2020年4月2日木曜日

アメリカは今後厳しい状況になると予想…日本は?


アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大が続き、今日時点で21万人の感染者が出ており、死者の数は五千人を超えています

そのアメリカでは今後、最低でも10万人から20万人の死者が出ると発表し、何もしなければ150万人から220万人に上るだろうと伝えています

それだけ危機的な状況に陥る可能性がある事を示唆しています

現在の状況はまだ入り口であり、これからが感染拡大の本格的な時期に入り、大変厳しい状況が発生してきます

おそらく皆様も、これから厳しい世界の状況を目の当たりにしていくでしょう

今がピークなどではなく、これからが本番という事です

そして日本は対岸の火事のように感じ「海外は大変だな」と感じているかも知れませんが、アメリカに起こる出来事が、これから日本に訪れる未来にもなるかも知れないのです

人口がアメリカの半分としても、五万人の死者がでるとなったら大変でしょう

それだけの被害が出る事は、一般の方は誰も想像していないのではないでしょうか

百年前のスペイン風邪が世界的なパンデミックを起こした時には、実際に日本でも45万人の方が亡くなられています

それだけの危機が日本にも訪れる可能性があるのです

アメリカやヨーロッパで起こっていることは、よそ事ではなくて、やがて日本でも起こる可能性が高い出来事なのです

他の国の事を通して、私たちは未来の日本を見ていると思わないといけません

日本でも、もうじき医療が追い付けない状況が出てくるでしょう

平常時では信じられないような出来事が起こってきます

パンデミックが起こることは私が前から警告していたことであり、その予言は現実のものとなっています

日本でも最悪の場合、百万人の死者が出て、善処したとしても5万人の方が亡くなるような事態になればたいへんでしょう

それだけの危機が訪れる可能性があるのです

あまり甘い認識をもって、ゆるい規制をしていると、そうした危機的な状況になっていくかも知れません

覚悟をもって未来に当たっていかなくてはなりません

関連記事



7 件のコメント:

  1. ニューヨークは中国と密な関係だから感染者増えてるんですか?洪さんのスピ的観点からいくと?

    返信削除
    返信
    1. パンデミックを利用して米国を沈め、かわりに中国が浮上というシナリオかな?トランプがコロナにかかったらそこで試合終了ですよ。

      削除
  2. アメリカと日本の温度差に呆れます。
    お魚券お肉券で、うんざりしました。
    国民が減ると税収も減るし経済だって停滞するのになぁ、と単純に考えてしまうのですが、そこは考えないのかな?
    ただ単に議員の間だけ、乗り切れば良いとの考えなのか‥謎です。

    返信削除
  3. この状況でもまだ中国共産党はあがき、お金で他国を従わせようとしてるのですかね…。人の命よりお金がやはりトップですか…。
    お金は今の世界では生きていくのに必要不可欠ですよね!それはわかります!
    でも、なにかおかしくないですか?
    お金がなければ生きていけない。
    だからお金の為に働く。
    嫌な事でも、なんでも、お金をくれる人の命令に従いこなしていく。
    例え他人が嫌な思いや、間接的に死においこんでもお金を稼ぐためなら仕方ない、と…。
    まるで野生のハイエナのような動物の社会ですね。
    前向きに考えましょう!
    これはお金と言う、今まで当たり前だった物から脱皮して新しいステージに向かうきっかけだと、私は思ってます!

    返信削除
  4. トップが違うとここまで対策が違うのかと思いました………🤔💭他国は、消費税を無くしたり、給付金を数十万円だしたりしているのに日本はマスク2枚😂!
    Twitterでも炎上してますよね?

    返信削除
  5. 個人レベルで出来る事は都市部では限界に来ていると思います。
    専門家も強い措置を取らないと手遅れと警告していました。
    それなのに首相はギリギリ持ちこたえているから宣言しない!とか…。もう本当に意味が分からないですね。このままでは国に殺されてしまいます。

    返信削除
  6. 前回のコメントにも書きましたが改めて、ニューヨーク在住の方が、現在のニューヨークの様子と日本への警告をしてくれました…

    ニューヨークは3週間前がちょうど今の日本の感じで、まだ人ごとで平気で外出していたとのこと。

    その後1週間でまたたくまに感染が拡大して、まずは病院がパンクして受診できなくなり、感染後はどこにも受診できずひたすら自宅で苦しんで亡くなる人などが増え、そのあまりの恐怖に(よっぽどのことがない限りマスクをしないアメリカ人が)みんなマスクと手術用のようなビニール手袋をしているとのこと。

    しかも、そんな状況の中で(いつも隅っこに追いやられてきた)ホームレスや麻薬中毒者などが「オレたちの時代がきた!」とばかりに公園を放火したりするので、一般の人たちはほぼ外出せずずっと自宅にいて、必要があっても必ず車で外出するとのこと(無防備に出歩く人はいないとのこと)。

    ひとことで言えば今のニューヨークは『リアルなバイオハザードの世界です』とのことです…それは、本当に地獄絵図の世界ではないでしょうか。

    これこそが、エゴを突き詰めた世界です。
    外に出れば襲われる、どれだけ症状が悪化しても受診させてもらえない(医療者も倒れていくからです)…
    エゴの、エゴによる、エゴの突き詰められた世界がこれです。

    これが、今のニューヨークだそうです。
    だから、今の日本の人たちは、今なら抑えられるから不要な外出はしないで!と警告してくれました。

    感染者が多い都市はもちろんのこと、まだ少ない場所におられる方々も、不要な外出は控えて・必要な外出はマスクと消毒を持ち歩いて…今、ここでどれだけ意識できるかが、本当に、今後の日本を救うか地獄にするかを決めるように感じました…!!

    必要最低限の食料と日用品を買って、自宅でのんびりと過ごす…今、ここでそれを意識できれば(ニューヨークの地獄絵図と比べたら)まだまだ救われるはずです!

    人ごとではなく自分ごととして捉えられるかどうか、が本当に問われているように思います…!!

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます