2017年6月23日金曜日

小林麻央さん死去、市川海老蔵さんの妻


みなさんニュースで見られたと思いますが、歌舞伎役者の市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんが亡くなられました



34歳という若さで亡くなられました

以前より病状をブログ等で発表されて、多くの方がご存じだったでしょう

こうした若さで亡くなられたのには、色々なものをご自身で引き受けて亡くなられたところがあるように感じられます

夫である市川海老蔵さんや、お子さんなどもそうですし、歌舞伎界は色々とありましたので、そうしたものを引き受けられたのかも知れません

以前に少し取り上げたこともありますが、歌舞伎座が建て変えられてより、不祥事や病気で倒れる方が多いなど、色々とあったと思います

そうした歌舞伎界を覆う曇りを引き受けた部分があったように感じられます

卑近な例ですが、ご主人が病気になると、それを引き受けるように飼い犬などのペットが病に倒れるということがあります

これなどは、ご主人に降りかかっている災いを、ペットが身代わりとなっていることがあるのだと思います

昔の例でいえば、日本武尊の妻である弟橘媛が、海神の怒りを鎮めるために、自ら海に身を投じたという話があります

そのように麻央さんにも、自ら身を投じて、歌舞伎界や家族に降りかかる曇りを身を挺して引き受けた面があるのかもしれません

麻央さんのご冥福をお祈りいたします

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

12 件のコメント:

  1. すみません・・・先ほど怒りに任せて前回の記事のコメント欄に投稿してしまった者です。
    なにか伝わっていたようでお答えとも思える記事がアップされたことに人智を超えた不思議な力を感じます。

    それではもう因縁は解消されたのでしょうか。
    麻央さんは本当に可哀想ですが、今後も因縁が続くのはもっと可哀想です。
    何がそんな因縁を招いてしまったのでしょうか。
    本当に、本当に最後にして欲しいです。

    返信削除
  2. ご冥福をお祈りいたします。2017年6月23日 19:41

    同じ年頃の子供どもを持つ母親として、悲しくて悔しくて涙が止まりません。ただただお子様たちが健やかに育つことを祈っています。

    返信削除
  3. 私も妻が乳がんに罹ってしまい、自分の不徳を反省しつつあるところです。
    歌舞伎界の悪い部分を引き受けたとのことですが、
    悪い想念を発したり中継したりしてる人たちの気づきになることを願ってます。
    往々にして、そういう人たちほど自分に原因があるとは気づかずにいるもんなんでしょう。

    返信削除
  4. 小林麻央さんの訃報に触れたのは、午前中(仕事中)でした。
    以前からご本人の闘病にまつわるブログを拝読しておりました。
    一日も早く良くなられるといいな、とささやかな望みを抱いておりましたが、これまでの壮絶な闘病に想いを馳せると、自然に涙が溢れてきて、堪えるのが大変でした。

    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    返信削除
  5. 先生何時もありがとうございます。スクール生です。私は麻央さんが、乳がんになってしまった時に、天使のような彼女がなったことで、全国の彼女のファンの人のみならず、乳がんの方も、含めたくさんの方の希望の光を灯す存在、彼女を思う気持ちが、大きな光となって、癒しや、愛として人々の心を一つにする柱のようなそんなお役目があるのかなぁ、と思っていました。彼女があの若さで病いを想像超える痛みと闘ってこの世を去られたことは、また、彼女が歌舞伎界こ闇を引き受けるべくして亡くなられたことは、とてもとても悲しいですが、やはり彼女の生き方で多くを学んだ方は多いと思います。コメントを書いていて気づきました。私たちはこの世での生が短ければ、可哀想と思いがちなのですが、あの世では、あちらの世界の方がとても楽であることを。だから、なぜ、彼女を、守る存在達がいて、多くの祈りもある中で闇が大きくなってしまったのかも、不思議ではあったのですが。そして、先週怒濤の日々で心が疲れはてていましたけれど、今日の悲しみで一掃されたように感じます。明日のワーク参加します。何時もありがとうございます。

    返信削除
  6. 取り上げて下さって有難うございます。

    色々な想念を引き受けたとありますが
    その渦中でも彼女は自らの足で立って
    歩こうと、最後まで諦めなかった姿に
    涙を禁じえません。

    と、同時に見事に生き抜いた方だなと
    感服致しました。
    物凄くお辛かったでしょうに笑顔の
    麻央さんしかイメージにありません。
    人の命は長さでは無く、どう生きたかだと
    いうのをまざまざと見せて頂きました。

    蝶はバラに変容する。
    そして麻央さんというバラは永遠となって私達の胸に笑顔で咲き続ける。

    私もかくありたいと思います。
    御冥福をお祈致します。

    返信削除
  7. 洪様、いつもブログ拜見させていただいております。
    麻央さんの魂が神仏に導かれて、安らぎと愛に満ちた世界にいけますように祈ります。

    返信削除
  8. 海老蔵さんのブログも多くの嫉妬の想念が集まってきたでしょうし、女性関係の負の念も、とにかくたくさんのものを引き受けたのでしょうね。
    悲しいことですが、これもまた海老蔵さんにとって大きな魂の成長になったでしょうし、上の方が言われているように、癌の啓発やその生きざまで私たちの学びとなったことは尊いことだと思います。

    返信削除
  9. 今朝の新聞には「勇気、愛、感謝 ‥ 発信」とありました。
    麻央さんは大きなお役目を果たされたのですね。

    ご冥福をお祈りいたします。

    返信削除
  10. 小林麻央さんが市川海老蔵さんとご結婚された時、あー…と悲しいような虚しいような気持ちになった事を覚えています。
    可哀相な未来になってしまうんじゃないかと思いました。
    それは巷で言われる「歌舞伎役者は女遊びが激しい」とか「家庭を省みない
    」とかそういうことではなく...
    元々小林麻央さん自体がテレビを見ているだけでもわかる程、かわいそうなくらい献身的な人なのに、海老蔵さんのような力強い人の所に嫁ぐのは、どう考えても(言い方悪いですが)喰い尽くされてしまうだけだと思ったのです。

    乳がんになった時、「やはり...」と思いました。
    私は自分のために生きる事に貪欲な人間なので、この方を見ているといつも歯痒く、なぜもっと自分のために生きないの!と地団駄を踏む気持ちになっていました。
    ですが...本人が望んで行った世界ですものね。
    ご本人は幸せだったのかなと思います。

    本当に、優しい方でしたね。
    ご冥福をお祈り致します。

    返信削除
  11. 何が幸せか、分からなくなりますが、自己犠牲の思いが強い方だったのだな、と思いました、、。品のある優しい方で、澄んだ心で日本人に良い影響を与えた方なのでは、と感じました。
    私はこんなにブログに書かれていた壮絶な痛み苦しみに耐えることはできないと思います。
    改めてすごい方だったんだなと感じます。
    ご冥福をお祈りいたします。

    返信削除
  12. まさに、なんです。

    正直、これは私も前から一部の人には言ってたのですが、海老蔵さんのそれまでの女性問題へのカルマが、全て麻央さんに行った(正確には、麻央さんが海老蔵さんの身代わりになった)と思っています。

    勿論、海老蔵さんへの過去の女性からの邪念や恨みがあるでしょう。それを、麻央さんが受けた形。


    で、実は、小室哲哉さんの奥様のKEIKOさんも、同じだと思っています。

    小室哲哉さんのそれまでの過去の女性問題が、KEIKOさんに行き、歌まで奪った。

    小室さんは、それまで散々プロデュースした歌手達に手を出した訳で、一番大事な歌をKEIKOさんが奪われた形です。

    これも、奥様が旦那様の身代わりになった形ですね。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます