2020年12月29日火曜日

地球の大掃除=浄化の時に生きる


昨日は年末の大掃除の話もしましたが、地球レベルでも今、大きな掃除=浄化の時を迎えています

地球には様々な汚れ穢れが溜まっています

それは人類の過ちであり、誤った行為や思いの集積です

誤った思いや行為をしていれば、個人にもカルマが返ってくるように、地球そのものにも反作用が生じてきます

地球も意識を持った存在であり、それはガイアと呼ばれています

ガイア意識による人類の浄化作用がもたらされるのです

人間でも皮膚の表面に悪玉菌が増殖したら、皮膚がただれたり痒みを持つため、かいたり海水につけたりします

ガイア意識も同じように、悪い思いや行為をする人間が増えてくると、表面(地表)が正常では無くなるため、人間と同じようにかいたり海水につけたりします

それが天変地異になったり、大陸が陥没して海に没するような現象として現れるのです

現在の地球にも穢れが溜まっているため、そうした浄化作用が起こりつつあります

異常気象が起こっても、人々は二酸化炭素による地球温暖化のせいだと言います

しかし温暖化などはずっと昔から起こっている事です

今頃起こっているのではありません

地球は無神論や唯物論も広まり、魂の真実を忘れてしまいました

もう一度、人間が真実に目覚め、魂に目覚めるために、浄化は行われるでしょう

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



2 件のコメント:

こっちゃマン さんのコメント...

なるほど…!
大陸が陥没したり、文明が滅ぶ時に地が割れたりするのは、海水に浸けて、浄化するためだったのですね!
本当に地球も生きているみたいですね。
わかりやすいご説明ありがとうございます☺️

匿名 さんのコメント...

何となくそんな感じがしますね。
びつしりとコンクリートで埋め尽くされた都市の写真を見ると、何かカサブタが皮膚を覆っているような気持ち悪さを感じていました。
私達の意識が作っている光景なのだとも思います。