2021年9月15日水曜日

ワクチン接種が進めば耐性株の拡大をもたらす


最近は日本でもワクチンパスポートの話も話題となって、政府は接種を強く進めています

しかし、このワクチンには幾つもの問題がある事は、以前から指摘している所です

ひとつには、ワクチンの効果がすぐに切れてしまう事で、半年ほどすると、その効果はほとんど失われていきます

そのためワクチン接種を先行してきた国で、感染拡大が起こっており、三回目の接種、ブースター接種と呼んでいますが、また打つこととしています

いまは三回どころか、イスラエルでは四回目の接種も計画しているとのことです

このように効き目がすぐに切れて、何度も打たなくてはならなくなります

さらに打てば健康でいられるならよいですが、ワクチンにふくまれるスパイクタンパク質そのものに健康を害する効果があると分かってきています

すでに日本ではワクチン接種を進めてから超過死亡者数が増大しており、多くの方がワクチンの影響で亡くなられているものと思われます

しかもそれらはワクチンとの因果関係は不明として扱われ、国による救済もありません

今後もさらに三度目、四度目のワクチン接種を進めていくと、ワクチンによるさらなる健康被害が発生してくるでしょう

そしてもう一つ懸念しているのが、ワクチン接種が進むことで、あらたな変異株が流行していくという事です

ワクチン接種が多数になってくれば、ワクチンによって出来た免疫を回避するようなコロナ変異株が増殖してくるはずです

ワクチン接種が進んで、既存の株は減っていきますが、変異した株が置き換わって広まります

その事を当ブログでも警告していたのですが、同様の研究結果が出てきていますので紹介します

オーストリア科学技術研究所(IST)の研究チームが発表したシミュレーションの研究結果によると、多くの人がワクチンを接種して、行動緩和していくと、ワクチン耐性株が大幅に出現する確率が上がる事が分かりました

特にワクチン接種者が約60%に達して行動緩和すると、耐性株がもっとも出てきやすい状況になります

つまり世界のワクチン接種を進めている多くの国の状況で、まさにワクチン耐性株が出てくる好条件となっています

各国の政府は、ワクチン接種を進めて、ワクチンパスポートなどで行動の制限を緩和しています

日本もそれに習おうとしている状況です

ワクチンを打った人は、自由に行動できるようにしようとしています

ですが上記のシミュレーションの結果では、まさにその状況が、ワクチン耐性株を出現させ、広める好条件となるのが分かります

以前から私の方で注意していた通りのシミュレーション結果が出ています

ワクチンは半年ほどはコロナを防げるかもしれませんが、人体に害があり、その効果もすぐに切れ、さらにワクチンが効かなくなる耐性株を増加させてしまうという事です

新型コロナには、ワクチンに頼ったり、接種すれば行動を自由にするなどの政策は間違いであり、罹った時の治療薬が大切です

安価で儲けは少ないでしょうが、既存薬のイベルメクチンやヒドロキシクロロキン(+亜鉛)は有効ですので、これらを治療薬として処方するように願います

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです


公式YouTubeチャンネル開設しました 。よろしければチャンネル登録お願いいたします

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ワクチン接種の件は、夫婦間で意見の相違があります。お互いの意見を尊重しようねと話し合っていましたが、やはり、意見のズレのせいで、少しギクシャクしています。

また、ワクチン接種は絶対にしないつもりでいましたが、兄弟がしつこく接種の予約を勧めてきたので、とうとう予約しました。兄弟が私のことをあまりにも心配してくれているので、申し訳なく思えてきたので。
友人たちもみんな接種を終えていて…。
兄弟や友人たちが接種を勧めてくれる気持ちに負けたかな…。

でも、まだ接種日までに時間があるので、願わくば、何か奇跡が起こって、接種中止になって欲しいです。

匿名 さんのコメント...

直前に具合が悪くなった等で、キャンセルか同意しないで帰ってきてもいいのです。
対立を避け、のらりくらりとかわし、機会を逃してしまったと、それでよいと思うのです。
私は自分の身を守るため、必要な言い訳を用意しています。

匿名 さんのコメント...

コンピュータシュミレーションのみならず、培養細胞を用いた実験系でも中和抗体存在下で耐性ウイルスの出現が証明されました。また昨年末の時点でブラジルのマナウスでの感染の再拡大の事例から、集団免疫は無理筋のゴールであった事が指摘されていました。ただ医師や科学者といえどもこうした真っ当な科学的知見を声高にすると社会から抹殺されかねないので口をつぐむしかないようです。

匿名 さんのコメント...

何故、ワクチンの接種回数を増やしてゆくのか。このことは実は単純明快なことです。それは変異株をつくりだすためです。ワクチン接種の究極の変異株をできるだけ多数つくりだすことなのです。それではどこの国で多数の変異株を作り出すことができるのか。つまり日本なのです。それは何故なのか。

 これから三回目のワクチンが医師や看護師を対象に行われると思います。そしてさらに、医師や看護師へのワクチンは、回数が増えてゆくことでしょう。始めにワクチンを打ったのも医師と看護師でした。そしてこれから毎回毎回、医師と看護師はワクチンを打ってゆくと思います。

 なんのために、それは医師や看護師の体を用いて変異株を作り出すためです。究極の医原病とは、遺伝子組み換えワクチン漬けにされた医者の体を使って、変異株を多数日本の医師の体を使って作り出すことなのです。医者が病院の中で、変異株を体の中で作って、院内感染を起こしてゆくのです。それも変異株を放出してゆくのです。そしてこれが究極の医原病。病院の中でコロナの治療をする医師が、コロナの遺伝子組み換えワクチン漬けにされて、そしてその医師が病院の中で変異株を放出する。

 そしてそのそようなことが日本全国の病院の医師が、遺伝子組み換えワクチン漬けにされているから、全国の病院の中で変異株が放出されてくるのです。そのようになるとどうなるでしょうか。変異株を自分の体で作り出す医師が医原病の感染源となって、病院の中に変異株をまき散らすのです。そして病院を遺伝子組み換えワクチン漬けになった医師が、自分で破壊してゆくのです。

 もともと医師というのは、日頃から、患者を薬漬け、抗生物質漬けにしても、平気な感覚の持ち主ですから、遺伝子組み換えワクチンの接種を十回も二十回も打って、ワクチン漬けになっても、何一つ疑問に持たないのです。そんな医師たちのワクチン漬けの体から変異ウイルスを生みすこと。これが、本当の目的であり、そのためには簡単に日本の医師はワクチン漬けができる実験材料なのです。

 製薬会社が問題ありませんとデータの数字を出せば、トップダウンで病院はワクチン接種を繰り返してゆくと思います。だれも疑問に思って反対する医師はいないはずです。みずから進んでワクチン漬けになるでしょう。日本の医師というのは、基本的にバカであり、アメリカの製薬会社から言われれば、データを出せば、安心ですと評価すれば、平気でワクチンを何十回も打つ人間たちであり、だれも反対したり疑問提起する医師なんて一人もいません。

 ですから、そんな日本の医師たちに、安心ですとアメリカの製薬会社が日本の医師に資料を渡せば、無制限でワクチンを打って、簡単に日本の医師たちをワクチン漬けにして、医師の体を使って変異株を全国の病院の医師の体を使って作り出すことにあるのです。

 このワクチン漬けにとなった医師たちの体から変異株を作り出させて、それぞれの病院の中に変異株を放出させることこそ、究極の医原病であり、そのために、日本の医師たちはこれから無制限に遺伝子組み換えワクチンを打つようになるのです。だれも反対する医師は、日本の中にはいませんから、簡単に作り出せるでしょう。薬漬け、抗生物質漬けをいつもしている日本の医師たちですから、自分の体が遺伝子組み換えワクチン漬けになっても、誰も医師たちは疑問に思わないと思います。

 だから、日本の医師や看護師のこんな性格を踏まえて、究極の医原病を医師の体で実験するために、日本で変異株を多数作り出すことが目的なのです。日本の医師は、ワクチン打つことに疑問を持たないから、簡単に変異株を作り出せるということです。これから、日本の医師たちが多数の変異株を作り出した原因者と評価されるのです。簡単に日本では作ることができる。それは日本の医者がバカだから。だからどんどんワクチンを医師が自分の体に打ち続けて、変異株を自らの体で作り出し、日本の病院をこの医師たちの医原病によって自爆させてゆくということ。これが本当の目的なのでしょう。

 つまり本当の意味での医療崩壊。本当の意味での医療崩壊とは、医師が遺伝子組み換えワクチン漬けとなって変異株を自分の体でつり出し、病院の中に放出してしまうことなのです。この医師が生み出す医原病によって日本の病院は本当の医療崩壊してゆくのです。そしてそのために、医師も看護師たちも、これからどんどん遺伝子組み換えワクチンを打って、薬漬け、抗生物質漬けと同じようにワクチン漬けとなって、変異株を生み出すまで、ワクチンを打ち続けるのです。そのようなことにだれ一人意義を提起して、アメリカの製薬会社に盾突ける医者なんて、日本には一人もいません。医者は、ロボットなのですから、上からの命令には何でもきくのです。恐らく何の疑問もなく、変異株を作るために、ワクチン漬けになるでしょう。



匿名 さんのコメント...

 ワチクンパスポートは、有力な国家犯罪の社会的生物学的証拠となる。このように述べると、どうして国家犯罪の証拠・証明となるのかと疑問を持たれる方もいると思いますが、ワクチンパスポートは、ワクチンを打っていない人に対して、行動の自由を奪い、脅しで危険なワクチンを打たせるという目的の他に、すでにワクチンを打った人に対して追加してワクチンを打たせるという側面もあるのです。

 それではこの追加して、これから感染爆発が起きて、変異株が生まれる度ごとにワクチンを打ってゆく必要性があるのかということなのです。生物学的免疫学的には、ワクチンを複数回打ち続けてゆくと、そのワクチンが原因となって、様々な変異株が生まれてきて、新たな変異株とワクチンのいたちごっことなり、ワクチンを打てば打つほど、変異株のリスクが大きくなってゆくのです。

 つまりワクチンパスポートには免疫学的根拠がないのです。打てば打つほど変異株を放出してゆく危険を生んでゆくのです。そのような免疫学的根拠があるにも関わらず、ワクチンパスポートを作る他に何か免疫学的根拠があるのでしょうか。

 つまり政府が、長期間にわたるワクチンパスポートには、免疫学的科学的裏付けとなる根拠がないのに、このワクチンパスポートを行うという理由は、多くの日本国民に長期間の間、ワクチンを打たせて、日本国内の中で、多数の変異株を放出してゆくということ以外の科学的免疫学的根拠は見当たらないのです。

 つまり日本国内に多数の変異株を作り出すということは、そのまま日本政府が、日本人・日本国民の生命と財産を失わせる行為をしているという科学的根拠となり、それはそのまま、ワクチンパスポートが日本政府と厚生労働省の国家犯罪の科学的免疫学的根拠となる証拠・証明となるということです。つまり、彼らが作るワクチンパスポートが彼らの犯罪の科学的生物学的証拠となってしまうのです。

 たとえば、日本人の五千万人の国民が、五千万人一人一人にワクチンパスポートが行くとということは、彼らの国家犯罪の科学的証拠物件を五千万人の日本国民が証拠を握るということなのです。ワクチンを打ち続ける免疫学根拠がないのですから、それでもパスポートを作るということは、国家が変異株を日本国内に多数、国民に作らせて、国民の生命と財産を奪い、国家による国民の大量察人を犯そうとしたことの明確な生物学的証拠を五千万人の人間が握るということなのです。

 つまり、ワクチンパスポートは、国家犯罪を証明する科学的証拠物件であり、多くの国民が証拠を握るということであり、このパスポートを発行した政権与党と厚生労働省は、国民の生命を奪おうとした国家犯罪として国会議員と厚労省の職員全員が裁判の法廷に立つことになるのです。つまり、戦争犯罪による大量察人を犯した罪として、政権与党と官僚たちは、裁判にかけられるべきなのです。

 そのようなことで、私たち国民は、ワクチンを複数回打ってゆくとどうなるのか、知らなければなりません。日本の医師たちは、基本的に製薬会社のデータを読んで判断しかしない大馬鹿ものなので、ダメなのです。彼らは、薬づけ、抗生物質づけ、ワクチン漬けが当たり前の薬物中毒であり、世間人よりも実は頭の作りがバカで良心なんてない人で、トップダウンの命令に金をもらって従うロボットです。そしてけして自分の体でワクチンを検証するということもしない。典型的な教科書人間。製薬会社の数字を読んで判断するだけの人たちです。

 それに対して、海外の医師たちは、ワクチンを打っておかしくなって診察をしにきた人たちの検証のための検査をきちんとしているのです。製薬会社の数字で判断したり、因果不明の言葉でちゃかすことはしない。きちんと精査してゆくと、ワクチンの実態がわかってくるのです。日本の医師には、ワクチンを自分で調べて検証することもなく、因果関係不明で終わりなのです。これは科学的思考の放棄であり、自分はバカですと自分で言っているよなものなのです。

 おそらく、日本の大多数の医師たちは、ワクチン漬けになってゆくでしょう。そしてワクチンづけになって安心しているのが、日本の医師たちの実態であると思います。薬漬け、抗生物質づけ、そして最後は、ワクチンづけとなって、最後は、日本全国の医師たちの体から変異株が大量に生まれて、それが究極の医原病となって、医師が変異株を病院の中に拡散してゆき、医師が医療崩壊の原因を作ってゆく。何故なら、医師たちが、ワクチン漬けになって喜んでいたからです。この世間を超えて狂った医者の感覚が、実は病院のみならず、日本という国を滅ぼしてゆく原因となるのです。