2022年6月29日水曜日

迫るエネルギー危機を乗り越えよ 地球温暖化の嘘


今起こりつつありエネルギー危機について警鐘を鳴らす「迫るエネルギー危機を乗り越えよ 地球温暖化の嘘」という電子書籍をアマゾンから緊急出版いたしました

この数日はアマゾンのキャンペーンで無料でダウンロードできますので、今のうちに読まれることをお勧めします

今すでに、政府は電力がひっ迫しているとして、国民に節電を呼び掛けています

この猛暑の中で、節電していれば、多くの熱中症で倒れる人を出してしまいます

これも脱原発、脱炭素、ロシア制裁を進めてきた政府の失政が原因です

さらに同署では、地球温暖化の嘘や、反原発の嘘についても暴いています

同書を読まれて、皆様にも来たるエネルギー危機について、理解を深められ、乗り越えて行かれることを願います




以下に内容紹介を掲載いたします


 日本は東日本大震災での福島原発の事故から、放射線アレルギーが高まり、全国で原子力発電所をいまだに多く停止させています。
 さらに二酸化炭素が地球温暖化の原因だと信じ、脱炭素を進めて、火力発電所も廃止が増えています。
 そのような状況で、資源大国のロシアへの制裁に、日本は加担しています。
 これではエネルギー危機を好んで招いているようなものです。
 政府は自ら危機を招いておきながら、国民に節電を要請すると言っています。
 冷蔵庫の設定や、入れる量にまで政府が口出しする始末。
 私はかつて、令和の時代になると、政府が人々に命令を下し、コントロールする統制社会になっていくことを予言しました。
 現実に令和になってすぐ、コロナ禍が襲ってその予言が実現し、政府はマスクをしろだとか、三密を避けよ、出勤するな、店を開くな、営業時間を短くしろなど、次々に国民に命令を下して従わせていきました。
 これに味をしめた政治家たちは、エネルギー危機も利用して、国民に細々したことまで命令し、指示に従わせようとしています。
 それは政治家が陥る、権力の誘惑に魅入られた者の姿です。
 権力志向の強い政治家たちは、人々が自分の言葉一つに従い、混乱していく姿を見て快楽を味わっています。
 政治家らは民主主義国家に居ながら、独裁者の気分を味わって得意となっています。
 すでに発生当初に予言した新型コロナのパンデミックや、その長期化は現実となりました。
 今後さらに食糧危機や経済危機が訪れると以前より予言しています。
 今回はそのなかのエネルギー危機について述べたものです。
 どうか多くの人がこの作られた危機にいち早く気づく事を願います。



目次

はじめに
1 エネルギー危機の襲来と世界のゲームチェンジが起こる
2 これから日本に訪れる危機と世界大戦の恐れ ロシア制裁の行方
3 迫るエネルギー危機の本質
4 地球温暖化の嘘
5 地球温暖化=CO2悪玉説の間違い
6 脱炭素は闇側の巧妙な罠
7 脱炭素運動や国際情勢からみる危機
8 千葉県で停電が続いたスピリチュアルな意味
9 小泉進次郎さん入閣と千葉での停電の意味
10 電力不足で大規模停電が発生する危機|日本の安全政策
11 大規模停電になる霊的意味|初の「電力需給ひっ迫警報」
12 放射線・原発の報道されない真実
①福島原発より深刻な問題
②低線量は健康に影響するか
③活断層は地震の原因か?
④原発を停止すれば、途上国での餓死者を増やす
⑤原発廃止は核で日本を脅す国に有利に働く
13 放射線の誤解や偏見について
14 原子力と平和
15 エネルギー危機にも備えを
あとがき
著者プロフィール



↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
クリックいただいた皆様に、幸せが届きますように


公式YouTubeチャンネル開設しました 。よろしければチャンネル登録お願いいたします

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事




0 件のコメント: