2017年12月28日木曜日

プレハブ長女監禁事件や児童虐待に見る闇と、闇を克服する道


両親によって17年もの間プレハブで監禁され、死亡した女性がいます
幼い子供が、両親などに虐待され、死亡するという痛ましい事件も後をたちません

こうした事件の背後には、人々のもたらす闇の中で行われます

闇とは光の届かず、死角となる場所です

何故世の中に闇は生まれ無くならないのでしょう

それは自分のみよければいいとする、エゴとエゴとのぶつかり合いから闇は発生し、エゴの主張からは闇は消えていきません

人と人とが暮らす中には、調整の原理が無くては闇は広がっていくばかりです

そのために、エゴとエゴとのぶつかり合いによる闇を消すための教えが、古来より説かれてきました

お釈迦様は八正道という、正しさを探求する道を説かれました

お互いに縁起の理法を認めて、正しい道を求めていく中に、人と人との調和の原理を説かれています

もしお互いが自分のみ正しいと、自分の考えだけを押し付けるなら、そこには対立しか生まれませんが、互いに正しさを求めていくことで、エゴの対立を克服していく道を示しています

そしてイエス様は、愛の教えを説かれました

互いに愛し合うことで、エゴによる対立を克服する道を説いたのです

エゴは自分を優先しますが、愛は相手を思いやるため、エゴによる対立を打ち消していきます

愛は、人と人との間に発生する闇を、打ち消す光の役割を果たします

さらに出エジプトのモーゼは、神から授かった十戒を人々に示し、決められたルールの中で人々が生きていくうちで、互いのエゴを調和させようとしました

イスラム教の預言者ムハンマドもこちらに近いかも知れません

この決められたルールに乗っ取って、人々が暮らしていくという方法が、現在の法律のもとともなっているでしょう

現代の法律は人が作ったものではありますが、それに基づいて社会を調和して運営させようとする考えです

これはご存知のように、悪事を働くと法に照らされて罰せられるということで、犯罪抑止になっているわけですが、必ず罰せられるわけではなく、逃れられたり、あるいは、罰せられるのを知ったうえで犯す犯罪などは防げずにいます

日本にも上記のような犯罪の闇がありますが、海外でも犯罪は多くあります

厳重に法律を施行しても、世の中から闇を無くすことは出来ずにいます

これは法律による社会の維持自体に無理があるからです

この世から闇をはらっていく原理として、あと二つの教えも世の中に広まって、根付いていかなくてはなりません

それが上記に挙げた、人と人との調和のための反省の原理であり、相手の事を思いやる愛の原理です

法律の原理はすでに世の中に広まり、浸透していますが、もう二つの原理は広まっていないでしょう

これら三つの原理が有効に機能してこそ、世の中の闇をはらう働きが強くなります

関連記事





0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます