2019年6月1日土曜日

令和の時代への厳しい予知は現実に

新しい時代である令和に変わってから、ちょうど一か月が経ちました

今年や新時代の令和については、昨年末ごろから経済的にも厳しい時代となることを忠告していました



令和になって一か月たってみていると、やはり雲行きは怪しい雰囲気が漂っています

たとえば日経平均株価は、令和になる前の株価が22000円ほどだったと思いますが、令和になって7日連続の下落があり、いまも下げ傾向が続いていて、現時点で20600円まで下がっています

円についても、対ドルで110円ほどだったのが、いまは108円台前半になっています

これらは米中貿易戦争などの不安材料からきています

円高になってきているのは、世界経済が不安定な状況になってきて、リスク回避のために、安全な円を購入しようとする動きが出ているからでしょう

つまり世界的に経済が思わしくない方向に進むのではないかという懸念があるということです

現在のところは、以前に予想した方向に、つまり経済的に厳しい状況に進んでいっていると思います

もちろんそうした状況でも、発展するところもあるわけです

事前に厳しい状況になることを知っていれば、それに対処していて、難を逃れることもあるわけです

それは例えば、船に乗っていて、今は天気が良いからと洋々と乗っていても、遠くの雲行きをみて、もうじき嵐になると分かっていれば、近くの岸に付けたり、マストをたたんで嵐に備えることで助かることがあります

嵐はやってこないと楽観視ばかりしていては、いざという時に対処が出来ずに、沈んでしまう事があるでしょう

そのように、あらかじめ覚悟をしておくことで、事前に何をしておくべきかを考え、それについての対処をしておくことで、いざという時に助かります

関連記事



1 件のコメント:

  1. これからの世の中、本当に守られていくのは、きちんと頭を使って(自分だけでなく)みんなことを考えて動ける人たち、です。

    あの手この手で自分だけ生き残ろう・自分だけ得するように立ち回ろうとする人は、神様からも見放されるため、いつか必ず立場が逆転して苦しい思いをするようになります。

    神様に愛される・神様に守りたいと思われるのは、自分だけでなくみんなのことも考えて動ける人です。

    また、そのための知識や技術を習得し、賢く考えながら動く努力もできる人です。

    これからの世の中、その違いが大きく出てくることと思います…自分さえ良ければの生き方をして大切なものを失い、それでようやく目が覚めた…なんてことにならないように、

    自分のためだけでなくみんなにとって良い結果になるようにと、自分から考えて動く意識と努力をできる人でありたいものです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます