2020年12月27日日曜日

家系のカルマと憑依と魂の課題


先日は家系のカルマについて触れた記事も書きました

未熟な親に育てられた子どもも、また親と同じような問題を持つことがあります

たとえば親が酒飲みで博打にはまっているような場合に、子どもも大きくなって同じような依存に苦しむこともあります

異性にだらしのない親の元に生まれた子も、また浮気や不倫を繰り返す事もあります

私の家の例をいうと、私の父親も気性の荒い面を持った方で、よく怒ることがありました

お酒もよく飲まれたので、アルコールで理性が緩むこともあったのかと思いますが、激しく怒って、その顔は普段と変わって見えました

おそらく今から思えば憑依を受けていたのでしょう

お酒を飲むと理性の働きが低下しますので、霊に憑依されたりすることがよく起きます

子どもからしたら、親が普段と違う恐ろしい顔に変わって、怒られたりすると怖いだろうと思います

そして私の父親の、さらに血のつながらない父親になりますが、私からしたら祖父にあたる方が、そうとう怒りっぽい方だったようです

何かあるとすぐ手が出るような方だと聞きました

私が生まれた時にはもう亡くなっていたので直接会っていませんでしたが、気性の荒い方だったと聞いています

そのように、同じような特徴を持った方が祖父から父親へと引き継がれている面があります

ただ血は繋がっていませんので、遺伝でそうなったわけではありません

環境によって子どものころにそうした親の姿を見て育ち、自分が経験した事なので、子どもにも同じように応じてしまうという事はあるでしょう

ですがそれだけではなくて、やはり霊的な意味があったのだと思います

ひとつには家系のカルマとも言いますけど、その家系で代々続くような事があります

そこには実は、未浄化なご先祖の方がいて、子孫に憑依しているという事もあると思います

ご先祖さまで、浄化されている方ならいいですが、未浄化な方がいると、子孫に頼ってきて憑依する事もあります

そうするとご先祖様が持っていたような問題を、子孫たちも持ってしまう場合があるわけです

このように憑依によって家系として連鎖してしまう問題もあります

またもう一つの考えとして、同じような欠点を持ったところに生まれてくるという事もあるでしょう

魂の中に例えば短気な性質があれば、同じような親の元に生まれてくるわけです

そうして親の問題を反面教師として学び、自分はそうならないように軌道修正する目的がある場合です

生まれる前にあらかじめ計画していて、同じ問題を抱える家庭に生まれてくるという事もあるわけです

無事に反面教師として学び、自分はそうならないと改めるといいですが、魂の性質を改めるのはなかなか難しく、また同じような過ちを犯す場合も多いでしょう

同じことを繰り返してしまう事が多いわけです

そのため代々、同じ問題を抱える家系があるように見えます

その他にも、連鎖する問題を解決するために、あえて生まれてくる魂というものもいます

自己犠牲の精神をもって、これ以上の負の連鎖を止めるために、あえて問題のある家庭へと生まれ変わってくる魂というものもいるのです

いずれにしましても、問題が続くような家系であっても、「自分の代で改めよう、断ち切ろう」と決意して、問題のある点は反面教師として学んでいく事です

課題を克服したら、また次のステージへと進んで行きます

関連記事



3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

今生きているほとんどの子どものほうが、大人達より賢く、精神は大人だと思う。
昭和から令和にかけて、生まれてくる子たちもだいぶ変わったと思います。

匿名 さんのコメント...

以前にありました大塚家具、親子の前世の因縁と経営問題の記事を思い出しました。
「魂の性質を改めるのはなかなか難しくまた同じ過ちを犯す場合も多いでしょう」という言葉、たいへん重たい言葉だと思いました。

匿名 さんのコメント...

いつもありがとうございます👶🏻
断ち切ろうという意識で大分変わっていくことが分かりました🧿ありがとうございます😭