2020年4月23日木曜日

病を癒すための祈りとヒーリング


新型コロナウイルスの流行もありますし、医療現場が混乱している状況です



様々な問題も露わになり、先行きの不安や経済悪化などで、病気になる人も増えてきていると思います

こうした時期にはどうしても変調をきたしたりするものです

身近な方が病気になられたり、体調が優れなかったりする時に、その方に対して行える祈りやヒーリングいついてお伝えしたいと思います

まずその方のお名前を呼んで、以下の祈り文を捧げます

「主よ、どうか病めるあなたの子をお助けください

あなたの御光をお分けください

私を傷つけた者たちを私が許しますように

私たちの罪をお許しください

悪しき者から私たちをお守りください

光に勝てる闇が無いように、

主の御光によって病魔を除きください」

つぎに、その方を目の前にイメージして、頭上から光の玉が降りてくるのを想像します

両手の握りこぶしほどの大きさの光の玉には、癒しの力が込められています

光の玉がその人の頭の上に降りてきて、頭頂部に着くと、ゆっくり溶け出して光のオイルになって流れてきます

光のオイルは、ゆっくりとその人の頭から首、胸元へ、そしてお腹から腰、ふとももから足先へと、全身を覆っていくのをイメージします

全身が癒しの力が込められた光のオイルで満たされていくのをイメージするのです

このように祈りとイメージを使って、癒しを願いましょう

関連記事



7 件のコメント:

  1. 先生、大切な友人が病気で心配なので、お祈りの仕方を教えて下さりありがとうございます。

    返信削除
  2. 88歳米寿の祖母が入院中です。
    面会謝絶のため会うことも許されません。




    返信削除
  3. ステキな祈りですね!

    (神様がいつも私たちのことを守ろうとしてくださっているのに)エゴはその手をはねのけるのですが、神様に対して素直に祈るときはエゴも手が出せませんので、ぜひ、心のこもったステキなお祈りは皆さんにおススメしたいものです!

    きっと、この祈りによってあたたかな神様の愛を感じ、癒される人も多いことと思います!

    なぜならそれこそが、神様の願いだからです(#^.^#)

    返信削除
  4. 目の前の人の苦しみは、回り回って自分が作っているのかもしれない、、
    他人を許し、自分も許すこと。
    ホ・オポノポノと同じですね。
    「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」

    大切な人のために祈りたいと思います。
    いつもありがとうございます。

    返信削除
  5. 感謝、かんしゃ、カンシャ、、
    「感謝」というメッセージが、何だかいっぱい来ています(゚o゚;;オヨヨ

    「感謝しましょう!」という意味は勿論あると思うのですが、他にも何か意味がある様に思いまして、考えたところ、、
    「受け取りましょう」「心を開きましょう」という事なのではないかと。
    誰かに何かをしてもらうとか、ご好意なりを「心を開いて」「受け取る」ことをしないと、感謝することができませんもんね!
    「ありがたく受け取り、感謝する」という事が大事なのかな〜と思いました☆

    返信削除
  6. 苦境に立たされた時に本性が出ると言うのは真実ですね。
    震災の時も新型コロナの時も平凡な日常に感謝できる人が増えて、何か少しでも世の中のために自分に出来ることは無いかと考え行動に移す人が増えました。
    その反面、詐欺や人の弱みにつけこむ嫌な行為を行う者も増えました。

    震災の時は私自身は鬱が酷く何も出来なかったので、今回は少しでも何か役に立ちたいです。

    教えていただいた祈りと日々の生き方考え方、行動を少しでも善くしたいです。

    返信削除
  7. 原泰久さんの漫画キングダムを読んでいます
    秦の始皇帝となる嬴政が語る中華統一をなすべく問われる人の本質とは



    中国が好きという訳では無い私ですが、今このコロナが猛威をふるうご時世
    コロナの出処
    人の本質とは
    心のあり方とは
    人間とは
    家族とは
    国家とは

    通ずるものがあると感じております

    いつの世も人を動かすのは光を纏う人

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます