2019年5月14日火曜日

維新、丸山氏の北方領土「戦争」発言と日露関係

日本維新の会の丸山穂高衆院議員が、北方領土について、戦争でしか取り返せないのではという趣旨の発言をして問題となっています

すでに日本維新の会の松井一郎代表は丸山氏を除名処分にしたとのことです



歴史的には戦争で奪われた領土は、戦争で奪い返さなければ返ってこないのはその通りです

ただし、ロシアと戦争できるわけもなく、不用意に両国間を冷えさせる結果となる発言でしょう

そもそも戦争してまで北方領土を取り戻したいと願う人もほとんどいないでしょう

ロシアはアメリカに次ぐ核大国ですので、核を持っていない日本が仕掛けられるわけも無いです

通常の交渉では、一度手に入れた領土を返還させるのはそうとう難しいものです

アメリカは日本に勝利しましたが、その後、沖縄を返還しています

このようなお人好しの国はそうそうないでしょう

中国や朝鮮半島の事を考えると、日本はロシアとは北方領土問題を一時棚上げにしてでも、友好関係を深くしていくべきです

プーチンが平和条約締結の話しを持ち出した時に、やはりまずは締結に進んでいくのがよかったでしょう

いまも交渉していますので、まだ可能性はありますが、日露の友好関係を優先すべきだと思います

それはロシアと中国との繋がりを断って、ロシアを味方につけることになります

領土問題についてはその後に話し合っていけばよいと思います

何が何でも領土を取り戻さないといけないとして、戦争も辞さないという言いだしてしまっては、日露間はそうとう冷え込んでしまう事となります

日本と距離ができれば、ロシアは中国と手を組んでいくかもしれません

すると二つの軍事大国に睨まれ、日本はそうとう厳しいかじ取りを強いられることとなります

ロシアとの友好関係は、日本の将来にとっても大切なものとなっていきます

関連記事



2 件のコメント:

  1. ホントそれですよね!東大を出た官僚でも分からないことをわかってすごいですね😌このような考えの政治になって欲しいと祈るばかりです( ¨̮ )‪︎❤︎

    返信削除
  2. いい加減ロシアを敵視するのはやめて欲しいと思います。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます