2019年4月15日月曜日

意見の対立や出会う人との関係の霊的意味とスピリチュアルな成長

人は誰しも、自分が正しくて、相手は間違っていると考えるものです

自分は正しいことを言っているのに、相手は理解せず、間違ったことを言っていると考えます



自分の意見は正しいと考え、間違っている相手を屈服させようとします

しかし、頭から自分が正しく、相手は間違っているととらわれていると、そこから学べなくなります

相手の中によい点を見出していこうとすることで、学びは得られます

対立する相手にも、よい所はどこかあるものです

どんな相手にも自分より優れた点を持っています

ひとは自分と違うものから学び取っていくことで、成長していけます

人間は自分とは違った人たちとのかかわりの中で学びを得ます

まったく同じ考えの者同士で集まっていても、学びは少ないでしょう

多様な人々との人間会計の中でこそ、人は学び、考え、智慧を得ます

特に深い関わりのある人については、より深い学びを得られる対象です

彼らに出会ってこそ、私たちは学びを深め、魂を成長させていくことが出来ます

出会う人々が、私たちの師であるのです

それは反面教師であることもありますが、人と人とのかかわりの中で、魂を磨く経験をし、成長をしていくことが出来ます

人生の途上で出会った人々に、感謝できるようになりましょう



↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆書籍の紹介させていただきます☆☆☆
『宇宙の魂をもつ仲間たちへ』が出版されることとなりました。
そのタイトルの通り、宇宙の魂をもつ仲間たちへのメッセージが込められた本です。
この書が、多くの宇宙の魂をもつ仲間たちに届くことを願っています。

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事




1 件のコメント:

  1. 私たちは、本当に正しいことを理解できていないからこそ、この地球でともに学び合いながら生きる修行をしています。

    もしも本当に正しいことを理解できていたら、その人はもはや誰とも対立しません。

    なぜなら、本当に正しいことを理解できている人は、どんなに酷い人とでも穏やかに話し合える人だからです。

    そこまで至ってもいないのに、「オレが正しい、私が正しい」と叫ぶのは…まだまだ外側が見えていない(自分のことしか見えていない)ということになります。

    本当に正しいこととは何か?
    それを理解するにはどうしたらいいのか?

    それは、自分中心のエゴを捨てて心を込めた思いやりで生きることによってのみ、理解できていきます。

    それを実践すればもはや、人と対立することはなくなっていくからです(^-^)

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます