2020年2月4日火曜日

新型肺炎の次は鳥インフルエンザ発生 中国に降りかかる災厄


中国では武漢市から発生した新型肺炎のコロナウイルスは、いまも拡大し中国全土に広まりを見せています


そうした中国で、今度は鳥インフルエンザの発生も、新たに確認されています

この鳥インフルエンザは「H5N1型」と呼ばれるもので、非常に強い毒性を持っています

鳥からヒトへの感染もするタイプで、以前に発生した時には、死者も出しています

そして専門家らは、この鳥インフルエンザが、ヒトからヒトへと感染するように変異しないかと危惧しています

もしもヒトヒト感染するようになり、拡大するようなことになれば、大変な脅威となります

今のところ人への感染は認められていませんので大丈夫ですが、こちらも広まったら大変な事態になります

今でも中国では、豚コレラの大流行があって、豚肉が高騰し、なかなか手に入らなくなっています

これで鳥インフルエンザも流行してしまったら、中国人には弱り目に祟り目となってしまいます

新型肺炎も衰えを見せず、感染の拡大が続いていて、おそらくは中国の各地で大流行してしまうと予想されます

このように中国では病が流行して、大変な危機を迎えています

先日も紹介しましたように、中国ではこれらは天罰ではないか?という噂が流れています

中国政府は、ウイグル人を数百万人、強制収容所に入れて、洗脳や拷問したり、臓器狩りを行うなど、非人道的な行いをしています

これに対して、ウイグル人を収容所に閉じ込めていたことが、次には武漢市やその他の都市も封鎖されて、閉じ込められる事態を招いたのではないか?という事

香港では、民主化を求める市民に対して、本人が特定できるように顔を出させるために、マスクの着用を禁止していたら、新型肺炎が発生して、マスクをしなくてはならなくなった

そして豚コレラの流行で、豚肉が高騰していますが、イスラム教徒のウイグル人に、教えで禁じられている豚肉を、無理やり食べさせるような事をしたから、その罰で豚コレラが流行しているのではないかというもの

こうした事が囁かれています

今回はさらに鳥インフルエンザも発生していて、これは偶然などではなく、明らかに中国政府の今の在り方が招いた災いであると感じます

中国には次々と災厄が続いてしまっています

さらにこれから中国は、いままで経済成長を続けていましたが、そうとうな落ち込みに入っていくでしょう

国民の暮らしはますます厳しいものとなっていくはずです

もちろん日本も対岸の火事ではなく、その余波は襲ってきます

中国の人たちが早く立ち直るためにも、今の政治の在り方が変わらなくてはなりません

中国共産党による一党独裁は、すでに耐久年数を過ぎているといえます

中国には新たな、もっと民主的な政治が必要でしょう

暴力で国民を支配する国は、不幸を招くだけです

天の声を聞き入れなければ、今後さらに不幸な事態が押し寄せる事でしょう

↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



6 件のコメント:

  1. やっぱりそういった因果応報、作用、反作用みたいなことはあるのでしょうね。それがいつ、どういった形で帰って来るかはわかりませんが。大きいことでも、小さいことでも同様にあります。良心に照らしてみて、非道な事は避けるべきだと思います。
    他人にすることは自分にすることと同じです。

    返信削除
  2. せっかく、神様が気づきを与えているのに気づかない中国の執行部。もっと恐いことが起きますね。

    わが国も同じ事です。

    気づかない者がマツリゴトを行う資格はないと思います。

    返信削除
  3. 新型コロナウィルスに関して、子供さんの感染者のニュースを耳にしないのが、まだ救われるような気がしますが、悪い事をしている人たちだけ、というわけではなく、一般庶民の方々までが感染されているのだとすると、お気の毒の様にも感じます。

    返信削除
  4. 赤ちゃんは、失敗や間違いをしながら成長していくものですね。
    そこには、大人達の保護、許し、励まし、という背景があります。

    みんな間違ったことをした時期はあり、当人はそれを素直に認めて、改めていけば良いのでしょうね。
    周りの人は、それらを責めるのではなく、そのような間違ったことをして「見せてくれた」ことに感謝して自分への戒めとすると共に、許してあげられる包容力があるかどうかを問われている気がします。

    返信削除
  5. 前回もコメントさせて頂きましたが、

    中国が動物を改造して武器用のウイルスを開発している、そして、そのウイルスの悪性の効果を(捕らえた人たちに感染させて)人体実験のような形でも研究をしているのであれば、それはどう考えても神様の法則から外れており、それ相応の反作用(自業自得、蒔いた種の刈り取り)は避けられません。

    罪のない動物の命を人間の都合で(しかも悪いことに・罪もない人たちの体を利用までして)使うなんて、本当に最悪です。

    そんな身勝手な・愚かな人間に対して、ウイルスたちも怒って当然のような気もします。

    私たちは自分たちのエゴの(自分さえよけりゃそれでいいのさ的な)生き方を棚に上げていろんな事態を批判しますが、

    そもそもその事態を招いたのは私たち人間の愚かな行動なのであって、

    まずはやはり、普段の生活の中で平気で行なっているエゴの言動を振り返り、(中国を反面教師として)少なくとも日本人は、自分は、エゴでなくあたたかな思いやりで・助け合いの気持ちで・ウイルスや天災など自業自得の反作用に遭うことなく、神様に守られる誠実な生き方をするぞ!と誓い、それをひたすら心を込めて実践するだけでいいのです。


    …神様やイエスさんたちの、怒りというよりは悲しみの気持ちが、これらの言葉とともに今、私に届きましたので、皆さんにもお伝えしますね!

    少なくとも私たち日本人は、何よりもまずはよく食べ、よく眠り、よく笑って、体も心も冷やさないようにしましょう!

    冷えた体はウイルスが入りやすく・暴れやすくなるからΣ(-᷅_-᷄๑)

    返信削除
  6. そう言えば日本も大地震で何万人と死者がでたときにも、同じような噂が中国や韓国から言われていたのを思い出しました。災害や災難のあとには諸外国から言われるものなんですね。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます