2017年5月30日火曜日

ハチドリのひとしずく


わたしの好きなお話「ハチドリのひとしずく」を紹介します

森が燃えていました

森の生き物たちは われさきにと 逃げて いきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは 行ったり来たり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちはそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」と笑います

クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」


ご存知の方もいらっしゃるでしょう、南米エクアドルに伝わるお話し

せっかくの良かれと思ってなしたことが良くない結果になりませんように

水を注いでいるつもりが、油を注いでいたことになりませんように

ことに政治的な判断は、良かれと思ってなしたことが、結果的に逆に出てしまう悲劇があるように思います

ひとびとの善良なる思いが、邪なる思いの者たちによって捻じ曲げられることもあります

羽ばたく宝石のように美しいハチドリ、花の蜜の好きなハチドリの純粋なる思いが、悪しきもの達によって汚されませんように

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 心強いメッセージを有難うございます!

    災害や侵略など圧倒的など力の前には
    恐ろしく立ちすくんでしまう様な自分がいますが、どんな状況でも自分にも出来る事があると思うと前を向いて歩く力が出ます。

    私は私のいる場所で花を咲かせ、出来る事を果たします。

    返信削除
  2. 私も大好きなお話です。
    エクアドルのお話だったのですね。
    アフリカ系女性で初めてノーベル平和賞を受賞されたマータイさんが来日された際、このお話に出会い、以後自身のお役目をこのハチドリに重ねていらっしゃいました。
    結果、独裁政権から見事に民主主義の風穴を開けたのですから。
    我が国のハチドリのロールモデルがいますように。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます