2019年7月21日日曜日

宮迫・亮さん謝罪会見と芸能界の闇

昨日は雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが謝罪会見を開かれました



内容としては、以前にブログでも取り上げたことのあります過去の事務所を通さない営業で、振り込め詐欺の人の会合に出席し、金銭を受け取っていたことへの謝罪会見でした

この件は写真週刊誌がはじめに報道し、当初は金銭の受け取りは無かったと言っていたのですが、後に発覚して騒動ととなっています

はじめに受け取っていなかったという嘘があったために、バッシングが強まった面があると思います

記者会見では会社に受け取りを報告したのですが、その時は静観するという事で一致していたようです

それでも世間の騒ぎは大きくなりましたので、宮迫さんと亮さんの両名は、記者会見を開きたいと言っていたそうですが、事務所には止められてしまったようです

その時の様子を宮迫さんが生々しく説明されていたのですが、亮さんが辞めてでも記者会見を開きたいというと、吉本興業の社長の岡本氏が、他の社員や弁護士などを退出させ、「会見を開いてもいいけど、その時は連帯責任で全員首にする」という旨の脅しをかけたようです

たしかに彼らが反社会的なグループの会合に出席し、金銭を受け取ったのは問題ですが、知らなかったのであれば仕方ない面はあるでしょう

一般の方なのか、反社会的な勢力の方なのか、すぐに見てわかるものでもないので、今回の出来事で処分されるなら、数か月の謹慎処分程度が妥当ではないかと思われます

今回は両名とも吉本の意に反して記者会見することで、吉本興業との契約解除になったようです

これは吉本興業が厳しい処分を課して、正していこうとするというよりも、保身によって首を切ってきたという感じが否めないものでした

吉本興業については、今回の件だけではなく、いろいろと問題を抱えていたと思います

若手のギャラが安くて生活できないため、アルバイトをしたり、今回のような直で営業をしていかなければ暮らせないというシステムになっています

それをお笑い芸人の方は笑い話にするため、真剣に取り上げられることも少ないですが、やはり相当なブラック企業であることは事実でしょう

取り分も吉本は相当搾取しているそうで、他事務所とはだいぶかけ離れているように聞きます

そのように若手芸人をタダ同然で働かせて、生活できないくらい苦しい状況に長年置いておくというのも問題だと思います

また契約に関しても正式な書面のやり取りもなく、吉本の都合で解釈されて判断されることがあったでしょう

吉本というお笑いのブランドがありますので、所属芸人にしたら、逆らえる事も無く、悪条件をただ飲まされるだけの関係になっています

芸人からすれば育ててくれてありがたいという事もあるでしょうが、一般社会とは倫理面で乖離しています

先日のジャニーズ事務所への公正取引委員会が注意を促した件でも、芸能事務所のおかしさは出ていたと思います

ジャニーズ事務所を出た元スマップの三人に対して、テレビに出演させないような圧力があったと公正取引員会から注意を受けたのですが、事務所側はそんな事実は無いと突っぱねていました

テレビ局についてもジャニーズ事務所に忖度して、その代表が亡くなられた時にも、ネガティブな情報は伏せて、賛美し持ち上げる報道ばかりがなされています

今回の吉本興業の対応にしても、ジャニーズ事務所の問題についても、芸能界の闇の部分があらわになってきていると思います

先日も述べましたように、光と闇の活動が活発になってきて、明暗がくっきりと分かれるような出来事となってきているでしょう

闇に光を当て、もっと世の中を良くしていくべく回っていかなくてはならないでしょう

今回の会見を開かれたお二人には、今後とも活躍される場が現れ、皆さんを楽しませる仕事をされることを願います

今はネットもありますので、ネット動画での活躍を当面はしていかれるというのもあるかと思います

これで埋もれてしまわないように願っています

関連記事



6 件のコメント:

  1. 吉本興業にしろジャニーズ事務所にしろ、多くの若者たちが「お笑い芸人」や「アイドル」で売れっ子になりたいと描く夢を逆手に取って物を言わせず、様々なハラスメントが当たり前の様にまかり通ってきたんでしょうね。
    本当に卑劣なやり方だと思います。

    また本人たちも売れる為ならとどんな状況をも受け入れるしかないでしょうし。そうして闇側に魂を売るという構図が出来上がって感覚が麻痺していく。少しずつ闇が広がっていくだけ。

    秋元さんトコだって同じでしょう。売れる為なら何だってやらせるし、やるし。

    芸能の世界は、そういった色々な闇が一切無ければとても素晴らしい分野なのに…

    芸能人やその業界の人たちが、よく私たちに向けて「一般人」と言いますが、自分たちを高い所に置いたニュアンスが伝わってきます。
    でもそれは、実は自分たちが「特殊でおかしな世界の人々」なのだと、対する「一般人」との違いだと気付いて欲しいですね。

    返信削除
  2. お二人の会見は気の毒で見ていられませんでした。あそこまで罰せられる程の事?と正直思います。誰がこんなにこじらせるんでしょう…。

    返信削除
  3. 令和になって、平成の闇が次々と明るみになってきましたね、令和は良い時代になりそうです。

    ⬆︎明治
    ⬇︎大正
    ⬆︎昭和
    ⬇︎平成
    ⬆︎令和

    国の運気の流れ

    返信削除
  4. 宮迫さんの本当はこんな事したくないという言葉が印象的でした。
    親や上司が育ててやった恩があると圧力をかけるのは表沙汰にならないだけでよくあるのでしょうかね。
    本当の意味の恩返しってそういう事ではないと思いますがね。

    返信削除
  5. あいねあす2019年7月24日 18:33

    大きな権力を利用して儲ける会社、大きな権力に依存する有名人、大きな権力を信頼する一般大衆、この相互依存の社会体質が根本的に変化している時代なのだと思います。誰が善い悪いというのではなくお互い様だと思います。

    返信削除
  6. コメントされてる方の『芸能人やその業界の人たちが、よく私たちに向けて「一般人」と言いますが、自分たちを高い所に置いたニュアンスが伝わってきます』これまさにその通りで常々思っていました
    高見に置かれ天狗になってしまう闇
    反社会勢力ともつながりやすい闇
    芸能事務所との闇
    これらをかかえて栄光と光を発信していくことはとても大変な事なんですね
    今回の吉本興業と宮迫さんの件を見て、ここのブログ、さらにコメントされる方々の意見、とても勉強になりました

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます