2020年12月22日火曜日

毒親を持った人が家系のカルマを断ち切るには


最近よく毒親という言葉を聞きます

子どもにとって毒となるような悪影響のある親の事で、「自分はそうした親に育てられた」と感じる人が多くて広まっています

ただ、言葉自体の波動がよろしくないので、普段はあまり使わないようにした方がよいと思います

今回はそう思っている方も多いため、あえて取り上げて書いてみます

毒親と言われるのはどのような場合かというと、過干渉で、子どもを支配したがる傾向が強い親や、暴言・暴力などをふるう親、自分の事を優先して子どもを構わなかったりする育児放棄のネグレクトなども含まれるでしょう

そうした親を見て育った場合には、子どもには大人の悪い面や嫌な面をもって育ちます

心に深い傷を負ってしまい、社会にうまく適応できなくなる場合もあります

このように子ども時代に不幸と思われる環境の中で暮らす者たちも沢山います

こうした方の場合には、大人になって自分が家庭を持っても、同じように育児が上手に出来ずに、親と同じことをしてしまう場合が出てきます

自分が親にされたことと同じことを、自分の子どもにもしてしまう場合があるのです

このように親子で遺伝のように連鎖することがあるのです

家系のカルマとして連鎖していることがあります

こうした家系のカルマを断ち切るためには、親を反面教師とみて、「自分はこうはならないぞ」と決意することです

霊能者にお祓いしてもらうのでも、開運グッズを手にするのでもなく、自らのこころを変えていくのが正道です

「自分はこうはなるまい」と決意していく事で、段々とそうなっていきます

そうすることで将来の躓き、失敗を回避することが出来ます

毒親の元に生まれてくるのは辛い体験ですが、自分はそうならないように努力し、家系のカルマを克服していけば、自分の魂の成長になりますし、家系のカルマの解消をしていく事にもなります

そのように子ども時代の苦労が大人になってから成功の種になる事もあります

逆に順調な過程に生まれる事で、大人になって失敗の種となる事もあるのです

一見すると羨ましいような家庭に生まれても、それがもとで失敗する人も大勢います

たとえば日本の政治家の中には二世議員がたくさんいます

親が政治家だったため、子どもも議員になれたりします

そうした人は、子どもの頃から周囲からちやほやされていたでしょうし、大人になっても先生と言われて回りから尊敬されたりします

ですが二世議員の中には、今ある地位が当たり前と思って、自分が大人になってもちやほやされるのは当然だと勘違いしてしまう事もあります

それはしょうがない面もあって、子どもの頃からずっとそのように育てられたため、大人になって不遜になる者も多いです

大人になっても周囲が持ち上げてくれるのを当たり前のように思っていたら、いつのまにか足元をすくわれてしまいます

周囲の人に不遜な態度を取っていることで、反旗を翻されて撃ち落とされてしまう事があるのです

そのように周囲から羨ましがられるような家に生まれたとしても、大人になって失敗し、周りから見放されることがあります

ですので子どものころの環境が厳しいかったために、それをバネとして成功する人もいますし、逆に順調な過程に生まれても、それがもとで失敗する人も出てきます

毒親と言われるような親の元に生まれた方は、その親を反面教師として学び、そうならないように注意しながら成長されてください

そうすることで自身も成長していきますし、家系のカルマを断ち切ることにもなっていくでしょう

ブログランキングに参加しています。↓金色の星の画像を一日一回、応援クリックいただけたら幸いです


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

いつも拝見しています。
子供にはそう思われないように精進したいと思います。日々、感謝したいです。

匿名 さんのコメント...

父の弟一家から子どもの頃、理不尽にいじめられつらい思いをしてきました。(小学生の頃家に来ていたクラスメイトに父の弟が「ブス!!」と言って泣かせたり、大変胸を痛めました)スピリチュアルと出会い、天国と地獄があると教わり、地獄ゆきのスピリットにはなりたくない、人々に愛あるよい行いをしなければ、と、大変つらい思いをしてきましたが魂の向上を目指す思いが強くなりました。

ゆどうふ さんのコメント...

ギャンブルやアルコールなども、、親が依存傾向にあると子供までそうなっていきやすいと聞きます。
元関取の貴闘力さんがまさにそうで、彼の父が博打好きだったために何度も夜逃げに付き合わされて育ち、自身はそうなるまいと固く決めていたのにも関わらず、結局ギャンブルの魅力に取り憑かれていって、同じような転落へと陥ることに。
それだけの破滅を招いてもなお、なかなか依存からは抜け出せなかったようですが、
最近youtubeチャンネルを開設して、精力的に活動して登録者も急増しております。

角界の闇を浄化したいとの思いがあっての活動のようですが、
自身のカルマをも精算しているように、私には思えてなりません。
やることが他にあると、ギャンブルには走らずに済みそうですしね。

ちょこ さんのコメント...

毒親という言葉はあまり良くないなぁと思いながらネットでの記事を読んだりしています。

アダルトチルドレンより馴染みやすい言葉なのでしょうか。
私も機能不全家族の家庭で育ちました。
母は、自分以外の全てが悪者で、自分だけが正しいと思っている人でした。
子供の頃は浴槽の中に沈められたり、掃除機で叩かれたり、部屋の端に追いやられ、私の全ての欠点を言ったり、夜に外に立たされたり、全否定されている毎日でした。姉は父に包丁を突きつけられたり、首を締められたり、体を押されて玄関のドア(引き戸)ガラスが割れたこともありましたね。
ただ、母がそうなってしまった背景もわからないことはないのですが、連鎖をしているのかもしれないと思っていました。
でももっともっと辛い虐待を受けている人もいると思います。

先生もおっしゃっていましたが、反面教師として私も生きてきました。許せないこともあったし、フラッシュバックしてひとりで号泣することもありました。
子どもを産んで里帰りしても全く気持ちは休まらず早く主人のいるアパートに帰りたいと思った日々。
気持ちのコントロールが出来ない母のそばにいるのは本当につらかったです。母も母なりに愛情をくれたり、考えてくれていたのは分かるのですが…。
子供の頃は、褒められた記憶がなくて大人になって人に褒められてびっくりしてこっそり泣いたものです。
スピリチュアルにすがって何か助けてもらいたいと考えたことはなく、こんなに色々なことがあるのはただ不幸になるためではなく、試練であり学びなのだと考えるようになりました。

泥中の蓮ということばがあるように、どんなに泥沼の中にいたとしてもまっすぐきれいな花を咲かせることはできると思いながら生きています。

どんな境遇にいても周りせいにせず、この連鎖は私達の代で止めようと思って子育てをしています。

親からの愛が充分にもらえていなかったとしても、そんな親への感謝もありますし、私に関わってくださって、ささいな愛をくれた人もいたと思うのです。(保育園や学校の先生。病院の人たちや通りすがりに優しい言葉をかけてくれた人やこっそりと心配してくれた人たちなど)

人は親だけで育つわけではなく色々な人たちとのかかわりで大きくなりますね。うっかりすると気がつかない愛にも感謝して、親への恨み辛みにとらわれているよりは、感謝に気がついてそれをまた人に返していけたらいいなと思っています。

匿名 さんのコメント...

ウチも同じようなことが子供の頃多々ありました😥男尊女卑で弟は可愛がる両親。塾の帰りに山道で車から下ろされて1時間か2時間かけて家まで帰る、ベルトで叩かれる、首をしめられる、気に食わないと倉庫に閉じ込められる、生理なのにスイミングスクールに参加させられる、酒乱の父がドアに穴を開けて脅迫して自分の世話をせまる母はシカト、コップを投げられガラスが割れる、ドラマでも作れそうなほどです😭なぜここまでするのに子供を作ったのでしょうか?親のストレスの捌け口じゃあありませんよね…😭小学校の先生に相談しても助けてくれませんでしたし😩良い親の元で産まれた友達の家とは同じ世界の話とは思えないです🥺
たしかにお婆ちゃんや親以外の人から愛をもらってしのいでいたのかもしれません。そこは感謝です。🤧
私もこの鬼のような親のカルマをたって自分はあの様にならないぞ!という気持ちで生きたいと思います😢知識をありがとうございます!