2022年7月6日水曜日

ワクチン接種者が感染しやすいBA.5と出生率急減の謎 新型コロナワクチン


全国的に新型コロナウイルスの感染が再び増加に転じてきています

先日のお伝えしましたように、新株のBA.5による感染拡大です

この株はデルタほどの致死率は無いものの、感染力が高いため、多くの人に感染し、結果的に重症者や死亡者を多く出してしまう恐れがあります

そしてこの株については、従来のワクチンによる感染予防効果はほとんど見られなくなってているどころか、むしろワクチン接種者の方が感染しやすくなっていると思われます


上記は東京都の感染者データをもとに、ワクチン接種と未接種者の感染割合をグラフにされたものです

これを見ますと、2回以上ワクチン接種をした人が、むしろ感染しているのが分かります

特に最近は急激にワクチン接種者への感染者割合が増えていますが、これはコロナが新株のBA.5に置き換わって広まっているからと考えられます

つまり今流行を起こしつつあるBA.5は、ワクチン接種者の方がよりかかりやすいものとなっているという事です

残念ながら、ワクチン接種は感染を抑えるどころか、むしろ感染しやすくしてしまっていると思われます

ワクチン接種者の方が感染しやすくなっている事については、いくつか原因が考えられ、ワクチンにより免疫力が低下してしまっている事と、以前にも警告していましたようにADE(抗体依存性感染増強)が起こっている恐れがあります

ADEというのは大雑把に言うと、ワクチンを打つなどして、抗体が出来た人の方が、むしろ感染しやすく重症化しやすくなるものです

実際に新型コロナワクチンには、ADEを引き起こす抗体も作られることが分かっていますので、そうした原因も考えられます

いずれにせよ、ワクチン接種したからと言って、感染しにくくなることはありませんし、むしろ感染しやすくなっていますので、接種者は特に今回の流行はご注意願いたいと思います

もう一つ、ワクチンについて注意すべきデータを紹介します


上記はスウェーデンで、出生率が急激に下がっているのですが、それがコロナワクチンの接種を開始した時期と一致しているというものです

以前のブログ記事でも、ワクチンの成分が、卵巣などに集まりやすいという話をしたことがありますが、そうした危惧が現実になっているように思われます

出生率の急な低下は、スウェーデンだけで起こっているのではなくて、いま世界的に起こっています

なぜかワクチン接種が行われてきた時期と一致して、世界的に出生率が下がってきています

残念ながら、ワクチンには、コロナを感染予防する効果も無く、むしろ感染しやすくさせ、さらに様々な副作用で苦しめるだけのようです

もういい加減現実を直視して、ワクチン政策を見直さなくてはならないと思います

↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
クリックいただいた皆様に、幸せが届きますように


公式YouTubeチャンネル開設しました 。よろしければチャンネル登録お願いいたします

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

変異株が漂ってるのではなく、接種者の体内で作り出されてるのでは…?

匿名 さんのコメント...

先日、知人の娘さんが赤ちゃんを死産してしまったと聞いたばかりでしたので、洪さんのおっしゃられていることは現実になっていると感じます。
ワクチン接種で妊娠しづらくなることも分かりますし、妊婦さんがワクチン接種することにより、胎児にどれほどの害と苦しみをもたらすか、容易に想像できます。
日本では、8割の方が既に2回接種済、6割が3回目接種済と聞きますが、ワクチンにより、自ら体内にコロナの遺伝子を組み込ませた人類の行く着く先は…?
天から与えられし肉体をこのようにしてしまった人類を天はお許しになるのか?
悲観的に、ではなく、現実問題として考えています。