2019年7月11日木曜日

韓国のホワイト国除外措置について

日本政府は韓国に今まで優遇してきた、ホワイト国の除外を行いました



これによってフッ化水素など、半導体の製造に必要な材料を韓国に輸出する際、政府の許可が必要となります

韓国は、こうした材料を仕入れて、自国で組み立てて、世界に売るというようなモデルが多い国です

原材料が仕入れられなくなると、途端に苦しくなります

それで韓国内では騒ぎが大きくなっています

しかし今回の措置は、優遇措置を廃止しただけで、時間はかかりますが、申請をして数か月後には仕入れられるでしょう

仕入れ納期を遅らせるくらいの効果しか、今のところはありません

政府が認可を降ろさないという判断をするなら、品物が韓国に入ってこずに、苦境に立たされるでしょう

日本の政府がそこまでするかは怪しいかと思います

今回のケースでは四年も前から韓国が、製品の横流しをして、他の国に密輸していたのではないかと疑われています

逆に四年も黙っていたのは措置が遅いくらいでしょう

こうした製品は猛毒ガスの製造にも転用されるそうで、輸出には厳しいチェックが必要です

また、今の時期に除外措置に踏み切ったのは、政府が参議院選挙を見据えて、支持率を上げたいという思惑があるからでしょう

韓国に関しては、慰安婦合意の破棄や、レーダー照射問題、天皇陛下への謝罪要求、自衛艦の日章旗問題、徴用工裁判などなど、色んな問題が噴出していて、日本国民にも韓国に対する厳しい姿勢を求める意見が強かったと思います

そのため、今回の措置を発表することで、支持率を上げたいという思惑があるでしょう

こうした措置は当然だとは思いますが、ただ、現政権は、弱い者には強く当たり、強い者には従うような思考が現れていると思います

韓国に関しましては、G20でも冷遇したり、今回のような措置をとっていますが、一方で中国については来年には国賓でお迎えするという厚遇で対応しています

中国は香港で大規模デモが発生しましたように、人権を弾圧するところがあります

チベットやウイグルでは人々が強制収容所に入れられ、様々な拷問を受けながら、棄教を迫られたり、人権弾圧が行われています

そうした問題に目を塞ぎ、下手に出るのは問題でしょう

韓国に厳しい態度で挑むと同様に、中国に対しても、アメリカと歩調を合わせ、厳しく当たっていくべきです

そして中国の覇権主義を終わらせるべきでしょう

このままであれば、日本も第二のチベットやウイグルになります

そうならないため、今のうちの対処しておくことが大事なのです

↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



1 件のコメント:

  1. 洪さんが 何度も日本が中国によって第二のチベットやウィグルになる可能性がある、とおっしゃっていることに危機感を覚えます。

     先日中国のアジア覇権構想への日本人ジャーナリストの警告の記事を目にしました。政治に疎くて私はその記事で知ったのですが「真珠の首飾り戦略」と言われているそうですね。インドなどが抵抗しているそうですが、日本は…

    私達一般人に選挙投票以外にできることはなんでしょうか? 首相や政治家達のSNSに意見を投稿するとか…? ぐらいしか私には今のところ思いつかないですが… 
     とりあえず今度の参院選の投票に行ってきます…。
    (韓国への措置については国同士の駆け引きに疎いので書けませんでした。勉強不足ですみません)

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます