2020年3月31日火曜日

コロナ前の世界は終わりを告げる


日本でも大都市圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大しており、昨日は誰もが知る有名芸能人が亡くなるという出来事が起こりました

今まで当たり前だと思っていた日常や、当然のことと受け止めていた平和な世界が、日本でも終わりを告げようとしています



すでに世界の各国では、以前の暮らしとは様変わりし、多くの都市が封鎖され、人々は移動の制限や、自宅での待機を強いられています

そして人々は見えない敵に立ち向かい、医療関係者は必至の覚悟で働いています

そんな海外の出来事を目にし、耳にしても、日本人はどこか他所の国の出来事としてとらえ、他人ごとのように感じていました

まさか日本もそうなるなんて思わず、考えたくもなかったでしょう

しかし、それは我々のもとにもやってくるのです

何度も警鐘を鳴らしていたのですが、多くの人は聞く耳を持ちませんでした

いまある幸せが、もろくも崩れる日の事を考えたくもなかったのです

世界の人々からすれば、日本の緩やかな対策が、信じられない目で見られていました

でも、それも終わりの時を迎えるでしょう

私たちはもう、コロナ以前の世界には戻れません

世界は一変してしまうのです

ですが、新たな世界を生み出す機会にもなります

人々が恐怖で縛られる独裁者の世界となるのか、愛と光にあふれる新世界となるのか、私たちの意識が選ぶのです

未来は幾通りもの可能性を、私たちの前に提示します

それを選ぶのは私たちの意識の在り方に関わってきます

関連記事



5 件のコメント:

  1. 意識が行動を起こさせています。
    今何を思い、何をしているか?

    自分で考えず周りに流されてきた沢山の人達が、行き場を失い迷うことになります。
    人や物など、何かにしがみついている人も同じですね。

    これから世界は変わり、真実の世界になっていきます。

    変わるんだ!変えるのだ!と、自分の可能性を信じて前に進む勇気を持つ者に、明るい未来があるのですね。

    返信削除
  2. 小さい頃、学校で習った
    嘘をつかない、人に優しく、誠実に
    というような人として当たり前のことが
    社会に出ると重要でなかった(ように見える)現実に驚いたものです。

    嘘をついてでも、人を利用して蹴落としてでも
    手段は選ばずに、いかに自分がのし上がるか
    お金を得るか、地位を得るか
    ということが重要視されていた今までの時代は
    まさに中国的な時代そのもののような気がします。

    今それが崩壊しようとしています。
    洪さんのおっしゃる通り、苦しみや痛みも伴う大改革になると思いますが
    今までの理不尽に生きづらさを感じた方もいたはずです。
    心の時代がやってくると信じこの難局を乗り切りましょう!

    返信削除
  3. 私の勤め先では、上司が古い考えと言ったらいいのか、なんとも中国共産党のような方達がいます。従わない人は、ダメ人間、数回ほど失敗すると使えない人間、と影口を多数の部下に言うなど。と言った事があり、色々キリがありませんが、中々な経験をさせてもらっている日々を過ごしています。
    今現在のコロナウイルス騒動にも鈍感で、30から40人は集めて毎朝の朝礼をしています…。
    それでも少しずつ、有給休暇が堂々と休めるようになったりと数年前よりは、環境がよくなってきていると思います。さらに私はよくなると信じています。
    国も社会全体も、会社一つ一つが変わる時がきていると思います!
    人の愛が第一主義の魂の時代へと変わる時なんですね。個人でも愛をもって日々行動していきます!

    返信削除
  4. 自分さえよければのエゴでの生き方から、みんなで笑顔になれる思いやりの生き方へ。

    みんなが1つの星に住んでいて、みんなが繋がっていて、それぞれがきちんと自分の役割を果たすからこそ、安心して生きていられる…

    例えればあなたたちは、身体の細胞のようなものです。
    脳の細胞も、肺の細胞も、心臓の細胞も、筋肉の細胞も、目の細胞も、耳の細胞も…どこの細胞も全てが大切で、密接に助け合って、そのおかげで1つの個体としてあなたは安心して生きることができています。

    なのに、それぞれの細胞が文句を言いだして、全く働かなくなったら…あなたの身体はあっとゆうまに体調を崩すでしょう。

    それぞれの細胞が、自分の仕事をきちんと果たし、かつ、周りの細胞と助け合う…
    その繰り返しがあるからこそ、安心の毎日をあなたに届けてくれているのです。

    そしてこの地球は、あなたの身体のようなもの。
    そして細胞であるあなたやあの人やこの人が、自分に与えられたことをきちんと果たし、かつ助け合って生きているかをよくよく振り返ってみてください。

    これまではほんのわずかでも、きちんとその生き方を果たす人がいてくれたので地球はなんとか持ちこたえてきましたが、今のように自己中な人が増えすぎて思いやりが減りすぎるともはや、地球は持ちこたえられません…

    つまりここからは、「思いやりによって助け合いながら自分のやるべきことを誠実に果たす人」が増えなければ、ウイルスなどいろいろな形で地球もろともあなたたちは滅んでいくことになります…

    でもそれではあまりにも救いようがなさすぎて、だからこそこうして改めて言葉を伝えているのですが、果たしてこの真意がどれだけの人に理解していただけているのか…

    どうか、愚かな選択をしないように。
    健康な体(あるいは地球)を失ってから痛感しても、遅いのですから…

    (イエスさんより)

    返信削除
  5. 今から冬いや真冬の時代に突入するということですね。今までは正解であったものが真逆の世の中になる。ただし、自己保身に(現政権?)走らず、人のため真面目にこの期間を耐え忍べば、きっと神様も見捨てることはないのかなと思います。なので真面目に頑張ります。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます