2018年11月28日水曜日

移民法案が可決した裏


事実上の移民法案ともいえる、「出入国管理法案」の改定が衆議院を通過しました



日本の未来にとって大切な法案だと思いますが、まるでウナギのようにするっと通過していきました

先日はゴーン氏の逮捕を受けて、その隙に何か重要な法案を通すのだろうと思っていたら、この法案が通過しました

外国人のカリスマ経営者を逮捕させて、騒いでいる隙に移民法をサッと通過させるのは、なかなか悪戯なやり方だなっと思えます

たいていはマスコミが騒ぎ立てている裏では、需要な事が密かに進行していることが多いです

先日の「入管法改正案」の是非についてアンケートいただいた件では、賛成8.4%、反対74.7%、どちらともいえない17.0%でした

お答えいただいた皆様ありがとうございました

以下のリンクからアンケート内容と皆様からのコメントが閲覧できます

https://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=199968

多くの方が本法案には反対の意見をお持ちとの結果となりました

私は、来られる外国の方が日本を愛し、真面目に働く方であれば、受け入れる事はよいと思います

ですが現状の内容では、単に安い労働のための力として外国人を受け入れるというだけものもなので、おそらくは将来は治安の悪化や、政治的な影響など出て問題となっていくでしょう

もっと内容を正してからするべきだったと思います





↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事




5 件のコメント:

  1. 昨日、こちらへコメントした者です。
    入管法の洪さんの考え方がわかり、納得した次第です。

    以前、技能実習生を監督・監理する団体に所属していたときに
    感じたことは、「本音と建て前」の狭間で右往左往する、監理団体と
    実習生という構図でした。
    本当は低賃金で労働力をなんとか確保したい政府。
    建前では発展途上国への日本の技術提供。

    労働基準法やら、人権問題やらにがんじがらめにされ、
    でも、その隙間を縫うように低賃金で日本人と同じような
    労働力を求め、雇う企業。それに耐えられずやむなく失踪する
    実習生。

    「日本を愛する外国人」はたくさんいるのに
    愛させてあげられない、悔しい思いをした
    数年間でした。





    返信削除
  2. 過去の行いは、未来に返ってくる話をよく聞きますが、今、日本がしようとしていることは、いずれ大きく返ってくると思います。もちろん、今までもそうだったように。

    私自身は移民の受け入れは反対です。でも、今日本に来て、この国のルールになじむよう仕事をする人達を、ぞんざいに扱うのは、人間としてどうかと思います。

    隣の国のことをアレコレといいつつも、同じように自分達の品位を落とすマネを、もうすでにしてしまっていると気付かされます。

    返信削除
  3. アダムスキーさんが伝えていたことですが、やはり超古代史の時も移民を受け入れた時から滅亡のカウントダウンが始まったことを伝えておりました。自己主張を抑えて平和を保つ日本人気質に挑みかかる自己主張の強い他の国々の人々は勢力拡大するばかりだと思います。

    返信削除
  4. 移民についてもですが、日本の土地を日本国籍でなくても購入する事が出来るとのは、どうなのかと思います。尖閣諸島の様に問題が起こると思います。将来、日本と言う国が無くなるのでは無いかと思います。

    返信削除
  5. 今日、新聞に日本で働く外国人の方の取材の記事があり、驚いたのは
    例えばその方は介護の現場で「ヒジャブ」をつけて働くのだそうです。
    雇用側も「宗教は自由だから」とのことで各国の宗教を容認しているそうです。

    大学時代、授業の一環で「宗教学」というのがあり、その授業で学んだ印象的な一文があります。
    「どんな宗教も、まず生活である」というものです。
    例えばイスラム教の「豚肉禁止」は食中毒防止のため、「ヒジャブ」は砂漠の砂避けなのだそうです。

    宗教とは生活の知恵であり、その土地の環境に基づいたものということになると
    「郷に入っては郷に従え」でないと、どこかでズレが生じるのではないかと思います。
    そういう意味でも、日本は強く出た方がいいのではないでしょうか。
    とくに日本は資源がない国ですので、余裕なんてあったもんじゃありませんし…

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます