2019年5月23日木曜日

元KAT-TUNの田口淳之介さん大麻取締法違反の疑いで逮捕

元ジャニーズの男性アイドルグループKAT-TUNにいた田口淳之介さんが、大麻取締法違反の疑いで逮捕されたという報道がありました

田口さんと付き合っている女優の小嶺麗奈さんも同時に逮捕されたとのことです



KAT-TUNといえば元メンバーの田中聖さんも大麻が車から出てきて、現行犯逮捕されたことがあり、尿検査でも陽性となったのですが、証拠不十分とされ不起訴となったことがあります

お二人とも脱退しているとはいえ、もと同じアイドルグループから、二人も薬物使用の疑いのあるメンバーが出るというのはたいへんです

どれだけ薬物汚染が芸能界に浸透しているかがうかがわれます

大麻は吸引すると多幸感、高揚感をもたらすとされ、それで使用する人も増えているのでしょう

一部の国と地域では大麻は使用を許可するところもあります

しかし日本では、他の麻薬への入り口となることもあり、所持を禁じられている違法薬物ですので手を出してはいけません

おそらくこれらの逮捕は氷山の一角であり、芸能界には他にも違法薬物に手を染めている人は多くいるだろうと思われます

芸能人は多くの人へ影響を与える存在であり、特にアイドルの方は若い方への影響が強いためもっと厳しく自分を見つめないといけないでしょう

大麻について、それどほ中毒性が無いとか、身体への害は少ないとも言われますが、自らを律する心こそ問題でしょう

人が見てなければよいとか、バレなけらばいいというような、ルーズな人間となってはならず、人は自らを戒めて生きなければなりません

快楽のままに、自堕落に生きていれば、人は周囲に迷惑をかけて生きるようになってしまいます

仕事が必要とされているのに、怠けて休んだり、めんどくさいからと手を抜いたりしていると、結果的に他人に迷惑をかけてしまうでしょう

自らを律して生きていくからこそ、他人のためになれて、プラスの人生を歩むことが出来ます

大麻などを使用するのは、本人は気持ちよくていいじゃないかと思うでしょうが、人は自分だけで孤立して生きているのではなく、必ず周りにその影響を伝えていくものです

自堕落に生きたり、違法薬物に頼って生きるさまは、結果的に周りの人々にも悪影響を与えて、マイナスの作用をもたらします

それはやがて自分自身に跳ね返ってくることでもあるのです

ですから人は、自分だけよかれという思いのみで生きるのではなく、自らを向上させ、それが人々のためになることを目指して生きるべきなのです

薬物の問題は、そうした事を私たちに教えてくれる出来事でもあります

関連記事



2 件のコメント:

  1. 麻薬は肉体的な健康を損なうだけでなく、実は魂の一部までも歪めてしまいます。

    私たちは魂についたエゴを捨てるために何度も生まれ変わってくるのですが、麻薬はその魂の一部をむしばみ、間違った感覚を植え付けていきます。

    よって、魂の一部は完全に歪められてしまい、魂がその歪みを治すには、少なくとも数回は生まれ変わってくる必要があるほどに時間がかかります。

    だからこそ、麻薬は絶対に体に(魂に)入れてはいけないものなのです。

    また、麻薬のもたらす気持ち良さや幸福感は、心から愛している人と手を繋いだときや抱きしめたとき、心も体も1つになったときなどに感じるものと似ています。

    よって、普段から思いやりで生活し、周りの人々と愛でもって穏やかに過ごしていれば、普段からその気持ち良さや幸せに包まれながら生きることができますから、麻薬など一切必要がありません。

    ところが、思いやりよりも自分が一番!というエゴが大きい世界では、そのような穏やかな幸せに包まれることが難しいため、その幸せをとても手早く疑似体験できてしまう麻薬の魅力に負けてしまう方がたくさんいらっしゃるのだと思います。

    でも、麻薬はあくまでも誤った感覚であり、体だけでなく魂までもむしばんでしまうものなのです。

    だから、もしも使っている方がいるなら今すぐ止めることが大切です。
    長く続ければ続けるほど、魂が誤った感覚に満たされていくからです。

    今回のニュースをきっかけに、使わない方・やめられる方が増えることを祈ります(/ _ ; )

    返信削除
  2. 田口さんと小嶺さんの前世での関係を記事にして欲しいです。メディアでは、男女の恋愛云々を超え、お互い絆が強いとありました。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます