2019年8月23日金曜日

韓国がGSOMIA破棄と将来の危機

日本と韓国が軍事機密を共有するため結んだ協定・GSOMIAについて、破棄することを韓国政府は決定いたしました



北朝鮮や中国などの軍事的な動きを、日本と韓国で共有するものですが、その継続をやめるという事です

これはアメリカも含め、米日韓によって共同で北朝鮮などに対抗していく戦略から、韓国が一方的に距離を取り、離れる事となります

アメリカ側からも事前に破棄はしないように韓国側に訴えていただけに、おそらくアメリカ側でも相当な不信感で見られるでしょう

表向きは日韓のどちらかに肩入れするような事は、火中の栗を拾う様なものでアメリカは避けたいでしょうが、本心では韓国政府への不信感が高まっているはずです

これによって得するのは、北朝鮮や中国になります

自由主義陣営の関係にヒビが入ることで結果的に得するのは、北朝鮮であり、中国でしょう

韓国の文大統領は、北朝鮮よりの人物であり、北と協力して日本に敵対したいと考えている人物です

以前から言っていますように、北朝鮮と韓国が手を結び、反日で一致して協力するような関係になってくれば、日本にとっては相当な脅威となります

北朝鮮は貧しい国ではありますが、すでに核兵器を開発し保有しています

日本は通常兵器では北朝鮮や韓国には負けないでしょうが、核兵器には独自には対処でず無力です

アメリカが韓国から撤退していけば、朝鮮半島の赤化統一も見えてきます

赤化統一というのは、北朝鮮主導の統一で、半島全体が共産主義国家となっていくシナリオです

そうなった時には、日本は対岸の火事ではすみません

今軍事境界線が南北朝鮮の境にありますが、それが半島と対馬あたりに降りてくるようなものだといえます

日本は北朝鮮への戦後賠償を名目に、核兵器で脅されお金を払わされるようになり、あるいは一部の地域が占領されるという危機もありえます

そうした将来の危機が高まっている事を知らなくてはなりません

関連記事



10 件のコメント:

  1. ネットのコメントや、その他媒体で、この事について、発言されている方が多数いらっしゃいますが、殆どが崩壊、赤統一で自己責任!と、不謹慎な喜びコメント多数の状況です。
    その先にある、日本に危機が迫っていると考えているコメントは、少ないように思います。
    裏を返せば、お花畑である証拠で、今日の記事のように、日本の一部を占領されるのが現実味を帯びてきていると思います。
    日本のマスコミ、憲法改正反対、基地移設反対など、国内の反発が強く、何も出来ずに(せずに?)対岸の火事に飲み込まれて行くのか?と、不安しかありません。
    インド、フィリピン、マレーシアなどの周辺諸国と密になり、協力して対処出来たらと思うのですが、最近は中国寄りになってきているし、政治家は、日本の将来の危機を乗り越えるために、何か考えがあってそうしているのでしょうか?
    どうなって行くのか、正直不安しかないのですが、国のトップが、日本を守るために、ちゃんと動いてくれていると信じたいです。

    返信削除
  2. もしかしたら?なのですが、表向き韓国は、北朝鮮から、ボロカスに非難されていますが、それはフェイクで、裏では北朝鮮と手を組み、朝鮮統一へ向けて、事を進めている可能性もあるのでしょうか?

    返信削除
  3. だから憲法改正急いでいるんですね。
    日本も核を持てるようにならないと

    返信削除
  4. 韓国人の知り合いは、韓国の若い世代(40代前半ぐらいまで)は日本よりアメリカ的な暮らしを好んでるとゆっていました。
    民主主義、自由な暮らしが消滅するとわかったら、国内が大混乱に陥るのではと思います。
    このような近未来の状況を韓国民は予測できるのだろうか。
    それよりも核保有国を望むのか。
    日本は防衛を、韓国には民主主義の自由な生活の維持を真剣に考えてほしいです。

    返信削除
  5. 「 軍事境界線が~····、それが半島と対馬あたりに降りてくるようなものだといえます。」

    政治音痴のにわか勉強なので私のコメがトンチンカンに見えたらご容赦ください。
     ある軍事動画で元自衛官の中国のアジア戦略解説にあったのですが、中国・米は、日本、沖縄、台湾、フィリピンなどを結ぶラインを「 第一列島線 」と呼び、中国はこのラインを突破するために軍事から懐柔外交からいろんなアプローチをそれらの国々にしているようですね。 日韓の対立激化の裏に中国の暗躍もあるのではと 穿ったコメントも見られました。
     あくまでこの解説の中ではですが対中国との有事の際、アメリカは第一列島線の後方(太平洋側)からの戦闘支援で最前列で戦うのは日本韓国、というアメリカ側のシナリオもありうるのだとか。
    「対立してる場合じゃない。両国は手を結び中国の野望に立ち向かうべき」と日韓対立への海外からの一般コメに 分かっていてもしたくない、でもしないと危なそう····?  胸とお腹になにかぐるぐると来るものがありました···· (ーー;)

