2019年7月1日月曜日

豪雨・大雨の続くスピリチュアルな意味

九州や四国を中心に大雨が続いています

今後とも大雨が続くと思われますので、該当地域にお住まいの方は厳重な注意をされてください



危険な地域にお住まいの方は、早めに避難されることも大切だと思います

今日だけではなくて、数日にわたって大雨が降る可能性がありますので、いま大丈夫だとしても、今後危険が高まってくる可能性があります

先日はこのブログで「G20と大雨の霊的意味」という記事を書きました

ちょうどG20の開催の時期に台風が日本に接近し、それが湿った大気を呼び込んできて、いまの大雨に繋がっています

記事では汚れたものがあって、それを浄化する雨が起こってしまっているのではないかと書きました

G20サミットは経済大国を中心とした国の集まりですが、経済を中心に考え、大事なことにはふたをしてしまっていたのではないかと思います

たとえば中国では、チベットやウイグルで数百万人が強制収容所に入れられ、拷問されたり、洗脳させられています

香港にも中国からの圧力が強まり、自由を求めて若者らを中心として大規模なデモが発生しています

そうした中国による人権弾圧や虐殺に目をつぶって、経済的なうまみに目がくらんで何も言えない状況があります

中国は十数億人の住む巨大なマーケットですから、それに欲がくらんで、彼らのしている悪事を指摘できないというのは、やはり穢れがあるといえるでしょう

本来であればG20では、そうした警告をすべき場であったと思いますが、政府は中国の習近平氏を来年は国賓として迎えるという事で、持ち上げてしまっています

中国からは多くの観光客が訪れますので、観光立国を訴えて、観光客の増大を成果として誇っている政府としては、中国に敵対せずに、持ち上げているのが経済的に得だという算段なのでしょう

このように欲にくらんだ政策は、やはり穢れたものであり、その浄化システムが発動して、今回のような大雨になったように感じられます

為政者の過ちが、こうした災害を呼び寄せるもとにもなるのではないかと思います

関連記事



4 件のコメント:

  1. いつも読ませていただいています。
    天災などが起きると、神様の警告、浄化作用ということが方方でいわれますが、
    この程度で現代人が反省するとは思えません。

    災害にあわれた地域の方々は大変なご苦労だとは思います。私がもし災害に巻き込まれたらやり直す自信はありません。

    しかし、神様の警告にしては効率が悪すぎると思います。
    いったい日本人の何割がこの大雨にしろ地震にしろ浄化作用と感じるでしょうか?

    かといってやりすぎて日本の機能が麻痺してしまうと逆効果ですから加減が難しいとは思いますが現代人はこの程度で気がつくほど純粋ではないのは間違いないと思います。

    返信削除
    返信
    1. 私も、全く同じことを思っていました!
      効率が悪いと思いますし、反省できないと思います。逆に、神も仏もない!!と、恨む方が大多数だと思います。
      現代よりも、優れていると言われていた文明でさえ、自滅して滅ぶのですから、その繰り返しなんじゃないのか?繰り返しながら、成長していくのかなぁ?と、思っています。

      削除
  2. 為政者達に直接浄化作用が起こらなければ、気づけないでしょうね。と言うより直接神様から目の前でダメだと言われなければ気づけないのではと思ってしまいます。

    返信削除
  3. いつもメッセージをありがとうございます。
     チベット仏教などの本でチベット僧への中国政府の拷問のくだりを読むと堪らない気持ちになります。(少数民族女性達への漢民族男性との強制結婚記事なども…。)
    浅学な私が読んでもチベット仏教とその僧達は人類の宝のように感じられるのに。
     少し刺激的な言い方かもですが、同じ地球に住む以上他国だからと「知ろうとしないことも罪」にあたると私は考えます。 
    チベット仏教の灯を絶やしたくない、苦境の人達を見て見ぬフリをしたくない、様々な交錯する思いのなかで道を探しあぐねています…。 (論点ズレてたらすみません(~_~;)、チベット仏教に肩入れした内容になってしまいました…)

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます