2019年8月1日木曜日

なぜ人間は動物より不幸に陥るのか?

動物は人間の社会よりも過酷な世界に生きています



毎日の食事に心を砕き、いつも生と死のはざまを歩んでいます

しかし馬や鹿や猫や犬たちが、人生に失望して気が塞いだり、絶望の末に自殺するものは出てきません

どうして彼らは気落ちしたり、憂鬱となって寝込んでしまわないのでしょうか?

人間は頭がよく、その分、将来を憂い、まだ来ない未来のことまで嘆いて絶望したり、ふさぎ込んでしまう事があります

まだ来ない先のことを考えて、心労してしまうのは人間の性質ともいえるでしょう

もちろん将来に対して備えておくことは必要です

しかし、備えておくことと、心配してこころを痛める事は違います

しっかりと事前に備えておくからこそ、未来に対して安心していられるでしょう

イエス様は思い煩いについて以下のように述べています

「それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食べ物にまさり、からだは着物にまさるではないか。空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれたものではないか。あなたがたのうち、誰が思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。きょう生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上良くして下さらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。だから、何を食べようか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。」
マタイ6章25~34節
その日一日を最善を尽くして生きよということでしょう

人は考える力が強いため、その分余計なことまで考えて、思い煩う事が増えていきます

未来についての不安や心配から来る思い煩いもそうです

そして人間は周りとの比較から苦しみを作り出しています

「周りからよく見られたい」、「すこしでも人よりいい生活がしたい」などの周りの目を気にする事が、苦しみを生み出していきます

「他人から笑われたらどうしよう」、「周囲から冷たい目で見られないだろうか」と心配になってきます

そして他の人はどうこうで、自分はどうだと言って、それでダメだと否定的になったり、優越感に浸ったりします

動物たちは自分の命を生きており、他の動物と比較したり、見比べたりすることはありません

だから動物たちは落ち込むことがないのです

動物たちは「明日は餌が手に入るだろうか?」と思い悩んで塞ぎ込むこともありませんし、隣の犬より自分の毛並みがダメだとか、隣の犬は血統書付きで、自分は雑種だからダメなんだとひがむこともありません

ただ一日一日を生きています

そのため人間より動物は不幸な感覚が少ないのです

人間から見れば、動物たちは着るものも無く、住む家も定まらず、食べ物の明日は手に入るか分からない身で、不幸なように見えますが、実際には不幸な感覚は人間の方が強いのです

動物からすれば遥かに優れた環境にある私たち人間は、取り越し苦労や持ち越し苦労、そして自他の比較から、苦しみを生み出し、不幸になっています

無駄な気苦労を捨て、自分をよく見せようとする見栄を捨てると、人はもっと気楽に生きていけます


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



4 件のコメント:

  1. 特に日本人はあまりにも恵まれすぎて自身の小さな不幸に敏感になっていると思います。

    返信削除
  2. 余り他人様と比較しないように生きていきたいものです。上を見ても下を見てもきりがないです。

    返信削除
  3. よい御言葉を紹介していただきありがとうございます。以前、社会性のあまりない人からディスられて、社会性というのはどうすれば身に付くのだろう、また、私も社会性がいたらないところがあるかもしれないので、人の振りみて我がふりなおせという気持ちで、私も社会性をあらためて身につける為にそういう本を読書しようと考えました。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。

    返信削除
  4. イエスさんの言葉を引用してくださって嬉しいです(^-^)

    イエスさんの言う通り、全ては神様から与えられているのだから、そもそも明日のことを悩んでしまうのは神様のことを信頼していない証拠になります。

    明日のことで悩まずに、そもそもまず今この瞬間を生きていられることを神様に感謝し、神様が喜ばれる表裏のない本当の思いやりで生きれば、必要なものは本当に全て神様が用意してくださいます。

    仕事も、友達も、愛する人も…何もかも全てを、です。
    私が関わる人たちは、それを証明してくれました。
    神様って本当に恐ろしいほどすごくて、本当に優しい愛の方なのだと実感する毎日です。

    それを1人でも多くの方に実感していただけたらと、ささやかですがお伝えしています。
    洪さんのメッセージも、とても有難いなと感動します(^-^)

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます