2020年3月3日火曜日

非常時の人の心|愛とエゴの両極に分かれる時


コロナウイルスの流行により、デマ情報も流れています



たとえばマスクに原材料が回されて、トイレットぺーパーが無くなるという嘘情報が広まり、実際に店舗から商品が無くなるという現象が起きました

実際には、トイレットペーパーの材料は、マスクとは別であり、日本国内で生産されているため、在庫は豊富にあります

まるでオイル・ショックの時のような買いだめが発生したわけですね

今まで過去の出来事として聞いていたことが、いま日本で実際に起こっています

はじめはネットを中心に、デマ情報が流れていたわけですが、それをさらにテレビなどのメディアが、棚に在庫が無くなっている映像を流して回ったために、みんなが慌てて買いに走るという悪循環がおりました

メディアはデマに振り回されないようにと言いますが、映像で品薄の状態を映されると、人々は心配になって、「買えなくなるかもしれない」と思い、慌てて買いに走るわけです

すると品物があっという間になくなってしまうため、さらにそれを見た人が、われもわれもと買いに走り、結果的に品が店舗から無くなってしまいました

お店の棚からは一時的に無くなりましたが、メーカー側の在庫は豊富にありますので、それが次第に店頭に並んで、品薄は解消されるでしょう

ですが、もう家に在庫が少なくなっている人は困ったはずです

みんなが慌てて買いに走るものですから、必要とする人に届かないという現象が起こります

そうした事態を避けるためには、あらかじめみんなが普段から備蓄をしておくことです

ある程度、家に備蓄しておれば、慌てて買いに走る必要もありませんし、パニックにならずに済むでしょう

スピリチュアルスクールで、みなさまにあらかじめ備蓄を進めていたのも、こうした事態を避けるためでもあります

あらかじめ備蓄しておけば、そうしたパニック買いは避けられますが、普段から必要な分のみ買っていると、品が無くなったら大変ですので、慌てて買いに走ってしまいます

普段から、ある程度備蓄しておきますと、災害時にも役立ちますし、こうした時にも慌てずに済みます

あらかじめ備えておくことで、こころの余裕も持てるでしょう

こうした非常事態や緊急時には、その人がどのような人間なのかよく現れると思います

他人の事を考えられなくなって、我先にと大量の品を買い占める人もいます

自分が助かりたい一心になってしまい、他人の事が目に入らなくなります

また中には、ネットオークションなどへ出す転売目的で、大量に購入し、高額で売る者もいます

こうした、人の困った事態を利用して、高額で売って儲けようとする方も出てきてしまうのですね

一方で、あらかじめ余裕をもって備蓄していた人は、買えなくて困っている人に分け与えたり、助けてくれる人もいます

スクール生にもそうした人が少なからず、いらっしゃったのは誇らしい事です

困った人を助けるのは、愛の行為であり、それを実践できることは素晴らしい事です

口だけで愛を言っていても、実践できなければ絵に描いた餅になってしまいます

そのように、エゴに振り回されて、買い占めに走る人もいれば、他人へと助けの手を差し伸べる人も出てきます

このように緊急時には、その人のこころがよく現れてきます

今回のような、デマ情報に振り回されたり、自分の事ばかり考えて慌てて買いに走ったりしないことが大切でしょう

そのためには、あらかじめ自分自身が余裕をもって生きるように心がける事、そして非常時には、エゴで動くのではなく、助け合いを考える事が大切でしょう

今回のような非常時こそ、自分だけ助かりたいと思うエゴで考えるのではなく、周りの人も助けようと愛で考え行動するようにしたいですね

こうした時に、自分はエゴで考えているのか、それとも愛で考えているのかを、見つめなおす機会になります

関連記事



8 件のコメント:

  1. 私の母は、普段から備蓄を十分にするタイプの人です。
    私の子供が産まれたときは、子供が小さい時になにかあったら大変ということで、そのときは飲み水やミルク、おむつ、最低限の食糧など、買い揃えてくれていました。当時は、深く考えていませんでしたが、いまになって思えば、とてもありがたいことだったんだと気づきます。


    普段から備蓄をしておくのは、心に余裕をもつと同時に、いざというとき人に頼らない、ということでもあってリスクの管理ですね。自分の身はまず自分で守る。最低限のものを揃えておくのは、生きるための知恵なのでしょうね。

    返信削除
  2. 韓国では新興宗教の団体の影響もあり、(クラスターによる感染拡大)新型コロナの感染がひろがってしまい、現在5000人を超える患者数となり、病床不足が深刻となっているようですね。たすかる命がたすけられない状況になっていて、日本は今感染が収束するか拡大かの分岐点だそうで、洪さんのメッセージから、愛の大切さを再認識しました。ありがとうございます。

    返信削除
  3. 以前マスクが安くなっていた時に虫の知らせかかなり多めに購入しました。
    お世話になっている方が手元にない、とお話ししていたのを聞き、早々に
    お渡ししました。代金は?と聞かれましたが、頂きませんでした。その方は
    要職に居る方です。マスクも喜んでその役割を果たし、健康に乗り切って
    くれるお手伝いをしてくれることでしょう。

    返信削除
  4. マスクは丈夫な不織布で作られているので、洗えば使えます。普段にはそれで十分です。
    それにしても情けない、転売したところで大したお金になるわけでもないのに・・。

    返信削除
  5. 「クラスター」感染が深刻になっていますね。

    返信削除
  6. 韓国で感染者が多いのは、検査を積極的に行ってるからで、
    日本とは比較になりません。日本とは桁違いに検査が容易にされてるようです。
    日本も検査が行き届くとどうなるのか…

    数日前、テレビで岡田教授が、
    日本で検査が遅れてるのは一部の感染研OBがデータを独占をしたいためであると
    生放送で告発したことが話題になっていましたが…本当なのか…
    大変な告発だと思うのに、マスコミもいまいち取り上げず…
    波紋はあったっぽいのに、その後はなんとなくスルーされている感じで、
    なんだったんだろうのだろうと(???)

    返信削除
    返信
    1. 私は韓国のように、ばかみたいに検査しても意味がないと思っています。それよりも当人はなにもしらず、悪意もなく、こっそり感染して、こっそり完治して、こっそり免疫つけて、その人数が増えていけばそれで収束に向かうのではなかろうか。とりあえずは今は重篤な人が検査を受けていけばよいと思う。医療関係者の余裕は必要だとおもいます。

      削除
  7. ツイッターの中で、こんなコメントを見つけました。

    『震災で大変な思いをした知り合いの先生が教えてくれた言葉…

    奪い合うと足りない。
    分かち合うと余る。

    必要なものは必要な人に届くように、どんなものでも買い占めNGで◎』

    とても胸に響く言葉ですよね。
    分かち合うと余る…
    変に注目されたがる人のデマ情報に踊らされないように気を付けながらも、思いやりとか優しさとかが余るほどにあふれる世の中になったら何が起きても怖くないのかもしれない。
    そう感じました(#^.^#)

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます