2019年9月17日火曜日

環境も他人の気持ちも変えられない、変えられるのは自分の心

いくらその場の環境を嘆いても、変えられないことは多々あります

自身の家庭環境に生まれ育ったことは、変えることのできない事実でしょう



そして他人の気持ちも、何でも自分の思い通りに変えることは出来ません

相手を説得したり、影響を与える事は出来ても、すべてを作り替えることは不可能です

それでは人はただ黙って流れに身を任せるしかないのでしょうか?

人には自分で変えられるものがあります

それは自分自身です

周囲の環境や人の気持ちは変えられませんが、自分自身を変えることはできます

自分の人生に責任を持つ根拠は、自分で自分を変えていく事が出来るからです

自分の思考と行動を制御し、コントロールしていく事で環境に対処していけます

困難が訪れても、ただ「嫌な事が起こった、避けたい」とだけ思うのか、「これを乗り越えていく事が天に与えられた試練だ」と思うかで違いが出てくるでしょう

現れてくる問題を直視しなければ、対処策も出てきません

問題に当たっていき、解決していってこそ、次のステップに進んでいきます

そのように人生は次々とハードルが現れる障害物競走のようなものです

ハードルが現れたからと言って、そこから引き返してしまえば、ゴールはくぐれません

苦しくとも障害を乗り越えることで、先へと進んでいけるのです

どれだけ大きな障害を乗り越えたかで、その人の真価が現されます

三重苦を乗り越えたヘレン・ケラーは人類の光となっています

私たちもまた、与えられた困難を、自分の思いと行動で乗り越えていくべきです

そうしてこそ人生を輝けるものとしていけるでしょう

関連記事



4 件のコメント:

  1. 生まれてきた時の境遇やまたその後のさまざまに現れる環境などは、自分の魂の足腰を鍛える一冊の人生の問題集なのかなぁ☆
    他人と比べるのではなく自分のスタートラインからどれだけ成長出来たかが大事な気がしてきました☆ 元気が出ました!ありがとうございますo(^o^)o

    返信削除
  2. 与えられた「困難」という「闇の感情」も、自分の「思いと行動」で乗り越えることで「輝く光」になるのですね。
    魂を輝かせて生きたいと思います。
    ありがとうございます。

    返信削除
  3. 人に与えられる試練は、生まれる前に自分で設定した課題でもあります。

    だから、周りの人に助けてもらいながらも頑張って乗り越えられるはずで、怖がって逃げたり諦めたりしてしまうと次回の人生でまた同じ課題を自分に設定することになります。

    だから、怖くても逃げずに今回の人生で乗り越えるのが望ましく、それだけ果敢な挑戦をしに生まれてきた自分を誇りに思いながら頑張ったらよいのだと思います(^-^)

    神様のことを・神様への感謝を忘れなければいつも守って・助けてもくれますから、希望を失わずに頑張れたらと思います(私も過去に大切な人を喪い、その苦しみを乗り越えた日からイエスさんの言葉を受け取るようになりました…あのとき逃げていたらこんな日はこなかったのだと思うと、全ての試練には大切な意味があるのだなと改めて痛感します):;(∩´﹏`∩);:

    返信削除
  4. 為になる話題や知恵をいつもありがとうございます!🦋
    私は生理痛が普通の女性より酷く、毎回苦しんでいるのですが……これは何か苦しんで報われるのか?と毎回思います😭このような何か意味のあるか原因不明なことは意味があるか取り上げていただけたら幸いです🙈

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます