2018年3月22日木曜日

幸せと不幸を分ける原点


私たちはこの地球に、幼い肉体に宿って生まれてきました


生まれたての私たちは、自ら歩くことも出来ずしゃべれずに、ただ、泣いて庇護を求める事しかできません

生まれたまま自然に放置されれば、数日も生きる事が出来ないでしょう

そのような何もない私たちが、今日まで無事に成長してきた事実の背後には、多くのものを与えられてきたという事実があります

今、生かされているという事は、少なくとも生存のための条件を与えられてきたということです

しかし、与えられてきたものを忘れ、いつしか足りない事に目がいき、不満ばかりが募ってきてしまうのが私たちでもあります

その原点にあるのが、他者との比較です

「あの人はこれだけ与えられているのに、自分はもらえていない」そうした他との比較によって、不平不満が出てきてしまいます

たとえば兄弟の中で、いつも褒められたり、親の愛情を多く受けているように感じられると、自分にはその分、少なく与えられていると感じて、幼いころから不満を抱くことがあるでしょう

あるいは家が貧しくて、欲しいものがもらえなかったとしたら、裕福な友達が、色んなものを持っているのを見て、うらやましく思ってしまいます

社会に出ても、同僚が早く出世するのを見ては嫉妬したり、素敵な異性と結婚する同世代の人を見てはうらやましく感じ、知り合いが早く家を建てたら妬むこともあるでしょう

そのように、多くを与えられて生かされてきた私たちですが、他者との比較する目によって、不平不満がつのり、苦しみを生んでいくようになります

人間は本来、それぞれが自分だけの人生課題・テーマをもって生まれてきた存在であり、他人と比較できないオリジナルな存在なのです

その真実を忘れてしまったところに、他者との比較による不幸の芽は出てきます


関連記事



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます