2014年3月3日月曜日

宮沢賢治と宇宙とのつながり 彼は星の秘密を知っていた?



古代エジプトではオリオンの三ツ星を神聖視していました
そしてエジプトの三大ピラミッドはこのオリオンの三ツ星を地上に模したものではないかと言われています
R、ボーヴァル「オリオン ミステリー」



また古代遺跡や宗教施設が奇妙にある直線上に並んであることからレイラインという地表にエネルギーの流れがあり、そのスポットに建てられたのではないかと考えられました

中国では風水などで竜脈と呼ばれる同じく目に見えないエネルギーの流れを言っています

日本でも酒井勝軍などがピラミッド研究をして半人工の山を見つけて日本のピラミッドと呼びました

この日本でも古代遺跡や古墳などが、ある規則的な配置にあると気付いた人もいます

有名なところでは北緯34度32分の太陽の道といわれるものがあります

またA、ギルバートは「マギ 星の証言」でフランスのゴシック様式大聖堂と乙女座との相関を発見しています

宮沢賢治研究家の畑山博さんは宮沢賢治が手帳に記した経埋ムベキ山として三十二の山を線で引くと星座になると仮説をたてました

北上川を天の河に見立て、白鳥座・わし座・たて座・射手座の形になり、銀河鉄道の通った跡になると言われました

賢治は何故埋経を考えたのか?

一般には後世へ仏の教えを残すため埋経がされるそうですが、賢治は一種のエネルギーを山に感じ、場を浄化し調和をもたらそうと考えたのではないでしょうか

天体の天と、大地の山を対照させ、天地を繋ぎかの地の加護を得ようとしたのかもしれません



(wikipedia 経埋ムベキ山より

宇宙からの加護とは何か?

それは惑星や恒星のエネルギーというよりも、宇宙の兄弟たち、宇宙人による支援を得るための儀式のようなものかもしれません

世界各地にある、星座を模した建造物の配置は、その星座の方向にすむ宇宙人との交流の印であり、支援をうけるための方法として残したのかもしれません

宮沢賢治もそうしたことを知っていたのではないか?

彼も宇宙の兄弟たちの存在を感知していたのかもしれませんね


関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

7 件のコメント:

  1. 日本にはそうした(良性の宇宙人達の)支援を多く受ける素養・土壌があるという説を、最近やたら目にします。

    闇の勢力は狡猾で、表向きは良性を装うとも聞きますし、色々な事を知る度にその仕組まれた計画に私は愕然とします。(単純では無い分、疑心暗鬼にも陥ったり・・・)

    けれど愛を持った存在がいる事を信じると、自分が明るいエネルギーに満たされます!

    支援を受けるにふさわしい(愛を持った)、目覚めた私達でいないといけませんね。

    返信削除
    返信
    1. 古代においては交流があったはずですね

      闇系の宇宙人からのメッセージもネットなどに多いですね

      よく宇宙人からのメッセージとして拡散されている情報を見ますが、
      闇系のばかり拡散されています

      削除
  2. 仰る事、良く解ります!
    これは私の印象なのですが、

    宇宙人からのメッセージを好む方達の中には、現実逃避をされている”夢見る夢子さん”も多いという印象を受けます。

    あと美味しい事ばかり並べて「誰かが救ってくれる」と、甘い期待を持たせるものもありますが、逆に怪しさを感じますし、

    内容は良く感じても、全体から何となく暗~い印象を受ける時は「違うかな?」と思います。

    私はまず地道に”自分の身の周りから正す”という、個人の努力から始まると思っていて、

    その作業はとても地味ですが(笑)、真っ当で堅実・健全・安全かな?と感じます。(^^♪

    返信削除
    返信
    1. 地道なあゆみが遠くの距離を歩むためには必要なのでしょうね

      削除
    2. 千里の道も一歩から・・・ですね!

      マイペースで頑張りますッ♫
      (^^ゞ

      削除
  3. そういえば日本の神社の一群もオリオン座を模して配置しているものがあるようです。
    私が住んでる場所の近くにはこの一群で三ツ星にあたる神社があります。
    幼少の頃に住んでいた土地の近くには住吉神社があり住吉三神も三ツ星なのだそうですね。
    ちなみに私の家の家紋も丸に三ツ星でオリオン座の三ツ星なのですw
    最近になって色々個人的に三ツ星尽くしであることを知り驚いてる次第です。

    このオリオン座の形に配置されている神社の一群の近くには北斗七星の形に配置されている神社の一群もあるそうです。
    他にはシリウスを表している神社もありました。
    古代には世界中でオリオンやシリウスなどの宇宙人達ともっと気軽に交流してたんじゃないかとも思います。
    当時交流していた善意溢れる彼らは地球人に色々教えてくれていたのかもしれませんね。
    ネガティブ宇宙勢力の台頭や地球人自体も多くがダークサイドに傾いたため手を引かざるを得なくなったのかなと勝手に妄想しております。
    またいつか改めて交流ができたらいいのにと思います

    返信削除
    返信
    1. 影ながらの交流は今でもあるでしょうね

      将来は直接的なものも出てくるのでしょう

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます