2020年4月10日金曜日

ウイルスや放射能などの災害の続く霊的意味|目に見えぬものへの恐れ


いま世界は新型コロナウイルスの拡散によって、肉体の目には見えないモノへの恐れが広まっています



ウイルスは大変小さなものですから、人間の肉体の目では直接に見る事が出来ません

そうした目に見えぬものに、私たちは恐れを抱いています

それは以前の放射能への恐れが蔓延した事にも通じるでしょう

東日本大震災の時に、原発事故が起こって、人々は目に見えない放射能に怯える日が続いたと思います

目に見えぬものに、私たちは恐れを抱く出来事が続いています

こうした出来事は偶然に引き起こされたのではなくて、何らかの意図が背後に含まれていると思います

私たち現代人は、科学の発達によって、自然を克服して豊かな生活を手に入れているように見えます

しかし、その中には失ったもの、捨ててきたものもあったのではないでしょうか

昔の人々は、身に見えぬ神仏を畏れ敬う心を持っていました

災害や病、事故などが起こらぬよう、神仏に祈り、謙虚に生きてきたところがありました

ですが現代は、科学技術によって、災害を防止したり、病気の治療をし、事故を防止していく事で、神仏や目に見えぬ存在への恐れを無くしていく歴史だったと思います

人類は慢心してしまい、目に見える物だけに関心を向け、霊的な物事への意識を失ってきました

そうしたなかで、放射能やウイルスなど、目に見えぬものの脅威が、私たちに迫っているのです

これには、現代人が目に見えぬものへの恐れを失っていたことを示す出来事だと思います

この地球に肉体をもって生きていけるには、神仏の許可があり、加護があって人類は存在を許されています

その人類が魂の親の存在を忘れて、唯物的に生きていることは、許されることなのか問われています

これらの災害は、科学万能に陥った人類が、もう一度、目に見えぬ存在へのおそれを取り戻す必要がある事を伝えてきているように思います

関連記事



7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

見えない存在は今まで幾度となく伝えてくれていたのに、おかしいと思いながらも見て見ない振りをしてきてしまいました。
今一度、ご加護があって生きられているということを思い出し、感謝して謙虚に生きたいと思います。

匿名 さんのコメント...

今までは平和過ぎてどこかいつも不安でした。
変かもしれませんが、今の状況に逆に安心しています。
正しく恐れることは必要なのですね。

ゆるふわ。 さんのコメント...

今回の事態は、神様に生かされている感謝を忘れ、傲慢にも自分の力だけで生きていると勘違いする私たちエゴが引き起こした自業自得の醜い反作用です。

もしも私たちが今でも謙虚に、太陽の光や空気や水に感謝し、地球のもたらす恵みに感謝し、それを大切にしながらみんなで分け合う慎ましい生活をしていれば、今回のようなことはそもそも起こり得ませんでした。

誰かを不幸にするために開発したウイルスなど神様が喜ばれるわけないのですから、本当に愚かで醜いエゴの欲の思惑が結局私たちのことを不幸にした…エゴというのがどれだけ愚かで捨てるべきものなのか、そろそろ本気で気付いてもよいと思います。

だから本当に、ここで気付くかどうかが大きな分かれ目となります…もちろん、それがどんな意味なのか・ではどうすればよいのかは、洪さんのメッセージを真摯に読まれる方々ならもうお分かりかと思います!

1日も早く安心の生活を取り戻そうと思うのなら、みんなが本当に正しい生き方を取り戻すことが先決です。

生かされていることへの感謝と、謙虚に助け合う思いやりを、今ここから、始めましょう!

匿名 さんのコメント...

深いお話ありがとうございます。
私が子供の頃(昭和)は見えないものを敬う心は存在してました。
大人になると(平成)は見えないものを敬う心を嘲笑う社会になったような気がします。
もう一度原点回帰する必要があると思います。

コメントを今書きながら、今起こってる状況はまさにこの事だと思います。神様は凄いです。

コロナや放射能で見えないものの存在を理解し、外国に依存してたものを、国内でやる(原点回帰)を思いださせる。今までの清算が、2020年。

匿名 さんのコメント...

全国でお祭りも中止になっています。特に神社を敬う祭礼には、今まで健康に生きてこられた感謝や、この先の未来にもたくさん食べ物が実り、生きられるようにとの祈りなど、捧げ感謝する儀式だと思います。
今こそ、神様に対する感謝、そして祈りを届けるために、お祭りをするべきではないかと思うのですが、この状況でたくさんの人が集まるのは危険ですから、中止もやむを得ませんが、大変残念に思っております。
家の中から天に向かって、ささやかながら祈りたいと思います。

匿名 さんのコメント...

我が国のお祭りなどの神事は、五穀豊穣などを祈るものなどが多く、神事ができないときは災い(自然災害など)が起こることがありますね。先人の知恵。
今回は祭りは自粛が多い。やりたくても出来ないから。それで国内に神様は災いを起こすことはないと思います。ということは神様の怒りは中国共産党に向かうでしょう。世界各国の怒りも同様ですね。
中国共産党は悪行の反動が凄そうです。
先生の仰る通り、2020年、中国で大イベントとなりそうです。

匿名 さんのコメント...

呼吸をする時、スムーズに空気を吸ってはく事が出来る事に感謝してます。美しい地球。美しい空や海や山並。そこに息づくあらゆるもの。やっぱり、この星は奇跡ですね。最近、宇宙開発云々叫ばれてますが、宇宙ではちょとしたアクシデントで人は適応出来ず死んでしまいます。人は地球でしか生きていけないんです。地球を愛し、隣人を愛し、動植物を愛しましょう。あれ?そしたらもはやそこは天国じゃないですか?😮