2020年1月24日金曜日

新型コロナウイルスに感染しないための方法


中国の武漢で発生した新型肺炎コロナウイルスは、拡散を続けています

先日は中国当局の感染者数の発表は、少ないのではないかと言いましたが、おそらくその通りだと思います

ここにきて罹患者数の発表を増やしていますが、それだけにとどまらないはずです

おそらくはすでに数千人から一万人単位の患者数がいるものと思われます

武漢は中国当局によって交通網が遮断されましたが、自動車に乗って他所に移る事は可能です

すでに中国の他の省に拡散を続けていますので、今日からの春節にともない、多くの中国人観光客が日本にも訪れます

安倍政権が中国を頼りとして、観光客を増やすようにしていますので、今年も多くの中国人観光客が押し寄せてくるでしょう

政府やテレビなどのメディア情報は、今回発生した新型コロナウイルスの危険性を小さく見せているように思われます

国民に不安を与えないようにという善意の解釈もありますが、あまりにも対応が出来ていなくて、被害が拡大する恐れがあります

そこで政府やメディアは頼りになりませんので、皆様方が個々に自衛されることが大切です

スピリチュアルスクールで罹らないための対処法を質問されていましたが、一般にも公開して書きたいと思いましたので、こちらで書いてみます


まずは基本として人ごみをなるべく避ける事が大切です

電車や空港、スーパーやショッピング街、娯楽施設など、感染が広まっている間はなるべく避けた方がいいでしょう

特に外国の方が多く訪れる場所は避けた方がいいです

ウイルスを防ぐためには一般に売られて入手できるものでは、アルコールや次亜塩素酸系(弱酸性電解水)が有効です

ウイルスによってアルコールが効かないものもありますが、コロナウイルスは75%以上のアルコールは有効と言われています

今回の肺炎は新型ですがコロナウイルスの一種ですから有効と考えられます

ですのでアルコールを含んだ手洗いのスプレーやウェットティッシュを持ち歩くといいでしょう

そして食事をする前とか、トイレに行く時、顔を触る前に、それで手を拭いてください

公共の場所では、ドアノブとかエレベーターのボタン、トイレの蛇口やレバーハンドルなど、大勢が手で触る場所は、ウイルスが付着しているので危険です

触らないようにするか、ティッシュをかませたり、触った後にすぐにアルコールで手を消毒するのがいいです

特に飛沫感染するウイルスは、手について感染する事が多いため、手を消毒するのが有効です

特に公衆トイレは感染の危険が高い場所です

トイレの水を流す時には、ふたを開けたままですと、飛沫が舞って感染する可能性もあります

ですので水を流す時には、ふたを閉めてから流すようにします

そして手を洗った後には、手で直接、蛇口に触れたり、ドアノブに触れたりすると、感染してしまう可能性があります

せっかく洗っても、その後に蛇口やドアに触れたら、そこでまたウイルスを付着させてしまう事になります

ですので、ティッシュなどで触れるか、肘を使って開け閉めするようにしたりなど、気を付けてください

可能なら、人ごみに行く時には、使い捨ての手袋をして、帰ったら捨てて手洗いするのがいいです

外から室内に戻る時に、うがいと共にアルコールで手を消毒されてください

うがいはそれほど防ぐ効果はないそうですが、やらないよりはいいくらいに思ってください

うがいされる時にはイソジンによる消毒がよいです

手で口や目を触らないようにして、もし触る場合には、アルコールなどで消毒してください

特に今回のウイルスは目から感染する者が多いと言われますので、目を保護し、コンタクトをつけるなど、目を触る時ときには必ず消毒してからにしてください

マスクについては、感染者が飛散を防ぐには有効ですが、それで感染を完全に防ぐことは出来ません

防毒マスクのようなものでなければ徹底して防げないと思います

もちろん人前に行く時には、マスクをして少しでもウイルスの侵入を減らした方がいいです

マスクを選ぶときには、なるべく隙間が無くて、しっかりフィットするものがよいでしょう

サージカルマスクという医療現場で使われているマスクで、VFEというウイルス除去率の高いものを使用するのを進めます

そして何日も同じものをつけ続けるのではなく、一日で変えてください

使用したマスクにはウイルスがついていますので、一日で捨てるようにして、連続使用はしないでください

マスクにはウイルスが付着していますので、触った手はアルコール消毒されてください

目の粘膜からも感染する可能性があるため、ゴーグルが本当はいいですが、無理ならば眼鏡をかけるのも無いよりはよいかと思います

部屋の中は、次亜塩素酸系のスプレーや空気清浄機を使用すればそれでウイルスを防げます

あるいは窓を開けて、空気の入れ替えを頻繁にされてください

締め切った状態ですと、ウイルスが部屋の中に籠りますので、窓を開けて換気することでウイルスを追い出します

最近は次亜塩素酸系を含む商品も増えてきていますので入手しやすくなっています

ただ塩素ガスを発生させる身に着けるタイプの物もあるようですが、これは外出時には効果は無いと思っておいた方がいいでしょう

そして室内は乾燥させないように加湿する事です

乾燥するとウイルスや菌が空間を飛散しますし、咽喉などの粘膜が乾燥すると、そこにウイルスが侵入しやすくなります

これらはインフルエンザなどのウイルスにも有効ですので、取り入れられるものは参考にしていただけたらと思います

(※感染を防ぐためのスピリチュアルな方法については、一般公開は問題があるかも知れませんので、スピリチュアルスクールでの公開といたしました)

関連記事



5 件のコメント:

  1. 感染しないための対処法、そしてスピリチュアルな方法についても、大変参考になりました。
    早速対策したいと思います。
    どうもありがとうございます。

    返信削除
  2. 昨年秋からのペストとの関連もあるのでしょうか。
    ペストは菌でしたっけ。
    もうごちゃ混ぜになってるのでしょうか。

    明日、週末からもう街に出るのが怖くなります。

    返信削除
  3. これから春節で日本の政府が規制しない限り中国からもたくさんの観光客が来ると思いますが、日本人の観光客は観光地に来なくなるでしょうね。
    解熱剤飲んでフランスの空港のサーモグラフィーを突破した中国人が出てきたとのこと。
    サーモグラフィーと問診ぐらいしか空港としはできないんでしょうね。
    中国政府やWHOの情報を鵜呑みにして日本政府は国民を守る気あるんでしょうか。

    返信削除
  4. 今、私達が出来ることは、感染を防ぐこと、感染したら広げないこと、ですよね。

    感染しないためには、免疫力を高めることも大事なので、腸内環境を整えるために酵素の多い野菜や発酵食品を食べること、腹八分目を心がけること、体温を上げるために湯船に浸かったり、身体を休めることですね。
    こちらでもご紹介頂いている方法などを参考にしたいと思います。
    「食事と健康長寿とスピリチュアルな関係」
    https://www.spacebrothers.jp/2013/02/blog-post_17.html?m=1

    返信削除
  5. 私が風邪、花粉対策で重用してたのはワセリンです。
    ワセリンを鼻の両穴に綿棒で塗りたくります。
    見た目を気にしなければ目の周りにも。(塗るとテカってしまいます…)

    職場によっては空気の乾燥とか全く気にしてない所もありますよね。
    そういった職場ではこの方法が私には有効でした。
    ウイルスが体内に入る前にワセリンが吸着してくれるそうです。

    皆さまどうぞお気を付けて!

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます