2019年6月19日水曜日

新潟・山形地震22:22発生の霊的意味

昨日18日の夜22時22分に、新潟で震度六強を観測する地震が起こりました


地震による負傷者は出たものの、重傷や亡くなられた方は出ていないとのことで、不幸中の幸いだったと思います

被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます

今回の地震は時間が22:22に起こったという事で、偶然ではなくて、何らかの意味が含まれているのを感じさせるものでした

その前日は満月となっていて、満月や新月には地震が起こりやすいという話もありますので、そうした事も引き金になったのかも知れません

実は、地震の起こった前日の満月の日には、スクールに入られているみなさんはご存知でしょうが、ちょうど満月の一斉ワークを行っていました

それが奇遇にも、地震の発生時刻と同じ、22時22分に行ったのです

ちょうど一日前の同時刻に行っていました

この2222という数字の意味として、二元性を現す霊的な意味が含まれています

善と悪、光と闇、陰と陽、男と女というように、世界は二元性で成り立っています

こうした時間にワークを行うことで、二極のバランスをとる意味であったり、光と闇を明確にして、善を取り悪を除くという働きが加速されます

今回は”癒し”をテーマとして行っていましたが、その翌日の同時刻に”傷つく”事が起こったわけです

二極性を示すように、対照的な出来事発生しました

今回の地震の発生には、日本の将来に対する、二つの分岐点を暗示するのではないかと感じられます

今月末は日本でG20が開かれますし、世界情勢でも米中貿易戦争があり、中国の習近平氏が北朝鮮を訪れるようですが、北朝鮮問題もあります

そしてイランでも、先日は安倍総理が訪問した際に、日本船籍のタンカーが攻撃される事件なども起こり、アメリカとの衝突の危機が高まりつつあります

そのように、現在は特に日本にとって将来への大切な岐路にあることを感じさせます

世界は経済的な衰退に向けて、減税や金融緩和に動いている中、日本だけ増税して世界経済の足を引っ張るのではないかと懸念もされます

そうした大事な時期に差し掛かっているものと思います

未来がポジティブな世界に向かうのか、それともネガティブな方向へと行ってしまうのか、今が大切な過渡期にあると思います

関連記事



5 件のコメント:

  1. スクール生です。
    22:22の霊的意味をスクールで聞こうと思っていました。

    このような意味があったのですね。

    返信削除
  2. 22:22奇跡の様に同じ時間ですね。
    安部自民党に期待はできません。
    増税決定なのですから。

    日本は地震が多いし、今回の地震も移民や外国人労働者などを受け付けない為の警告だとも思うのですが、、

    返信削除
  3. 氷河期世代で、派遣切りや期間工で、
    職を失い、衣食住足りず、将来を悲観し、
    自殺を選んだ、同世代が多かったです。
    今の外国人雇用、人手不足などニュースをみると、
    なんだかやるせない。
    失われた20年、氷河期世代を生きた意味とはなんだったのでしょうか?

    返信削除
  4. 山形在住の者です。
    私も、地震の発生時刻が22:22だったので、
    意味があると思っていたので納得しました。
    被災地が、山形と新潟というのも何か意味があるのでしょうか?

    返信削除
  5. 甥っ子が 平成22年2月22日生まれです。

    何か 不思議な力を持っているのかなと思ってしまいます。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます