2019年7月28日日曜日

山本太郎さんの前世【れいわ新選組】

もとタレントで政治家をしています山本太郎さんについては以前にとりあげましたが、今回の選挙で話題ともなっていますの、再度加筆して取り上げてみたいと思います

先日の参議院選挙では山本太郎氏は「れいわ新選組」という新党を立ち上げ、比例で200万票以上を獲得して、国会議員を二名出しています

本人は名簿三位にしていたので当選しませんでしたが、れいわ新撰組の二人の方が当選する形になっています

そのお二人とも車椅子を要する方ですので、そうした事でも話題となっています

山本太郎さんはれいわ新選組を名乗られていますが、やはり前世において新選組におられた方なのでしょう

旧勢力に属する方で、新しい波によって滅ぼさるれることが多かったようです

それは以前に霊視した時にも、やはり同様に旧勢力に属していて滅びつという経験をされています

以前に紹介した山本太郎さんの前世を述べてみます

ひとつ見えたのは国は分からないですが、ほとんど裸のような姿で腰蓑のようなものをして槍を持って飛び跳ねたり、激しく踊ったりしている姿が見えます

おそらくアフリカあたりの国ではないかと思われます

狩猟採集を中心とした生活をしている民族の若手のリーダーのような存在であったと思います

その地域に白人が進出してきた時代です

山本太郎さんのいた民族は白人たちに騙されたような格好で、住んでいた土地から追い出されたようです

争いを避けて黙って移住しようという意見が主流でしたが、この前世の若手のリーダーは仲間を引き連れて戦いを挑んだようです

結果は残念ながら敗れ去っています

騙されて大切な自然の土地を奪われたため、文明を持った国に対する怒りというのが残されている気がいたします

さらにさかのぼると、古い時代の日本でも生まれていたようです

この時も、おもに山あいに暮らす狩猟民族であったようです

その土地に当時は最先端の文明であった水田での稲作をする民族(これは大和民族といっていいでしょう)が次第に進出してきた時代です

その当時も進出してきた国によって滅ぼされるという経験をしたはずです

このようの経験から、中央政権への不信感や怒りなどが出てきているのではないかと思います

新選組も旧勢力である幕府軍に属しながら、やがて滅ぼされていったのは同じような運命を持っていると言えるでしょう

本来は自然の大切さを訴える魂であるのですが、前世において滅ぼされたり、騙されたような経験から、文明を恨み、その科学技術の最先端の象徴でもある原子力に強く否定する思いと、被害妄想的な考えが出ているのでしょう

山本太郎さんは、以前に小沢一郎さんのもとに属していたこともありますが、小沢一郎さんもかつては中央政府に逆らって滅ぼされたことのある地方の豪族であった過去世があると思います

そうした似たような傾向性を持つ人たちが、互いに引き寄せあっていたところがあるでしょう

両者に共通するのは、人々の政府に対する不平不満や、ネガティブな思いを力にして、自らのエネルギーにしているところです

人々の思念というのは目には見えませんが、一定の力を持っていて、何らかの働きを成すものとして世の中に影響を与えています

それには世の中を良くするポジティブな念もありますが、社会の破壊をもたらすネガティブな念も存在しています

ネガティブな念で世の中が動いた時には、破壊の力が働き、没落していったり、衰退する方向に進んでいきます

マルクス主義も人々の金持ちに対する嫉妬の念が乗っかって世界に波及した面がありますが、結局は不幸な国を作り出してしまっているでしょう

山本太郎さんについて感じるのも、やはり人々の怒りや憎しみ、不平不満などのネガティブな念を集めて、それを力としているように感じられます

そうした人が力を持ってくると、国に対しても破壊するような方向に動いていくでしょう

かつて民主党が政権を取った時代もありましたが、民主党を陰で動かしていたのも、やはりネガティブな想念が多かったと思います

日本には大和朝廷に滅ぼされた人々の恨みや、明治維新によって滅ぼされた旧幕府軍の亡霊もいますので、そうした霊的な力が山本太郎さんの、れいわ新選組バックアップしているのだろうと感じられます

山本太郎さんは過激な言動で、世の中に不満を持っている人からの支援を受けているでしょうが、残念ながら力を持つと国を衰退する作用となっていくでしょう

彼についてはそのように感じられます

関連記事



9 件のコメント:

  1. 山本太郎さんは2004年大河ドラマ「新選組!」で原田左之助を演じられていたのですが、隊士の中で唯一の槍の使い手でした。他の隊士が刀を差している中で、一人槍を武器としていたのが異風を放っており、とても印象に残っています。
    前世においても槍を使って狩猟採集していたということを聞き、それと通じるなと思いコメントいたしました。

    返信削除
  2. 沖縄もそういった魂の人が多いのだろうかと思いましたがまた別の機会で記事を書いていただけると嬉しいです。本島と離島では少し違うかもしれませんね。

    返信削除
  3.  彼ですが改革を目指すにしても、モチベーションを「怒り」から本来の「自然と弱者の擁護」に戻したらプラス方向にならないものなんでしょうか?  世の中を良くしようというせっかくの熱意がもったいない気がします。

    野党の与党批判のように、つい物事を善悪に分けて見がちな私達の姿勢にも問題があるのかもしれません。
     " 犯人探し " で一見納得しやすい原因を見つけることや、" 絶対の善や正義 " を見つけることで安心を得ようとする心理的働きが人にはあると思うのですが、片方だけに肩入れすると大きな見落としや根本的解決になってない場合もありますよね。 洪さんのフラットな姿勢から大局的な物事の見方を学ばせて頂いています。

    またネガ寄りな民族的祖先(ネガ≠悪)の存在が現世に影響を及ぼしている見解は大変興味深かったです。 
     終戦記念日や旧盆も近づいています。
    大和朝廷時代でも近代戦争時代でも、 " 私達の先祖 " のネガティブとなるに至った由縁や無念の思いを知り、現世の私達が鎮めるのに貢献できることはないかなど、祖先に想いをはせる記事をいただけたら嬉しいです(^-^)

    返信削除
    返信
    1. 「熱意が勿体ないlと書いた者です。上記事を書いた時点では山本氏のことをよく知らず書いてました(スミマセン)。後から氏の共産党賛同や諸々の記事を見て熱意云々の問題じゃなかった…と認識を改めました(ーー;)

      削除
  4. 上皇様に無礼をしたり、牛歩して国会を長引かせたり、日本の領土である竹島をあげちゃえばいい、って言う人ですもの。
    絶対に日本の政権を任せられない、と思ってました。
    某有名な方が「素晴らしい人だ」と支持していてビックリしましたが、洪さんの霊視に納得です。
    有権者は、よく考えて投票してほしいですね。

    返信削除
  5. この人が高校生の頃「ダンス甲子園」という番組で、海水パンツ一丁で意味不明な激しい踊りをしていました。これも前世での姿を反ていたんですね。納得です。

    返信削除
  6. 「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表の過去世など、気になります。
    取り上げていただけたら、嬉しいです。

    返信削除
  7. 山本氏が共○党の応援演説に入り、
    「今の共○党が一番の保守ですよ。一番この国を守ろうとしている」との記事を見ました。
    若者ウケする山本氏による、新たな党員の掘り起こし戦略ですかね?
    怖い、まじで怖いです・・・氏も、のせられる支持者も。


    返信削除
  8. 私もこの方に対してネガティブなイメージを感じて選挙後からずっともやもやとしていました。
    ただ、賛同者の増え方に勢いがあること、自分が尊敬していた方もこの方に投票していたことから自分の考えに自信が持てず、なんとなくの不安を感じながら生活しておりました。
    この記事を書いてくださったことで、自分の考えやこれからの行動に自信を持てました。
    ありがとうございました。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます