2022年7月9日土曜日

安倍元首相殺害の動機


昨日、安倍晋三元首相が、凶弾に撃たれて命を落とされました

ご冥福をお祈りいたします

安倍さんの死後の状況についてはスピリチュアルスクールで取り上げましたので、こちらでは犯人側の動機について書いてみたいと思います

犯行を行った人物は山上徹也という者で、自作の二段式の銃で襲撃しています

彼の自宅からは、他にも自作の銃と思われるものも複数押収されているようです

このような凶悪な犯行を行うのは、彼自身が魔に通じているからです

霊的には魔に憑依されて、凶悪な犯行に向かっています

ただし、憑依された方も、魔に通じる心境があったため憑依されるのであり、その責任を逃れられるものではありません

犯行の動機として「宗教団体に恨みがあり、そこと安倍が繋がりがあるから」との趣旨の供述をしているそうです

たしかに、何者かの組織によって、暗殺を試みられたのではなく、犯人の個人的な怨みによる犯行であると感じられます

世界情勢も色々動いている時期であり、ウクライナ紛争から、イギリスの首相も退任する事が決まった直後であり、何か政治的に裏で別な国が動いているようにも勘繰る部分もあります

ですが今回は、犯人の個人的な怨みが動機だったのでしょう

「母親が団体に多額の寄付をするなどして、家庭がむちゃくちゃになった」という供述もあるようです

おそらくは母親が朝鮮とつながりのある宗教団体に入り、そのため家庭が崩壊していったため、安倍さんを逆恨みしたものと思われます

魔という者は、カルト宗教の中に入って人々の人生を狂わせることもあれば、今回の犯人のように、それを否定する者の中に入って、狂わせることもあります

宗教にもおかしな所はたくさんありますが、かといってそれを否定する側にも、実は魔が忍び寄っているのです

たとえば政治的に言えば、共産主義を唱えたマルクスは、「宗教はアヘン=麻薬である」として否定しました

そのため共産主義国では宗教を否定してきましたが、それで人々が幸せになったかというと、政府が人々の思想信条に介入し、国にとって望ましくない考えを持つものを捕らえて、強制収容所に送ったり、処刑するような事態が起こりました

今での共産主義国の中国では、法輪功といって気功を学んでいた団体に属していた者を捕まえ、お金持ちや共産党員の臓器移植に使うために、生きたまま臓器を取られたり、数々の拷問にあっています

そのように宗教を否定する側にも、魔が入ってきて、人々を不幸に陥らす事も知っていなくてはなりません

↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
クリックいただいた皆様に、幸せが届きますように


公式YouTubeチャンネル開設しました 。よろしければチャンネル登録お願いいたします

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

もし自分が犯人の立場でしたら一体どうしたでしょう?
母親が家にあるお金を宗教に注ぎ込んで止めても止めても次から次へとお布施をして、こうしたら人生が良くなる、守られると狂ったように言い、昔の優しかった母の面影もなくなって、大好きだった母を取られた、家族をめちゃくちゃにさせられたと思うと指導者を成敗したいとそれだけだけが望みだと思ってしまうような心境になるでしょうか?
自分がその立場でしたら、ある程度のとこで母に見切りをつけるかもしれません。
引き止めるエネルギーがそこまで続かないと思います。ある程度で見切りをつけて、自分の道へとエネルギーを使い、切り開いていくかもしれません(ここら辺が守護霊さまのお導きか?心境が澄んでいないためここまでたどり着けない?)
そして家族を宗教にマインドコントロールされた人たちへの救済への手助けとなることをするかもしれません。
実際にその立場だったらムリだろう、他人事だからそう簡単に言えるのだと言われるかもしれません。
でも多分、ある程度でもう自分の手に負えないと判断し、宗教のしの字も見たくないと何年か自分の中でそのことを封印し、自分のエネルギーを徐々に蓄え、また少しずつ外の世界と交わっていくだろうと思います。
その常軌を逸した成敗してやるという(これは仮にです)そういうようなエネルギーが魔に通じているのかと考えました。
自分で考えてみてわかることはここまでです。当事者の母を殺害するのではなく、思いこんでしまっているという標的もおかしな話です(何年間も恨みを募らせ冷静ではなくなっている)
そして私は女性ですが昔から凶悪犯罪というのは男性が多いと思います。感性とか本来の性の違いかな、など思っております。
どんなことがあろうとも殺人はだめですね。悲しい事件です。このようなことになるとは誰も想像できなかったことでしょう。
長文を失礼しました。今日もありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

日本の柱を抜かれたような不安と悲しみ悔しさです。本当に一個人の単独犯行なのですか?バックがいると言う、スピリチュアルの方もいます。
日本のみならず世界にも衝撃を与えた凶行を起こした犯人は、今後どのようなカルマを背負うのか教えて頂けませんか?犯人は世界中から並々ならぬ恨みをかったと思うのですが。