2019年5月28日火曜日

川崎市の児童ら死傷事件の霊的背後

川崎市で刃物を持った男が児童らを襲撃し、19人がけがをし、2人が亡くなるという悲惨な事故がおこりました

犯人も自分の刃物で首を斬り、死亡したという事です



犯人は刃物を四つも所持していたとのことですので、もとから犯行を計画して行ったのでしょう

おそらくは世の中に不満を持つ犯人が、周りの人々を巻き添えにして自殺しようと考えての凶行だと思われます

犯行に巻き込まれたスクールバスの生徒たちは、キリスト教のカトリック派の学校に通われる子供たちだったようです

キリスト教精神には、人のために自らが身を投じる、自己犠牲の精神がありますので、そうした思いが、凶暴な犯行の犠牲者として引き受けられたところがあるのかも知れません

こうした犯行を行うものには、悪霊などの霊的な影響が背後にあります

光へと帰れない霊の中には、神仏を恨んで、積極的に地上に不幸をもたらし、それで反抗している気持ちになっているものがおります

そうした霊に憑かれていると、凶悪な犯行を行うようになります

もちろん憑依が起こるには、悪霊と同通するような心の傾向性を持っているためで、犯人の責任が一番深いのは言うまでもありません

世の中にはもっとたくさんの光が必要です

光の当たらないところに影ができ、その陰には闇に潜む生き物が生息します

もっと世の中に光が行き届くことによって、闇の活動は抑えられます

世の中の闇が払われ、光のあふれる世の中になっていきますように、ともに進んでいきましょう

関連記事



4 件のコメント:

  1. こんにちは。
    事件のあった場所のすぐそばに住む者です。
    朝からけたたましいサイレンの音が止まず何があったのだろうと子供と不安になっていました。
    現場にはまだたくさんのマスコミがいました。BBCのニュースなどでも放送されたそうです。
    人の不幸を喜ぶ者、批判する者などは悪霊の格好の餌食になると考えています。
    そうした人間を一人でも無くしていけるように努めていきたいと思います。

    返信削除
  2. 高2の息子が、「ネットで、『小学生の命は、大人の命より重い』って感じで書いてる人いるけど、小学生の命も大人の命も、一緒なんだよ。大人も、昔は小学生だったんだよ。あまり正義感みたいなこと言いたくないけど。」って。
    ハッとする… 私も親目線、子供の命は大人が守らなきゃって思ってたから…

    そして、小学生の子供達の魂も、大人だったのかもしれませんね。

    返信削除
  3. (以前、心の中に暗い思いなどがあると、暗いもの(低級霊や動物霊など)が近づいてきて好きなように体を動かせてしまうとコメントをしたことがありますが)心の中があまりにも恨みや妬み、苦しみでいっぱいになると悪いものが取り憑きやすく、心も体もそれに動かされてしまうので、とても危険です。

    なぜそんなに心の中が暗いものでいっぱいだったのか…あたたかさをくれる人が周りに全くいなかったのか、そのことも気になります。

    この世にあたたかな思いやりの光が増えれば、そのようなものに取り憑かれる人は減るはずです。
    これ以上の犠牲者を出さないためにも、分け隔てないあたたかな思いやりの生活が最優先されるべきです。

    返信削除
  4. このような事件は、その場にいなくても、見聞きするだけでも心が痛みます。
    どちらもお気の毒に思えたりもします。
    私は、この世を人間の体に例えるなら、私たちは、生まれては死んでいく繰り返しをしている細胞の一つの様にイメージしたりするのですが、この世の光になれなかったとしても、せめて暴走するがん細胞にはならないように日々を過ごしていきたいと思うのですが、そんなことも難しい世の中になっていくのでしょうか?

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます