2020年12月21日月曜日

新しい時代への扉を開く「グレート・コンジャンクション」が起こります2020年12月22日~地の時代から風の時代へ~


2020年12月22日(火)、木星と土星が重なる「グレート・コンジャンクション」が起こり、新しい時代への扉が開かれると言われています

質問もありましたので、どのようなものかを説明したいと思います

「グレート・コンジャンクション」とは、天体の12星座を木星は約一年かけて移動していき、土星は29年前後でひとまわりしているのですが、この二つの天体がぴったり同じ位置で重なることを言います

今回の12月22日が特別なのは、木星と土星が「度数差なし」で「正確なコンジャンクション」を形成します

今回のようにぴたりと合わさる時は、実に397年ぶりとなり、1623年7月17日以来だそうです

そしてこれまでのグレート・コンジャンクションは、約240年の間、地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)で起こっていました

しかし今回からは、風の時代を示す水瓶座で土星と木星が出合います

今まで世界は約240年間、地の時代を歩んできましたが、2020年12月のグレート・コンジャンクションによって、風の時代に移行します

占星術において、12星座にはそれぞれ四大エレメントが振り分けられています

火: 牡羊座、獅子座、射手座
地: 牡牛座、乙女座、山羊座
風: 双子座、天秤座、水瓶座
水: 蟹座、蠍座、魚座

そして各々のエレメントには下記のような意味があります

火は生命力や情熱、上昇する意識
地は安定や建設、物質的な意識
風は思考と拡散、精神的な意識
水は共感と混沌、すべてが混ざり合う意識

これまでは、地のエレメントに属する位置でグレート・コンジャンクションが起こっていましたが、それが、風のエレメントに属する位置に切り替わるのが、今回の2020年12月22日となります

その意味は約240年の周期で、物質的価値を重んじる「地の時代」から、精神的価値を重んじる「風の時代」へと地球が大きく転換しようとしている事を意味します

では、どのような変革がもたらされるでしょうか?

具体的な惑星の意味について紹介してみます

木星は、ひとことでいうと、発展を意味する天体です

拡大や発展、成功を意味する星とされます

次に土星は、制限を意味し、人生における課題を与える天体です

土星は厳格な教師のように、人類に課題を与え、厳格に処罰するのです

不要となった物を切り捨て、カルマを示す惑星とされます

この二つの惑星が重なるとはどのような意味になるでしょうか?

一見すると良い意味と悪い意味の二面を指しているようにも見えます

解釈には色々あるでしょうが、おそらくは人類のカルマを清算する事が、拡大し、大きくなって現れてくると思います

さらに大きな変容を表す冥王星が近くに位置しますので、その変化はさらに大きなものとなりそうです

善と悪との戦いや、光と闇の峻別が明確になっていくという話をしてきましたが、これからさらにそうした二極化が進んでいくものと思います

そうして人類が背負っている負のカルマの清算期に入るでしょう

物質的価値観や唯物論が崩壊していく過程に入るものと思われます

それはつまり、唯物論や無神論国家である北や中国の崩壊も意味するでしょう

もちろんそれらの国々だけでなく、世界的にも蔓延していた物質至上主義の価値観や、唯物的な思想に汚染されていたものが、次々と表面に出てきて、崩壊していくものと思われます

その過程では厳しい試練の時ともなるでしょう

カルマが解消される時には、崩壊が起こるので、痛みもともないます

ですが、これから新しい時代を迎えるために必要な物事でもあります

物質から精神への回帰が起こり、その過程で様々なものが崩壊していく時代へと進んで行くと思います


ブログランキングに参加しています。↓金色の星の画像を一日一回、応援クリックいただけたら幸いです


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

風の時代とは初めて聞きましたが、
物質的価値観を残したまで、「風の時代」に入っていかないでしょう。
他に、人の肩書きやブランド価値観も崩壊しなければいけないでしょうね。

お金と欲しいものに振り回され、肩書きで生きるのには終わりにしたい。

匿名 さんのコメント...

もうすぐですね!
まさにアメリカ合衆国での出来事から見てもわかりますね!
天秤座の時代では、中国共産党のような独裁者達は風の時代では存続は不可能ですね!
だから、今までのように、メディアで騙されていた人達が目覚めたんだと思います。これからは更に目覚めが進み、真実が全ての人達にさらされ悪は罰せられると思います。山羊座の時代はもう終わりますが、今までの悪い事を反省して、天秤座の時代では、思いやり、愛ある行いで悔いを改め邁進する人達が増える事を祈っています!

匿名 さんのコメント...

いよいよ、年初に先生が仰っていた大イベントの始まりですね。恐ろしい事も起こるでしょうが、現実として粛々と受け入れるしかないですね。
頑張ります

匿名 さんのコメント...

日本には神風が吹くのでしょうか!?

匿名 さんのコメント...

少し説明させて下さい。

現在は水瓶座の時代に入ったところと言われております。

だいたいですが、これから2160年間は水瓶座の時代が続きます。

それ以前は魚座の時代でした。

2160年間、魚座の時代が続いていたのですが、この前、魚座の時代は終わりました。

お寺には木魚がありますが、仏教も魚座を意識していたものと思われます。

もっとむかしのバビロニアの時代は牡羊座の時代であり、間違った神官によって民衆は金で造られた牡羊を拝まされたりしてましたね。

今日では壺を売りつけたりするカルト宗教がありますが、水瓶の影響でしょうか。

そもそもの2160年周期は地球が自転する時に伴います、歳差運動、みそ振り運動、首振り運動からきているそうです。

回転しているコマが倒れる直前の首振りのイメージが歳差運動なのですが、地球は自転軸が一定方向を向いているわけではないそうです。

すなわち、ずっと自転軸が北極星を向いているのではなく、26000年周期でみそ振り運動、首振り運動、歳差運動をしているのです。

北極星を向いていた自転軸がケフェウス星座にかわったり、織姫座にかわったら、りゅう座にかわったり、そしてまた北極星にかわったりとしていく1回転の周期が26000年かかるのだと言われております。

26000年を12で割ったものが2160年になるのだそうです。

魚座のシンボルは2つの魚がリボンで結ばれています。

善と悪、二元論のいみがあるとか。

キリスト教の歴史は二元論でもありましたが、水瓶座にかわったのだから、二元論はもうおしまい、と言われておりますね。

悪人が改心して救われるなら悪はなくなります。

水瓶座のシンボルは水瓶なのですから溢れる水、知恵の泉、人類愛の星座ですね。

セントラルサンの光の帯の中に太陽系は突入したと言われておりますが、それと26000年周期との関係やいかに?

匿名 さんのコメント...

西暦2012年頃、それまでの魚座の時代が終わり、そして水瓶座の時代に代わったと言われております。

地球は自転軸が23.4度傾いているお陰で、春夏秋冬が訪れておりますが、地球はずっと回転軸がぶれずに北極星を中心に自転し続けているわけではないそうです。

回転しているコマと同じで、回転が弱まってくるとコマは首振り運動をするようになります。
(実は回転が強い時も首振り運動はしているのですが、見えにくいだけであり、コマが倒れる直前の方が首振り運動がよく見えてわかる、という意味です)

その首振り運動こそ、みそ振り運動とか、歳差運動とかと呼ばれている、地球自転軸の真相なのです。

今は北極星を回転軸の中心にして24時間をかけて自転しておりますが、今から13000年前頃はベガ星、あの織姫座あたりを回転軸の中心に地球は自転していたらしいです。
(らしい、というのは、そこまで私は天文学にくわしくはないからです)

今から26000年前はやはり、今と同じ、自転軸の中心は北極星を向いていたと思います。

歳差運動、首振り運動、みそ振り運動の一周するための周期は26000年なのです。

織姫座が自転軸の中心であったこともあるし、りゅう座やケフェウス座が自転軸の中心であったこともあるのです。

星座早見盤をみますとそれらの星座は北極星の近くにあることがわかります。
23.4度、倍の46.8度の自転軸の傾きの中にそれらの星座がある、ということになります。

26000年周期を12で割りますと、だいたい2160年という、周期が導き出されます。

この前まで、2160年間、魚座の時代が続いていたのです。

キリスト教は魚座の時代そのものであり、善悪二元論を抜きにして語ることは出来ませんでした。

お寺では木魚がありますが、仏教も魚座を意識しておりますね。

魚座のシンボルは2つの魚がリボンで結ばれており、善と悪を表しておるようです。

魚座の前は牡羊座の時代でしたが、その頃のバビロニアでは、コンタクトミスを冒してしまった神官が、民衆に金でできた牡羊を拝ませるということをしてましたね。

今は水瓶座の時代になり、地軸が傾くようなカタストロフィーが起きない限り、2160年間も水瓶座の時代が続きます。

それを悪用して、カルト宗教が、壺を売りつけたりしてますね。

魚座の時代は終わりました。

水瓶座の時代は人類愛であり、溢れる水、知恵の泉、発明発見の日常化、人類全てのための科学が大発展すると言われております。

けれで、地軸が傾いたりしたら、駄目になってしまいますね。


匿名 さんのコメント...

上記投稿者ですが、間違っているかもしれない箇所がありますので、訂正させて下さい。

2012年頃、魚座から水瓶座に代わったと書きましたが、それはマヤ暦を意識し過ぎて、そう書いてしまいましたが、昔読んだ、宇宙コンタクティー、エドアルド•ビリー•マイヤー氏がプレアデス系の宇宙人、セムジャーゼから聞いた話では、魚座から水瓶座に代わった時代は1939年頃だと読んだことを思い出しましたが、それさえも記憶間違いかもしれません。

わかっていることは魚座の時代は終わったということです。

26000年周期の話を私が最初に知りましたのジョージ•アダムスキー氏の著作からでした。

アダムスキー氏が会った宇宙人から、彼らの重要な観測事項は、銀河系に対する地球の傾き(23.4度)だそうです。

傾きのブレの周期の波と豪雨と干ばつの周期の波の波形が一致したと、かつて、読売新聞に載ったことがありましたね。

地球物理学者のブライアントという博士の研究でしたが、その後、音沙汰なし、潰されたんでしょうね。

アダムスキー氏は著書の中で宇宙人の語ったこととして、地球は26000年周期の終わりと次なる始まりの所に来ている、というようなことを伝えておりました。

元祖アダムスキーは嘘つきの元祖みたいにあつかわれておりますが、私にとっては参考になることが、たくさんある方ですね。

ゆどうふ さんのコメント...

風の時代は、「女性性」の時代とも聞きました。

今までは国家の中枢を担う人、大組織のリーダーとも言える人は、
側室持ち、一夫多妻、愛人が沢山いるってのが当たり前だったのですが、
これからはそういう異性関係が派手過ぎる人は、淘汰されていくのかも知れませんね。

当たり前に一夫一妻の人達が、世の中を大きく動かす。
あるべき姿に戻っていく。ということなのでしょうかね。