    上のコメの方の「国のトップが~···信じたい」に同感です。
    また洪さん、今日も貴重な記事をありがとうございました。

    返信削除
  6.  もし、北朝鮮によって韓国が統一されて朝鮮半島に核兵器を保有する国家が生まれてくるのであれば、日本は核兵器を自国で保有するか、米国より戦略核兵器を日本に配置されて対応することになるかもしれません。そしてこのように核の保有と抑止力の論理を突き進んでゆくのであれば、日本と朝鮮半島国家の間に核戦争が起きてしまう可能性すらあるでしょう。すでに北朝鮮や韓国は自国民を守るために地下都市或いは地下施設或いは退避施設があると思われますが、日本人は、始めから核戦争の危機を想定していませんから、日本国民は、今後起きてしまう可能性の世界に意識を適応して現実的に対処してゆくことが困難になってゆくと思います。最悪の事態を今想定して、日本と朝鮮半島の間の核戦争を回避させるためには、今何をすへきであるのか、始めに最悪を想定して、逆説的にそれを回避するための方法を多くの日本人は、考えるべきであると思います。

    返信削除
  7. 私たちは、地球という船に乗っている船員です。
    この船は1つしかないので、船員同士がケンカしたり奪いあったりしてこの船を壊したら、結局いつかはみんな一緒に溺れていくことになります。

    だから、争ったり奪いあったりなど愚かなことをせず、お互いに気持ちよく過ごせるように助け合い、船を大切に使いながら(必要なら協力して修復もしながら)生きるのが、最も安心なはずです。

    どうして、こんなに簡単なことができないのでしょうか…愚かだと言うほかありません。

    でも、そんな愚かな私たちのことを生かしてくれている神様は、とんでもなく優しい・愛情深い人です。

    その神様が作った船でケンカしてますます壊していくのか、協力しあって大切に乗り合うのか…

    私たち一人一人の行いと思いしか、この地球を守れるものはありません。
    どうせダメだと決めつけず、まずは自分から思いやりで生きること。

    愚かな行いでこの星が壊れて宇宙に投げ出されたとき、帰るべきところへ帰れるのかどうかは、今の自分の思いがどこにあるかによります。
    思いやりにあるなら、神様のところへ帰れますが…

    愚かなままでは、冷たく暗いところへ行くしかありません。
    なので今すぐにそんな思いを変えられるよう、その理由ややり方をブログでご紹介しています。

    本当に、時間がなくなってきています。
    1人でも多くの方が安心して生き、いつ亡くなるとしても安心して神様のところへ帰れる生き方を実践していただけるよう、これからも頑張ってご紹介したいと思います(^-^)

    返信削除
  8. 日本は、何か強みがないと各国に狙われかねないですね。
    一昔前は、パナソニックなどが日本の売りでしたが今や台湾の企業に買収されLGなど韓国が主流になっています。
    とうき

    返信削除
  9. 日本は、何か強みがないと各国に狙われかねないですね。
    一昔前は、パナソニックなどの日本製電化製品が売りでしたが今や台湾の企業に買収されLGなど韓国が主流になっています。
    このままだと極端な例ですが、日本がかつての発展途上国のように低賃金労働国になるような気もします。
    来年の東京オリンピックまでが不動産観光のピークにならなければ良いと全くの浅知恵・勉強不足ですが思いました。

    返信削除
  10. おはようございます。

    いつも、貴重なご指摘、ありがとうございます。

    反日国である特亜の悪から、日本国が様々に護ら
    れていきますように、毎日、時間をかけて祈念しています。
    多くの方々の祈りが、大きな力となって日本国が安泰していきますように!

    チベットやウイグル等、中共に侵略されている国々にも、早く自由と平和を!
    祈念続けてまいります。

    非力ながら、他に出来ることも、模索し実践してまいりたいと思います。

    こちらの記事と関連する記事を、本日中に転載させて頂きます。

    よろしく、お願いいたします。



    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます