2019年5月31日金曜日

自分の使命に目覚める

生きているうちに、この世的な事で心揺れることがあります

世間の評判を気にしたり、人目を気にして何も出来ないことがあります



自分が何をすべきなのか、何のために生まれてきたのか、その使命を忘れてしまっていたり、自覚が薄いときには、世の風潮に流されてしまう事もあるでしょう

使命は羅針盤のように、船の向かうべき先を示します

嵐の中でも、暗闇の中でも、進むべき方向を示します

自らのやるべきこと、使命を忘れていては、ただ波に漂うしかありません

昨日も苦難の話しをしましたが、そうした苦難の時にも、自らのやるべきことを自覚することで、乗り切ることが出来ます

激しい波風に襲われ、揺れ動かされている時こそ、自分は何をすべき人間なのか、自らの使命とは何かを見直してみましょう

確かな指針を得られた時に、私たちは荒波を乗り越えて、目標へ進んでいきます

苦難に直面した時、人生で問題が起こった時こそ、もう一度自分自身を見直し、自分がすべきことは何か、自らの使命は何かを考え直す時でしょう

その使命感があなたを変え、周囲をも変えていく力となっていきます

関連記事



1 件のコメント:

  1. 私たちは、一人一人が本当に特別な存在で、全く同じ体・考え方の人がいないように、与えられた役割や課題もそれぞれに異なります。

    もちろん、生きることの最終目的(魂の周りにくっつけた自己中なドロドロのエゴをキレイに落として、純度100%のクリアな魂に戻ること)はみんな同じですが、そのために自分自身が決めてきた課題や役割は(中にはそれらを一緒に決めて生まれ変わる場合もあるので、たとえば夫婦や友達となって、とてもよく似た考え方&よく似た役割を果たす人もいますが)それぞれに異なるのです。

    だからたとえば、目立った役割や仕事に就いていない自分を否定したり卑下したりしてはいけません。

    全ての存在が特別で、その人にしかできない仕事や考え方があり、それぞれがそれぞれの得意な・好きな・良い面を伸ばして人の役に立つことで、たくさんの人の力になりながらエゴを落としていくことができるからです。

    だから、周りの人と比べることも、あるいは周りの人をバカにすることも、してはいけません。

    それぞれがそれぞれの道を歩いて神様のところへまっすぐ帰っていけるように、たまたますれ違った人たちと助け合い、思いやり合って、お互いに少しでも神様のところへ早く辿り着けるよう、支え合うのです。

    洪さんには洪さんにしかできない役割があり、皆さんには皆さんにしかできない役割があります。

    お互いを比べることなく、自分の良い面・得意なことなどを伸ばしながら、似た考え方の人たちと力を合わせて頑張っていけば良いのです。

    洪さんの役割が皆さんをさらに輝かせることになるので、感動します(=´∀`)人(´∀`=)

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます