2020年4月30日木曜日

敏感で心が疲れやすい人間・HSPへの対処


ハイリー・センシティブ・パーソン(英語: Highly sensitive person, HSP)は、敏感、繊細で感受性が高く生きづらい人とされます

彼らに共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感である。HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている

名付け親のエレイン・アーロン博士によると、HSPには頭文字を取って「DOES(ダズ)」と名付けた4つの特性があると言われています

【Depth of processing】考え方が複雑で、深く考えてから行動する
  • 一を聞いて、十のことを想像し、考えられる
  • 調べ物をはじめると深く掘り下げ、その知識の広さを周りに驚かれる
  • お世辞や嘲笑をすぐに見抜いてしまう
  • 物事を始めるまでにあれこれ考え、時間がかかる
  • その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話しが嫌い

【Overstimulation】刺激に敏感で疲れやすい
  • 人混みや大きな音が苦手
  • 友達との時間は楽しいものの、気疲れしやすく帰宅すると、どっと疲れている
  • 映画や音楽、本などの芸術作品に感動して泣く
  • 人の些細な言葉に傷つき、いつまでも忘れられない
  • 些細なことに過剰なほど驚いてしまう

【Empathy and emotional responsiveness】人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい
  • 人が怒られていると自分のことのように感じ、傷ついたり、お腹が痛くなったりする
  • 悲しい映画や本などの登場人物に感情移入し、号泣する
  • 人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や思っていることがわかる
  • 言葉を話せない幼児や動物の気持ちも察することができる

【Sensitivity to subtleties】あらゆる感覚がするどい
  • 冷蔵庫の機械音や時計の音が気になってしまう
  • 強い光や日光のまぶしさなどが苦手
  • 近くにいる人の口臭やタバコの臭いで気分が悪くなる
  • カフェインや添加物に敏感に反応してしまう
  • 肌着のタグなどチクチクする素材が我慢できないほど気になる
  • 第六感がはたらき、よく当たる
以上、下記サイトより引用
https://www.shinjuku-stress.com/column/psychosomatic/hsp/

これらの条件を拝見していますと、ひとつの原因ではなくて、幾つかの理由のものがHSPという一つの症状にまとめられているように思われます

おそらくは外部からの刺激に過敏な人と、エンパス能力の高い人、内向的な人の特徴とがひとまとめにされているようです

ですが、これらの原因は一つではなく、それぞれに要因も異なっています

エンパスについては別な機会について書きましたので、今回は外部からの刺激に過敏に反応してしまう方について書いてみたいと思います

睡眠中にわずかな物音でもびっくりして飛び起きたりする人がいますが、そうした人の事を指します

以前に「アメトーーク」というテレビ番組で、ビビり1グランプリという企画をしていて、芸人さんにどっきりを仕掛けるのですが、普通の人よりもものすごくびっくりする反応が強い方が多く出られていました

普通の人のなら、軽く振り向く程度の事でも、彼らは腰を抜かしたり、大声をあげたり、固まってしまうなどの激しい反応を見せます

医学的には脳の反応の部分の問題とされているかも知れませんが、スピリチュアルな視点から述べてみます

こうした感覚が過敏である方を拝見していて感じるのは、前世などで、敵に襲われて殺されたり、大きな傷をおった体験があるように感じられます

たとえば戦場に行って、夜中でも敵が襲ってくるかもしれないという緊張状態でいて、心の休まる時がない体験をしたときには、生まれ変わっても、当時の記憶があって、寝ていても音や光などに、過敏に反応することがあります

そうした緊張状態にある前世の経験を今世も引きずってしまって、同じような過敏な反応をしてしまうわけですね

これらへの対処法として簡単なものでは、寝る前などに「今は安全な世界に生きている。安心して暮らせる幸せに包まれている」そう自分にいい聞かせて眠ることです

睡眠前には、潜在意識と繋がりやすくなっていますので、その時に言葉をかけていると、潜在意識に入り込みやすく、刷り込まれていきます

自己暗示をかけるということです

そうして潜在意識に残っている前世からの反応を消していきます

もっと深く改善をおこなうには、退行催眠などで、前世の記憶を思い起こして、その時の感情を消化させることでしょう

難易度が高いですが、そうした方法もあります

↓金色の星の画像を一日一回、応援クリックいただけたら幸いです


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事





5 件のコメント:

  1. 私はエレベーターが苦手です

    返信削除
  2. 洪さん、初めまして。洪さんのブログはとても勉強になり、とても信頼できると思って楽しみに読んでいます。私は仕事中に名前を呼ばれるとほぼ100%びっくりしてしまいます。光や音にも過敏だったのですが、それは治りました。繊細で気にしすぎる性格は直したいです。私も霊的真理を20歳くらいの時に勉強しました。最近は、この世がいいものか悪いものか分からなくなってしまいました。

    返信削除
  3. 風船を膨らませるのが苦手です。あと、スパークリングワイン等の開栓も異様に怖いです。目の前での爆発音にビビります。人の感情に敏感で影響されやすいし、面倒な性格で疲れます。図太い人が羨ましいですね。嫌いだけど。

    返信削除
  4. ほとんど自分に当てはまります(+_+)
    洋服のタグなどチクチク嫌いです。服の縫い目も気になるので、インナーは裏返しに来たりします。
    靴も幅やそこや硬さが気になったりで、
    滅多に合う靴がありません(TT)(TT)
    タバコの匂い、柔軟剤の匂い(最近は強烈な匂いの柔軟剤が多すぎる>.<)、香水なども苦手です。
    人が集まるところへ行くと、
    そういう匂いは必ずするので、辛くて、
    交友関係が狭まってしまって、
    どうしたらいいかわからなくなります(TT)

    返信削除
  5. 私も以前はそうでした。
    神経質ですし、外側にあるものは全て自分を攻撃してくる敵!というのが根底にあるため、身体は常に緊張して硬直していました。
    それが自分では普通だったので、「他の人は何でそんなにのんきでいられるのだろう?」と不思議に思っていたのですよね。
    今思えば、自分がそう思っているから、そういった敵みたいな人や環境を知らず知らずのうちに引き寄せていたのですよね。。
    それがわかってからは、そういった思い込みは手放し、人間関係を整理して環境も自分の居心地が良いように変えました。
    今はだいぶ身体も緩んで、生きやすくなってきましたよ^ ^

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます