2020年12月9日水曜日

ワシントンの予言は今起こっている危機とトランプ大統領の出現を予言していた


アメリカ合衆国の建国の父であるジョージ・ワシントンは、不思議なビジョンを見ました

このビジョンは三つに分かれていて、最後のものが現代のアメリカを暗示し予言しているのではないかと言われています

大紀元のニュースで取り上げられているのを見て調べてみたので、皆様にもご紹介したいと思います

全文の英訳は下の方に載せておきますが、まずは要約を紹介してみます

ワシントンがイギリスとの独立戦争を戦っていた時の事です。

彼がテーブルに座っていると、何者かの気配を感じて顔をあげました。

するとそこには信じられないような美しい女性が立っていたと言います

驚いて声をかけますが答えは返ってきません

ワシントンは不思議な感覚に襲われて喋る事も動くことも出来なくなります

そして彼は三つのビジョンを見せられることになります

ワシントンがビジョンを目撃した最後に、このような言葉が浮かびました

「共和国の息子よ、あなたが見たものはこのように解釈されます。三つの大きな危険が共和国を襲う。最も恐ろしいのは三番目の危険だが、この最大の紛争では、全世界が団結しても共和国には勝てない。共和国の子供たちは、自分の神、自分の国、連邦のために生きることを学ぼう」

ワシントンはアメリカ合衆国の誕生、進歩、運命が示されたビジョンを見たような気がしたと言います

三つのビジョンのうち一つ目は、アメリカ独立戦争を意味している。

二つ目はリンカーン時代の独立戦争を暗示したビジョン。

そして三つ目が現在のアメリカの混乱を意味していると言われます。

三つ目のビジョンとは以下のようなものです。

暗い天使がトランペットを口にあてて三回音を鳴らし、海から水を取り出して、ヨーロッパ、アジア、アフリカに振りかけます

するとこれらの国のそれぞれから、分厚い黒い雲が立ち上ってきて、やがて一つになった。

この雲の中には、暗赤色の光が輝いていた。

アメリカ合衆国もこの雲に包まれており、これらの大軍が国全体を荒廃させ、村や町や都市が焼き尽くされるのを見た。

大砲の雷鳴、剣のぶつかり合い、死闘を繰り広げている何百万人もの叫び声と叫び声に耳を傾けていると、「共和国の息子よ、見て学べ」という謎の声がまた聞こえてきた。

その声が止むと、暗い天使は再びトランペットを口に当て、長く恐ろしい音を吹き上げた。

瞬時に千の太陽のような光が私の上から降り注ぎ、アメリカを包んでいた暗雲を突き破り、散り散りにした。

その瞬間、頭の上に「連邦」の文字が輝き、片手には国旗を、もう片手には剣を持った天使が、白い精霊の軍団を従えて天から降りてきた。

彼らはアメリカの住民と合流して戦いを再開した

 「共和国の息子よ、見て学べ」という声が止むと、影の天使は最後に海から水を汲んでアメリカに振りかけた。

瞬く間に暗雲は軍勢と共に巻き戻され、その地の住民は勝利を得た。

三つ目のビジョンは以上のようなものです

様々な国の上に広がる分厚い黒い雲というのは、新型コロナを暗示しているように見えます

そして雲の中にある暗赤色の光というのは中国共産党を示しているでしょう

つまり中国共産党が各地に振りまいた災いの雲だったということです

アメリカ合衆国にも雲(新型コロナ)は広まっていき、都市封鎖やBLM運動もあって国内が乱れ荒廃していきます

しかし最終的には天使の加勢もあって勝利するというものです

この中にトランペットという言葉が登場しますがスペルはtrumpetとなり、そのなかにはtrump(トランプ)大統領の言葉も含まれています

そのため今の時期を示していた予言ではないかと思えます

以下にワシントンが見たビジョンと予言の英文の翻訳を載せいます


バレー・フォージ、1777年の冬、アメリカ軍は世界最強の国イギリスと戦っていた。多くの人は、アメリカ国民のわずか3%が独立のための闘争に参加したと考えています。"トーリー党"はイギリスの大義に援助と慰めを与えた。

"今日の午後、私がこのテーブルに座って派遣状の準備をしていた時、何かが私を邪魔しているように見えました。顔を上げると、私の向かいに立っていたのは、とてつもなく美しい女性でした。"私は驚いた。" "邪魔をしないようにとの厳命を受けていたからだ。" "彼女の存在の原因を尋ねる言葉を見つけるまでには、しばらく時間がかかった。2回目、3回目、4回目と質問を繰り返したが、彼女の目を少し上げただけで、謎の訪問者からの答えは得られなかった。

"この頃になると、私は奇妙な感覚が全身に広がっているのを感じました。私は立ち上がろうとしましたが、目の前の存在に釘付けにされていたので、意志を持つことができませんでした。"私はもう一度彼女に声をかけようとしたが 舌が麻痺してしまったように 使えなくなっていた

"新たな影響が私を支配した 神秘的で強力で抗しがたいものだった "私にできることはただただ、見知らぬ訪問者をぼんやりと見つめることだけだったが、次第に周囲の雰囲気が感覚に満たされ、光り輝くようになっていった。私の周りのすべてのものが希薄化しているように見え、謎の訪問者自身が以前よりも空気のようになり、私の目にはよりはっきりと映りました。私は今、人が死ぬように感じるようになった、というか、私が時々想像したような溶解に伴う感覚を経験するようになりました。私は何も考えず、理性も動きもしませんでした。私はただ、ただただぼんやりと仲間を見つめていることだけを意識していました。

"共和国の息子よ、見て学べ」という声が聞こえ、同時に私の訪問者は腕を東に伸ばした。私は今、遠くに重い白い蒸気が折り重なって上昇しているのが見えました。それは徐々に消えていき、私は奇妙な光景を見た。私の目の前には、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカなど、世界の国々が広大な平野に広がっていた。ヨーロッパとアメリカの間には大西洋の波が、アジアとアメリカの間には太平洋が転がったり、揺れたりしているのが見えた。

"共和国の息子よ」と、以前と同じ神秘的な声で言った、「見て学べ」その瞬間、私は天使のような暗い影のある存在が、ヨーロッパとアメリカの間に立っている、というか宙に浮いているのを見た。両手の空洞に海から水を汲み上げ、右手でアメリカに水をかけ、左手でヨーロッパに水をかけた。すぐに雲がこれらの国から上昇し、海の中で結合した。それはしばらくの間静止していたが、その後、ゆっくりと西に移動し、その濁ったひだでアメリカを包むまで。鋭い稲妻の閃光が間欠的に光り、アメリカの人々の苦し紛れのうめき声と叫びが聞こえた。

"二度目に天使は海から水を浸し、以前と同じようにそれを散布した。暗い雲は海に引き戻され、そのうねりの中に沈んでいった。三度目、私は不思議な声で『共和国の息子よ、見て学べ』と言ったのを聞いて、アメリカに目を向けた。

"共和国の息子よ、世紀の終わりが来る、見て学べ "暗い影の天使は顔を南に向けた。" "アフリカからは、悪夢のような妖怪が我々の国に近づいてくるのが見えた。それはゆっくりと後者のすべての町や都市の上を飛び回った。住民たちは互いに戦いの準備をしていた。私が見続けていると、私は明るい天使を見た。その頭の上には光の王冠があり、その上には「統一」という言葉が書かれていた。瞬く間に、住民は武器を捨てて再び仲間となり、国家標準を中心に団結した。

"共和国の息子よ、見て学べ "という不思議な声が聞こえた。これを聞いて、暗くて影のある天使はトランペットを口にあて、三つのはっきりとした音を吹き、海から水を取り出して、ヨーロッパ、アジア、アフリカに振りかけた。そして、私の目には恐ろしい光景が映った。これらの国のそれぞれから、分厚い黒い雲が立ち上ってきて、すぐに一つになった。この雲の中には、暗赤色の光が輝いていた。わが国はこの雲に包まれており、私はこれらの大軍が国全体を荒廃させ、私が見た村や町や都市が焼き尽くされるのを見た。大砲の雷鳴、剣のぶつかり合い、死闘を繰り広げている何百万人もの叫び声と叫び声に耳を傾けていると、「共和国の息子よ、見て学べ」という謎の声がまた聞こえてきた。その声が止むと、暗い影の天使は再びラッパを口に当て、長く恐ろしい音を吹き上げた。

"瞬時に千の太陽のような光が私の上から降り注ぎ、アメリカを包んでいた暗雲を突き破り、断片化した。"その瞬間、頭の上に「連邦」の文字が輝き、片手には国旗を、もう片手には剣を持った天使が、白い精霊の軍団を従えて天から降りてきた。彼らはすぐにアメリカの住民と合流したが 勝利は間近に迫っていたが すぐに勇気を取り戻し 壊れた隊列を封鎖して戦いを再開した

"またしても、戦いの恐怖の騒音の中で、私は神秘的な声を聞いた。" "共和国の息子よ、見て学べ その声が止むと、影の天使は最後に海から水を汲んでアメリカに振りかけた。瞬く間に暗雲は軍勢と共に巻き戻され、その地の住民は勝利を得た。

"そして再び私は、以前見たことのある場所に村や町や都市が立ち上がっているのを見た。その時、明るい天使は、彼が持ってきた紺碧の旗をそれらの真ん中に植えて、大きな声で叫んだ。そして、彼は眉から『連合』と書かれた王冠を取り、それを旗の上に置き、民衆がひざまずいて『アーメン』と言った。

"その光景は瞬時に消え始め、溶けていき、最後には、私が最初に見ていた上昇し、渦を巻いている蒸気以外に何も見えなくなった。共和国の息子よ、あなたが見たものはこのように解釈されます。三つの大きな危険が共和国を襲う。最も恐ろしいのは三番目の危険だが、この最大の紛争では、全世界が団結しても共和国には勝てない。共和国の子供たちは、自分の神、自分の国、連邦のために生きることを学ぼう。この言葉でビジョンは消え去り、私は席を立ち、アメリカ合衆国の誕生、進歩、運命が示されたビジョンを見たような気がした。

彼の送別演説でワシントンは、利己的な野心(愛国心を装った)、権力の癒着、簒奪とその先行、借金、外国の影響力、階級政党政治など、いくつかの専制政治の道筋について述べている。

権力の癒着については、「自由な国の思考習慣は、その国の行政を任された人々に、それぞれの憲法上の領域内に自分自身を閉じ込めるように注意を促すべきであり、ある部門の権限を行使する際には、他の部門の権限を侵害することを避けなければならない。侵害の精神は、すべての部門の権限を一つに統合し、その結果、どのような政府形態であろうと、真の専制主義を生み出す傾向がある。

簒奪について、彼は次のように警告している。「もし国民の意見で、憲法上の権限の配分や変更が特に間違っている場合には、憲法が指定した方法で改正することによって、それを修正させてください。しかし、簒奪による変更があってはならない。これは、一例としては善の手段であるかもしれないが、自由な政府が破壊されるための慣習的な武器である。前例は常に、その使用がいつでも得られる部分的または一時的な利益を、永久的な悪に大きくオーバーバランスさせるものでなければならない」。

ジョージ・ワシントンの最後の言葉は "Tis well. "でした。

関連記事



5 件のコメント:

ミミ子 さんのコメント...

「天は自ら助くる者を助く」と言いますが、天使は片手に剣を持った方も居ますよね。
戦うことを放棄した者は奴隷として生きるしかないと思います。

匿名 さんのコメント...

興味深いお話をありがとうございました。
正義の光が赤暗い闇を消し去り、善良なアメリカ国民が守られますように。
香港や台湾の人々にも、神のご加護がありますように。

匿名 さんのコメント...

「最も恐ろしい三番目の危険」が起こるこの時代にドナルド・トランプとして生まれ変わって来られたのですね。
そして今、神々の軍勢がトランプ氏と善良な人々と共に闇を消し去る為に戦っている。

闇を消し去るには、私たちも傍観者であってはならない。人々が発する悪想念が闇の軍勢を引き寄せるならば、私たちは今こそ愛の念いや思いやりの心を取り戻す時です。

匿名 さんのコメント...

こんにちは。12/22にまた世界で瞑想があるそうですが以前洪先生が危険だと言っていた類のものですかね?今、スピリチュアルに興味がある人色んな人を誘い込んでるようです。もし危険なら集団瞑想は避けたほうが良いですね。ちょっとあやしいにおいがしたので報告させていただきました。

匿名 さんのコメント...

光の勢力と名乗るものがTwitter上で世界同時瞑想の参加者を募っています。地球を救う行為だと発言しておりあやしすぎます。