていて、それを表に出しやすい傾向のある方です

善悪や美醜の感覚の鋭い方がなりやすいです

悪いものの中にも良い面があったり、良いものにもダメな部分もありますので、なるべく多面的な見方を取り入れて、周りを見るようにしていきましょう


そして光が強い人がいじめにあうことがあります

精神性が高くて、この世的な価値観と遊離している場合に、周りから浮いて攻撃を受ける事があります

光が強いと、自分の闇が浮き彫りにされてしまうように感じられて、それで光を潰すことで、自分の正当性を認めようとする錯覚をおこします

「和光同塵」というものがあります

仏教用語では仏・菩薩が人々を救うため、自分の本来の光を隠して、けがれた俗世に身を現すことを言います

老子の言葉として同じものがあり、光をやわらげてちりに交わる。自分の学徳・才能を包み隠して俗世間に交わることを現しています

光が強すぎると、眩しすぎてそれを攻撃しようとする者が出てくるため、あえて光を隠すことで、世の中で人々と交わるようになるということです

荒んだ人の多い中で、あまり強い光を発していると、撃ち落とそうとする人も出てくるため、あえて世俗にまみれているような雰囲気を出すことです


関連記事






16 件のコメント:

  1. イジメにあう原因が宇宙から来た魂と言うこと以外で、前世で苦しめた人々からの仕返しだったりすることもありますか?そういうこともあるとすれば宇宙の魂と前世のカルマとを見分けるポイントはどの辺にありますか?

    返信削除
    返信
    1. コメントでは難しいので
      お知りになりたい場合はアンケートにお願いいたします

      削除
  2. 私の質問にお答えくださり、ありがとうございます!
    イジメや魔女狩りを経験すること自体が、宇宙由来の魂であることが多いのですね。やはりそうでしたか・・・。

    質問させて頂いたとき、ある方から、魔女狩りで拷問を受けた過去世が私にあるけど、宇宙由来の魂ではないと言われ、私自身は宇宙由来の魂だと思っていたため、何故か大変ショックを受けていました。
    思っている以上にとてもショックでショックで、心の整理がつきませんでした。
    お答えいただき、納得しました。

    多くの宇宙由来の魂が相当な覚悟を持って地球にやってきているのですね。
    地球はあまりにも異文化で受け止めきれないことが多く、本来の姿、強い意志で生きられず、どう心身を回復したらいいのか・・・とても難しい課題だなと感じます。



    返信削除
    返信
    1. はい、魔女狩りにあわれた方には、宇宙からの魂が多いと思います

      削除
  3. こんばんは。

    洪さんの温かいお言葉に目頭が熱くなりました。ありがとうございます。お蔭様で、これまでの荒波も耐えてきて良かったと感じます。

    洪さんに、ここに集う方に、地球の皆さんに、光のご加護がありますように。

    光を届ける夢が叶いますように。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      こちらこそありがとうございます
      光が広まっていきますように

      削除
  4. ぬぐってもぬぐっても覆い被さる深い孤独感。

    人と馴染めず心から楽しめていない自分に嫌悪感を抱くようになり、自己否定が増していく…
    そして、今もまだ焦点を合わせてしまうと身動きが取れなくなることも。。

    もっと身軽に生きたい。
    身体の中に色んなものが詰まり過ぎていておもすぎる。意識だけの存在でいい。もう帰りたい、おちゃめんこ星へ、もう帰る。。
    何度想ったことでしょう。何度傷つけたことでしょう。

    でも、ある時気づいてしまうことがあるのです。
    朝日のなんと美しいことか…小鳥の囀り…蛙の合唱。虫の音…草木の力強さ。水、風、太陽…
    親の想い。支えてくれる光の存在。人の温かさ…
    皆皆、訳あって生かされている。
    私は永遠に私でしかない。光の存在なんだってことを。

    どうか、洪さんのブログをとおして祈りが届きますように。
    洪さん、いつもありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      この世は思い物質の鎧に覆われていますが、それを取り除くと愛の波動で成り立っていますね

      削除
  5. 地球全体の人口が急激に増加した今、宇宙から来た魂の持ち主は、昔より増えてきているのでしょうか。

    返信削除
  6. 私もなんだか泣けました。
    光の子は地球に来て闇をくぐって、自分自身が光であることを知るのでしょうか。
    どうか生きて欲しいです。私達のためにも。希望は光ですから。

    返信削除
    返信
    1. 自らが闇の中で生きることで、光は何かを知り、人にも光を伝えるためでもありますね

      削除
  7. こんにちは

    以前ワンダラーの悲しみのテーマの時にもコメントさせて頂いた者です。ありがとうございました。
    イジメについて…正に自分の子どもが当てはまります。間違ったことが嫌いでピュアなのでどこに行っても浮いています。無理に合わせることができないのですね。同級生の友達はあまりいませんがなぜかリーダー的な役割を任されることは多いのです。私はワンダラーですが自分が学生の頃は自分の正体は隠して、周りと上手く合わせていました。
    この子も宇宙由来の魂だと思いますが私とは地球に来た役目が違うのだと思います。
    今の子どもたちは二極化していて大変だと思います。闇側の力に潰されることなく光の子どもたちを守って育てていくためには母の力が大変重要です。これ以上自分を傷つける子どもを一人でも増やさないために!

    返信削除
    返信
    1. そうですね
      親御さんの力を必要とする子供たちがたくさん生きています

      削除
  8. イジメを苦に自殺する子は、たいてい優しくて純粋な良い子が多いです。
    光を放っている彼らの中には濃い闇に押し潰されてしまう子もいるのでしょう。
    悲しいことですね。
    子供社会は大人社会の映し鏡ですから、まずは大人たちが変わらなくてはいけませんね。
    イジメで苦しんでいる子たちが救われることを祈ります。どうか、命だけは捨てないでほしい。
    止まない雨はない。明けない闇はないのだから。

    返信削除
    返信
    1. 大人社会がイジメの社会でもあるからでしょうね
      特にマスコミは正義や報道の自由の美名のもとに、イジメを行っていて、国民は感化されているように思います

      削除
  9. いじめとか虐待とかを長期的に受けてると、
    無意味に罰ゲームを受けている気分になって、心まで闇の勢力によってくすんでしまい、つい自殺に走ってしまう気持ちも痛い程に分かります。
    (闇の勢力に操作されてしまう?)
    上手く外部の助けなんて入りませんし…
    自分でどうにかするって、どうにも出来る訳ないやん!って感じですが
    そうして亡くなられた方々が成仏出来ずにこの世を彷徨っている…
    なんて事があるのかと思うと本当に悼まれません。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます