2020年12月13日日曜日

危機の時代とアースチェンジの意味


地球の歴史には何度も危機の時代が訪れています

ちょうど百年ほど前にも、現在の新型コロナのように、スペイン風邪というものがパンデミックを起こし、世界中で5000万人以上という多くの方が亡くなる事件がありました

日本でも大きな波が三回ほど襲ってきて、45万人の方が命を落としたと言われています

そうした危機が襲ってきた時代だったのですが、それは疫病の蔓延で終わらずに、次は経済的な危機が襲い、世界的な大恐慌になります

日本でも昭和恐慌と言って悲惨な経済状態が続きました

街には失業者があふれ、貧しい東北の農村では娘の身売りが起こって社会問題になります

地震や津波、凶作なども相まって、食べ物にも困る人たちも続出したのです

関東大震災や昭和三陸津波もあったり、冷害で凶作も発生しています

さらにその後日本は戦争に進んで行き、ついに第二次世界大戦が勃発し、ご存知のように日米戦争で日本は敗れてしまいます

そして戦後の悲惨な時期を迎えたのです

スペイン風邪の発生が1918年とされ、1945年に終戦を迎えます

この27年間の間に、実に様々な悲劇が起こりました

今ではこれらを経験した人もほとんどいないでしょうが、歴史的には近いものが起こりつつあるように感じます

現在、新型コロナが発生して、世界的にパンデミックを引き起こしています

日本でも第三波が襲来していますが、経済の打撃も大きなものとなっています

当初からこれはパンデミックになる恐れがある事や、長期化することなど予言していましたが、その通りになってきてます

私の方で訴えていたのを聞いて、スクールの方などは親などに話したそうですが、話しても信じてもらえず笑われていたそうです

マスコミでも大したことないと言っていましたし、日本でそんな事が起こるなんて考えられなかったのです

ですので、これから日本でも流行が襲ってくるよと注意しても、おかしなことを聞かされて信じ込んでいると笑われていたでしょう

ですが、その後に日本では第一波の感染拡大が起こりましたし、すでに第三波まで襲ってきています

実際に警告したとおりになっているはずです

そして日本でも品不足が起こるので、必要品は備蓄しておいた方がよいという話もしていました

その後に実際にコロナが広まってきた不安から、人々はトイレットペーパーの買いだめに走って、急に品切れを起こしたり、マスクや消毒液の品切れが続いたりしました

これも警告していた通りに、品不足などは発生しました

当初はそんなこと起こるはずないと笑っていた人たちが、急に現実となってきて怖くなったため、パニックを起こしたところもあります

人間というのは自分が体験した事でないと受け入れられなかったり、判断が出来なくなってしまうのです

百年近く前にもパンデミックはありましたが、当時の事を覚えている人はほとんどいないため、そんな事が起こるとは思えなかったでしょう

歴史書で学ぶくらいで、多くの人は自分の人生に起こるとは思っていなかったはずです

これからの未来を考えると、かつて百年前に起こったことと全く同じではないですが、同様な厳しい時代を迎えるのではないかと感じられます

その時にはスペイン風邪によるパンデミックだけでなく、大震災や津波、凶作による食糧難、恐慌による経済危機、世界戦争とあらゆる災厄が人類に降りかかったような時代でした

しかしそれは、時代が持つ間違った観念を解除するカルマの崩壊でもあったと思います

当時は人種差別も過酷で、欧米諸国が世界各国に植民地を持っている時代でした

その当時は有色人種はまともな人間として扱われず、劣った生き物のように白人に見られていた時代です

第二次大戦が終わってからは、植民地の解放は進み、人種差別の闇は薄まり、地球は新たな一歩を踏み出していると思います

今起こっている災厄にしても、人類のカルマが招いている事であり、新たなアースチェンジ=地球変革の時代を迎えているのではないかと思います

これは地球に溜まったカルマの引き起こした物でもあり、地球を大きく変化させていくためのプロセスでもあります

未来の人類に向けて、私たちが残しておくべく地球にしていかなければなりません

関連記事



1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

新型コロナ予防のため、教えて頂いた通り、緑茶、亜鉛、ビタミンDを取っていますが(個人的にビタミンC、マグネシウムなども追加)、肌の調子や傷の治りが早くなったり、抜け毛が明らかに減ったりして予想外の収穫がありました。
どうもありがとうございます。

あとは、寒い日が続いていますがなるべく太陽の下で外を歩いたり、手足のツボ押しや呼吸を意識した体幹トレーニング、ストレッチや筋膜リリースなどで、身体をほぐしたり巡りを良くしたりすることで、無闇に思い悩む事も少なくなり気持ちも明るくなってきた気がします。
軽い瞑想も取り入れたので、セロトニンやオキシトシンなど「幸せホルモン」の分泌量が増えたのかもしれません。

これからも良い言葉がけで自分や他人を大切にして、いつも笑顔でいられるようにしたいなと思っています。