2020年2月24日月曜日

不安が去らないときのスピリチュアルな対処法


新型コロナウイルスの蔓延や、景気が悪化していく事もあって、さまざまな不安が、世の中全体に広まってきていると思います

将来の危機に備えて、あらかじめ手を打つことは人間の知恵ですが、先行きの見通しへの不安によって、心がマイナスに傾きすぎるのも問題です

実際に起こる危険よりも、不安によって心を痛めしてまうことの方が多いでしょう

今回は不安が去らないときの瞑想法について紹介いたします

座っていても横になっていてもかまいません

リラックスできる姿勢で、目をつむり、守護霊様に「これから不安を去るための支援をお願いします」と言います

そして光の玉が頭上から降りてきて、ゆっくりと全身を覆っていきます

あなたの全身を、光の結界が包み込んでいくのをイメージしてください

守護霊が、その光りの結界のうちに、癒しの光りを注いでくれます

結界の中に光りが満ちるのを感じながら、ゆっくりと深呼吸をしてください

鼻から息を吸い、口からゆっくり吐いていきます

満ち溢れる光りを鼻からゆっくり吸いこみ、身体のうちが光りに満たされていくのをイメージします

口から息を吐くときに、同時に不安や恐怖も吐き出されるのをイメージします

呼吸するごとに、身体が光りで満たされ安心感が広がり、不安が消えていきます

吸う息と共に光で満たされ、安心感が広がり、吐く息とともに、不安も空に消えていきます

不安が十分に消えていくまで、この瞑想を続けてみてください

そして、いつも見守っていただいている守護霊さまに、感謝の念を伝えましょう

「いつも共にいて、私を見守ってくださり、ありがとうございます」と伝えてみてください

心を開けば、あなたへ向けられた愛情の波動が伝わってくるはずです

関連記事



6 件のコメント:

  1. ありがとうございます。
    タイミングよく、記事を読ませていただきました。
    救われました。助かりました。
    心から感謝しています。

    返信削除
  2. ありがとうございます。なんて気持ちが良いのでしょう。守護霊さまにいつもこんなに守られているのに、感謝することを忘れていました。反省。

    返信削除
  3. いつもありがとうございます。
    今年に入ってとても疲れていて、前の記事で
    あったのを思い出して、祈ってみたところ
    前後左右の4名から光と祈りを向けられている映像が見れました。
    とても癒され、体のこわばりが取れていくのを感じました。
    いつも守られているのだなぁと
    感謝を忘れないようにしたいと思いました。

    返信削除
  4. 夜中に訪れる揺れが本当に怖くて、眠ることができておりません。また揺れがしばらく途絶えるのも、それはそれで不安になるものです。現在のわたくし達の心情をお察しいただき、本当にありがとうございます。
    教えていただいたことを今夜から致しますね。
    そしてこの震えの収まらぬ、かけがえのない大地に許しと感謝の気持ちを込めて、光を送ることのできるひとりになりたいと思いました。ありがとうございます。

    返信削除
  5. 夜中の揺れの不安お察し致します。一日も早く落ち着いて暮らせるようお祈り申し上げます。このブログを読む前に、YOU TUBEでグラウンディングの誘導瞑想があるのを見つけ、深く考えずにしていました。
    落ちついて地に光を送りたいと思います。
    いつもありがとうございます。

    返信削除
  6. ありがとうございました。
    大切に読ませて頂きます。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます