2021年9月28日火曜日

神様は不幸と思えるものの中に幸福の種を隠される



昨日は「親ガチャ」の話をしましたが、生まれ落ちた環境によって自分は不幸だと思う人もいます

貧しい家庭に生まれ家からとか、身体が弱く生まれたとか、親に否定されて生きてきたなど、過去の出来事の中に不幸を求める事があります

ですが、神様は、人生の不幸と思えるものの中に、幸福の種を隠して入れているように思えるのです

私も子どもの頃を振り返ってみると、暴力的でいつも怒鳴ってばかりの父親と、優しいけど弱くて父親に従うしかない母親のもとに生まれました

いつも父親から否定的な言葉を投げかけられたり、怒鳴られていたため、大人になってしばらくしても、自己否定の思いが強くて、自分はダメな人間なのだという自己イメージを持ってしまい、失敗に繋がる事もあったと思います

そのように見ると不幸な生い立ちのようにも思われますが、それがために自分は鍛えられた面がありますし、辛い人の気持ちもわかる面が培われたと思います

それが今、ブログなどで記事を書く際に、役に立っています

普通の家庭に生まれて、普通に成長していたら、今頃は普通にサラリーマンでもしていたと思いますが、現在は、願っていた自分の考えを発信する事を仕事に出来ています

いろんな問題も抱えた家に生まれてきたからこそ、いまの自分もあり、こうして皆さんに読んでいただく記事も書けるようになりました

不幸なように思えた環境の中にこそ、実は将来の幸福の種が隠されていたのです

また、私はしゃべることが苦手で、自分の考えを言葉にしてお話しするのが得意ではありません

そのため人と話す事も少なく、社交的ではないため、外に出て交流を深めたり、セールスマンのような事は合わないでしょう

ですが、それゆえに、じっくりと考えて言葉を作り出せる文章なら書けるようになりました

もしも、話が流暢で、とうとうと喋れるタイプであったら、これも今のような文章を書くことには繋がらなかったでしょう

話すことが苦手で、言葉がなかなか出てこないからこそ、じっくりと考えて、自分の考えを言葉に出来る文章を書くのが少しは出来るようになったと思います

会話が得意でないのは、社交的でないと思われたり、何を考えているのか分からないと思われて、短所でもありますが、それがために文章を書くようになって、今こうして自分があります

このように不幸と思えるような出来事は様々に起こってきますが、それを突き抜けた先には、将来の幸福の種にもなるのだと知っていただきたいと思います

関連記事



4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ビックリしました。
暴力的なお父様と、優しくも弱いお母様のもとで育てられたのですね。
すると、先生は「過去世で何度も家族として生まれてきたような親しい魂が、暴力的な夫のもとで辛い思いをしているのを見て、あえてその環境に子どもとして生まれてきた」タイプでしょうか。
生まれ変わり方にもその人の人となりが出ますね。
つまり先生、お優しいのですね(TT)
私はカルマ解消、自身を鍛えるための転生が優先されていると思います。

実はうちも似たような父でして、日常的ではないにしろカッとなると手が出る人でした。
しかしうちは皆、黙っていうことを聞くタイプでもありません(笑)
それぞれが強い部分があるので、常に喧嘩が絶えない家庭でした。
なので、「自分自身の中に親と同じような性質を抱えていて、それを反面教師として見せるために生まれてきた」のだと思います。
互いに学びになったと思います。

大学で独り暮らしを始めた頃に、父が言っていたことは社会人として生きていくには当然必要になってくることと気付いたため、その頃には父と良い関係を築けるようになりました。
そしてこれからは大人同士としてうまく付き合っていけそうだなと思い始めた矢先に、父はあっけなく亡くなってしまいました。
なので父との魂の修行はまだ終わっていないと思います、来世でまた会うだろうな〜と思っています。

presi さんのコメント...

熊谷高行さんの「天才を生んだ孤独な少年期」という書籍に、ダ・ヴィンチ、ニュートン、エジソンなど天才と呼ばれた人たちの家庭環境や生い立ちの共通性をもとに発達心理学的見解が書かれています。
自分は天才じゃないにしろ共感できる解説が非常に多く、感動しました。
お勧めします。

匿名 さんのコメント...

今日の記事特に良かったです。
洪さんの育ってきた環境やどんな人なのか少し分かった気がしました。
どんな方が書いているブログか分かるか分からないかでブログから受ける印象も変わってくると思います。
毎日明日の記事はどんな内容か楽しみに日々を送ってています。
今はコロナの記事が多いのは仕方ないですね。
緊急事態宣言が解除されても次の大きな波が来ない様ただ祈るのみです。

sirius さんのコメント...

降りた地球は、成長するにつれて
背負ったものが増えてきたようでした。

コトの意味さえ知らず・・・
霊的真理さえ知らず・・・

それでも、自分を捨てなかったことは幸せです。