2020年2月22日土曜日

新型コロナウイルスの日本での感染の拡大がはじまる


連日の新型コロナウイルスの感染者増のニュースで、多くの方が、「これからどうなるのだろうか?」と不安になっているかと思います



残念ながら、日本でもこれから感染のさらなる拡大が起こってくるでしょう

それは当ブログでも何度も警告していたことで、それが現実になるという事であり、ブログ読者の方には、あらかじめ伝えていたことではあります

当ブログや政治ブログでは、早い段階から、中国の感染は公表よりも深刻なものであり、このままであれば、日本も感染が拡大してしまう事を警告していました

しかし、警鐘を鳴らしていても、「日本では感染は広まらない」とか「日本では死者は出ない」などと批判を頂いたり、メディアや世間でも、当初は楽観視した風潮が強かったです

そのため中国からの渡航制限に関しても、一部に留めたりして、政府も甘く見ていたため、国内での感染を広めてしまっています

こんな状況では、日本でも感染が拡大してしまうと警告していたことが、実際に起こってしまっているのです

そのため、中国本土以外では、日本がクルーズ船を除いて、海外では二番目に感染者の多い国になっています

一番は韓国で、いままでそれほど多くはありませんでしたが、先日、宗教施設で集団感染が起こってしまい、一気に一番多い国になっています

その韓国に抜かれる前は、日本が中国本土以外では、一番感染者の多い国になったのです

いまは、それぞれの感染者が、どんな行動をしていたとか、個別の情報が流れてますが、これから感染者が増大してくると、もう追えなくなってくるでしょう

これから感染は拡大していくものと思って、あらかじめ覚悟しておいたほうがいいでしょう

そして以前にも述べましたが、感染しても必ずしも死ぬものではない事は理解していてください

おそらくは1%以下の致死率になるでしょう

ただ、日本でも死亡者が出ていますし、高齢者の方が亡くなられていますので、ご高齢の方や疾患のある方には、特にうつさないように気をつけなくてはなりません

若い、健康な方なら、致死率は0.2%程度だと言われています

500人に一人くらいの計算です

それが高齢になると一気に上がってしまいます

私たちは以前に言いましたように、感染しないように気を付ける事と、ウイルスに負けないように、免疫力を高めていく事です

免疫力を高めて、霊的な守りの力もいただいていれば、ウイルスに負けずにすむでしょう

まだしばらくは感染拡大が続くと思いますが、みなさまが無事に乗り越えられることを祈ります

関連記事



9 件のコメント:

  1. 検査を受けても、陽性、陰性が確実にわかるわけではないということ、そして、症状が治ってからも、陽性反応があるということで、これはほんとに、規則正しく健康生活を心がけて、みんなのしあわせを祈る生活をすること、神仏に与えられていることへの感謝と報恩の生活を心がけていきたいと思います。

    返信削除
  2. 感染者に多く関わらざるを得ない医療従事者とはいえ、中国においては、20代30代の方が亡くなられていますから、日本においても、楽観視できないように思います。
    中国の失態から、巻き添えを食らう形で、お亡くなりになられた方は、本当にお気の毒です。
    感染された方も、心身共にお辛い事でしょう。
    日本人、誰が犠牲になっても心が痛みますが、特に未来ある子供達に影響が出ない事を願うばかりです。

    返信削除
  3. よく食べ、よく眠り、楽しいことを考えて、体中の細胞たちの免疫力をイタズラに落とさないようにしなければなりませんね!

    不安や怒り・悲しみは免疫力をどうしても落としてしまいますので、できる限りの対策を施したらあとは不安になりすぎず、できることをしながら明るく・楽しいことも忘れずに過ごさないとな!って思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    返信削除
  4. アフリカやインドでサバクトビバッタによる蝗害が発生していて、発生には海の水温の上昇が関係しているそうですが、ヨハネ黙示録の海が血になりというのは、地球温暖化による水温上昇のことなのではないかとふと思いました。日本政府は武漢からのチャーター機の人達を相部屋にしたり、はじめから感染症の専門家の意見を取り入れ感染拡大を防ぐというよいリーダーシップが感じられなかった。クルーズ船でも感染症の専門の医師の告発あり、政府の甘く考える姿勢が感じられていた。新型コロナの感染が拡大しないように不要な外出は避ける、免疫力を高めるなどして、気をつけます。

    返信削除
  5. 至る所で、年齢も関係なく発症者が出てますが、もしかしたら、なんだか少し体調悪いだけでも感染してるのかな、と。
    発症状態は個人様々で、もう空気のように至る所にあるのではと思ってしまいます。
    多く人は自身の持つ免疫で発症してないのかなと。

    こんなことって実際あるのかわかりませんが、
    すべてが未知の世界で

    やはり、こんなことっておかしい。

    この流行が自然に起こった現象で、自然に消えて行くものではないように思える。

    返信削除
  6. ウェルステルダム号はすぐ下船させて、感染者が出て大騒ぎですね。日本も下船させてたら、もっと大変でしたね。
    過度な心配はコロナを引き寄せちゃうから、マスク、手洗い、そして「ありがとう」と「健康」の言霊で乗り切ろうと思う。なんくるないさー(たぶん)w

    返信削除
  7. 名古屋の高速の料金所の会社員が新型コロナに感染したことにより、高速を閉鎖するということですが、ネットで「無料でとおしたら」という意見を見て、このような時はパブリックなことを考えた対処をしていただきたいと私も同感です。

    返信削除
  8. 致死率がさほど高くないということが救いですね。
    よく言われていることですが、外出するときはマスクをかけ、帰ったら手洗い、うがい。ちゃんと食事を採って体を温め、免疫が落ちないように気を付ける。
    罹ったかもと思ったら、自重して絶対に他人に移さないようにして医療機関に行く。
    心配のし過ぎは免疫力を下げるような気がします。
    人間には寿命があって、死ぬときにはどんなに気を付けていても死ぬし、死なないときは、乗ってる飛行機落ちても死なないそうです。
    こんな時でも気持ちを明るく持って淡々と生活したいものです。
    そのうちコロナウィルスも流行の終息を迎えるでしょう。

    それにしても、今回の国の対策は本当に不十分でした。これからのことを考えて、きちんと有効な対処の方法をしっかりと考えておくべきでしょうね。
    マスクが足りないといいますが、洗濯物といっしょに洗って、十分再利用出来ます。
    あと、人間が密集して暮らしたり、往来が多いということのリスクも感じました。
    もう少し生活を見直すべき時なのかもしれません。

    返信削除
  9. 子どもたちに影響ありましたら特に心が痛みます。マスクをして(特に咳や発熱のある時は)感染が広がらないように子どもたちを見守ってあげていだだきたいと願います。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます